宽仁亲王妃信子

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

寬仁親王妃信子1955年4月9日 - )、日本皇族寬仁親王之妃。原名麻生信子。徽章印记为桃花

聖心女子学院初等科中等科毕业,曾就读于英国女子精修学校。毕业後在松濤幼稚園任英語講師。

1972年2月,16歳还是高校生時寬仁親王(当時26歳)向其求婚,8年後的1980年4月18日,皇室会議上订下婚約,同年11月7日結婚。同日授勲一等宝冠章

次年12月20日長女彬子女王出生,1983年10月25日次女瑶子女王出生。

她在担任日本赤十字社名誉副总裁以外,还担任社团法人東京慈惠会总裁、财团法人日本ばら会名誉总裁。

2004年5月因脑虚血住院,7月在長野县軽井沢町相馬家(前子爵・姐姐的婆家)的別邸療養。2006年新年祝詞时曾一度返京。

子女[编辑]

逸話[编辑]

  • 擅长料理,有料理著作出版。次女瑶子女王在记者招待会上说“非常自豪”(「とても自慢」)[1]
  • 服装感觉也评价很高。

家系[编辑]

信子是麻生太賀吉、和子夫妻的第三女。

野田勢三郎
 
 
 
 
野田健三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野田宏一郎
野田昌宏)ひらけ!ポンキッキの生みの親
 
 
 
 
 
 
 
 
ツヤ子
 
 
鈴木俊一
 
 
 
 
 
 
 
 
鈴木善幸
(首相)
 
 
千賀子
 
加納久宜
 
加納久朗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
八重子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏子
 
 
 
 
麻生太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麻生太賀吉
 
 
麻生次郎
 
 
 
 
 
麻生賀郎
 
麻生太吉
 
麻生太郎
 
 
 
 
 
 
雪子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
 
竹内綱
 
吉田茂
(首相)
 
 
吉田健一
 
 
相馬和胤 相馬家第33代当主
ミングオブジャパン社長)
 
 
 
 
 
 
 
 
吉田正男
 
 
旦子
 
 
 
 
 
 
 
 
雪子
 
 
江子
 
 
 
 
 
 
 
大久保利通
 
牧野伸顕
 
 
 
 
桜子
 
 
荒船清彦 (駐西班牙大使)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信子
 
 
 
 
 
三島通庸
 
峰子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王
 
 
 
 
 
 
 
 
利武子
 
 
寬仁親王
 
 
瑶子女王
 
 
 
 
 
 
麻生泰
麻生社長)
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
秋月種英 武見太郎
日医会長)
 
 
武見敬三
 

著作[编辑]

※日本の皇族が料理のレシピ集を著したのは非常に珍しい。

脚注[编辑]

関連項目[编辑]