伏見宮博恭王

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
伏見宮 博恭王
Prince Fushimi Hiroyasu.jpg
个人资料
出生 1875年10月16日(1875-10-16)
日本 東京府
逝世 1946年8月16日(70歲)
日本 東京都
軍事背景
別名 長面君
服役时間 1893年 - 1945年
军衔 元帥海軍大將
日語寫法
日語原文 伏見宮博恭王
假名 ふしみのみや ひろやすおう
平文式罗马字 Fushimi Hiroyasu

伏見宮博恭王(1875年10月16日-1946年8月16日),日本皇族海軍軍人伏見宮貞愛親王王子。議定官軍令部總長元帥海軍大將大勲位功一級。初名愛賢(なるかた)王,出继華頂宮,后改名博恭

日俄战争中担任連合艦隊旗艦三笠号分隊長,參加黃海海戰,在战傷上負伤[1]。1904年返回继承伏见宫,称伏见宫博恭王。1910年后历任朝日号、伊吹号大佐舰长,橫须橫镇守府少將艦隊司令官、海军大學校长、第二战队司令、第二舰队中將司令、军事參议官。1922年47岁就成为海军大將,升迁速度之快,在日本帝國海军中空前绝后。1924年任佐世保鎮守府司令長官,1932年任海軍軍令部長、將官會議議員,并进入元帅府,成为日军第一对元帅父子(第二对是寺内正毅/寺内寿一父子)。1933年伏见宫接替條约派的谷口尚真出任海军军令部总长,和陆军总參谋长闲院宫载仁亲王分掌海陆两军。总长任内,与永野修身一起积极强化海军;推动日德海军合作。

1946年(昭和21年)8月16日死去。

生平[编辑]

  • 1875年(明治8年)10月16日誕生
  • 1883年(明治16年)
    • 4月23日、継承華頂宮
    • 6月11日、改名博恭
  • 1886年(明治19年)4月5日、海軍兵學校预科學生
  • 1889年(明治22年)
    • 9月17日、海軍兵學校退校
    • 9月28日、德國留學
  • 1891年(明治24年)10月5日、德國弗伦斯堡海军學院通學
  • 1892年(明治25年)4月8日、德國弗伦斯堡海军學院入學
  • 1893年(明治26年)3月30日、海軍少尉候補生
  • 1894年(明治27年)
    • 4月20日、海軍少尉
    • 10月3日、德國海軍大學通學
  • 1895年(明治28年)
  • 1896年(明治29年)4月20日、巡洋艦「松島号」军官
  • 1897年(明治30年)
    • 1月9日、与徳川経子成婚
    • 3月17日、炮術練習所學生
    • 7月19日、呉港水雷团水雷艇隊附
    • 9月14日、呉港水雷团水雷艇隊艇長心得
    • 12月1日、晋升海軍中尉・戦艦「富士号分隊長心得
    • 12月8日、长子博義王誕生
    • 12月27日、晋升海軍大尉・富士号分隊長
  • 1898年(明治31年)11月14日、长女恭子女王誕生
  • 1899年(明治32年)8月26日、装甲巡洋艦「淺間号」分隊長
  • 1900年(明治33年)10月13日、砲術練習所教官兼分隊長
  • 1901年(明治34年)6月10日、装甲巡洋艦「出雲号」分隊長
  • 1902年(明治35年)
  • 1903年(明治36年)
  • 1904年(明治37年)
  • 1905年(明治38年)
  • 1906年(明治39年)
  • 1907年(明治40年)
    • 2月15日、海軍大學校選科學生
    • 5月18日、第2女敦子女王、第3女知子女王誕生
    • 12月18日、駐在英國
  • 1910年(明治43年)
    • 5月23日、命令回國
    • 7月25日、軍令部任职
    • 9月26日、防護巡洋艦「高千穗号艦長心得
    • 12月1日、晋升海軍大佐・朝日号艦長
  • 1912年(明治45年)
    • 3月1日、巡洋戦艦「伊吹号」艦長
    • 大正元年10月4日、第4子博英王誕生
    • 12月1日、海軍大學校選科學生
  • 1913年(大正2年)8月31日、晋升海軍少將橫須賀鎮守府艦隊司令官
  • 1914年(大正3年)
    • 8月18日、海軍大學校長
    • 8月29日、兼任軍令部军官
  • 1915年(大正4年)12月13日、第2战隊司令官
  • 1916年(大正5年)12月1日、晋升海軍中將,担任將官會議議員,軍令部任职
  • 1918年(大正7年)5月29日、长女恭子女王下嫁侯爵淺野長武
  • 1919年(大正8年)
    • 1月16日、长女恭子女王(淺野恭子)死去
    • 12月1日、第2艦隊司令長官
    • 12月23日、长子博義王与一條朝子成婚
  • 1920年(大正9年)12月1日、軍事參議官
  • 1922年(大正11年)
  • 1923年(大正12年)
    • 2月4日、父亲貞愛親王去世,継承伏見宮
    • 10月27日、議定官
  • 1924年(大正13年)
  • 1925年(大正14年)
  • 1926年(大正15年)
    • 10月27日、第2女敦子女王与伯爵清棲幸保成婚
    • 12月7日、博信王被降爵为華頂博信侯爵
  • 1932年(昭和7年)
    • 1月26日、博義王长子博明王誕生
    • 2月2日、海軍軍令部長、將官會議議員
    • 5月27日、被授予元帥荣誉称号
  • 1933年(昭和8年)10月1日、軍令部总長
  • 1934年(昭和9年)4月29日、被授予大勲位菊花章頚飾
  • 1936年(昭和11年)
    • 2月24日、次女敦子女王(清棲敦子)死去
    • 4月1日、博英王降爵为伏見博英伯爵
  • 1938年(昭和13年)10月19日、三子博義王死去
  • 1939年(昭和14年)8月18日、経子妃死去
  • 1941年(昭和16年)4月9日、議定官、軍令部总長辞職
  • 1942年(昭和17年)4月4日、获功一級金鵄勲章受章
  • 1945年(昭和20年)11月30日、海軍官制被废除,失去官职
  • 1946年(昭和21年)3月、社团法人帝國水难救济會总裁卸任
  • 1946年(昭和21年)8月16日、死去

脚注[编辑]

  1. ^ 「三笠」右砲の砲身内膅発が原因であった。(野村實『山本五十六再考』中公文庫P159~174)

関連文献[编辑]

  • 淺見雅男『皇族と帝國陸海軍』文藝春秋〈文春新書〉、2010年、111‐146頁、ISBN 978-4166607723

链接[编辑]


伏見宮博恭王
出生于: 1875年10月16日 逝世於: 1946年8月16日
前任:
邦家親王
伏見宮
1923年2月4日 - 1946年8月3日
繼任:
博明王
前任:
博厚親王
華頂宮
1883年4月23日 - 1904年1月16日
繼任:
博忠王
军职
前任:
山屋他人
日本海軍大學校校長
第22代:1914年8月22日 - 1915年12月13日
繼任:
佐藤鐵太郎
前任:
山屋他人
第二艦隊司令長官
第13代:1919年12月1日 - 1920年12月1日
繼任:
鈴木貫太郎
前任:
谷口尚真
海军軍令部長 / 軍令部总長
1932年2月2日 - 1941年4月9日
繼任:
永野修身