北大路魯山人

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
Rosanjin Kitaōji 1954.jpg
日語寫法
日語原文 北大路魯山人
假名 きたおおじ ろさんじん
平文式罗马字 Kitaōji Rosanjin

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん、1883年3月23日-1959年12月21日)是日本藝術家,也是篆刻家畫家陶藝家書道家漆藝家料理家美食家等。本名北大路房次郎(きたおおじ ふさじろう)。

略歷[编辑]

1883年(明治16年),出生在京都市上賀茂(現在的京都市北區)北大路町,是上賀茂神社社家・北大路清操之次男。1903年(明治36年),立志成為書道家而上京。翌年在日本美術展覽會獲得一等賞。1927年(昭和2年),在鎌倉山崎設立魯山人窯藝研究所・星岡窯,正式開始陶藝創作活動。

1946年(昭和21年),北大路魯山人於銀座開設「火土火土美房(かどかどびぼう)」、在日歐美人士給予好評。1951年(昭和26年),野口勇山口淑子夫妻寄居在一時星岡窯。1954年(昭和29年)於欧美各地舉行展覧会與演講会、。1955年(昭和30年),因織部燒被指定為重要無形文化財保持者(人間国宝)。


1954年(昭和29年),受洛克斐勒基金會招聘,在歐美各地舉辦展覽會和講演會,同時訪問畢卡索夏卡爾。1959年(昭和34年),因中華肝吸蟲導致肝硬化於橫濱醫科大学病院去世。

著作[编辑]

  • 『常用漢字三體習字帖』 1922年、改版1977年、1980年、1996年、五月書房
  • 『魯山人作瓷印譜磁印鈕影』 1933年、改版1980年、五月書房
  • 『古染付百品集』 1978年、五月書房
  • 『春夏秋冬料理王国』 1960年、改題改版『魯山人の料理王国』 文化出版局、1980年
  • 『北大路魯山人作品集』 1972年、文化出版局
  • 『栖鳳印存』 1981年、五月書房

關連項目[编辑]

外部連結[编辑]