寬裕教育

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日語寫法
日語原文 ゆとり教育
假名 ゆとりきょういく
平文式罗马字 Yutori Kyōiku

寬裕教育[1][2]ゆとり教育,又譯悠閒教育寬鬆教育)是相對於應試教育,將授課時間與內容縮減的教育辦法。

概要[编辑]

寬裕教育是遵照1980年度、1992年度、2002年度實施實施的學習指導要領之教育辦法。有學者將1980年度、1992年度,和2002年度所實施的學習指導要領作區別[3]。亦有人將1992年度開始實施的教育稱為寬裕教育[4]

日本教職員組合(日教組)提出「有寬裕的學校」後[5][6][7],由推動國營事業民營化的中曾根内閣主導下成立的臨時教育審議會(臨教審),基於「公教育民營化」之主張下,確定了踏上寬裕教育的方向[8]文部省中教審導入重視「寬裕」(ゆとり)的學習指導要領,實質上自2002年度起正式展開。

反對應試教育的日教組與教育者雖然得到財界人士等的支持,但學力低下的問題受到指摘及批判[9]

文部科學大臣中山成彬要求中央教育審議會重新審視學習指導要領,在安倍內閣的主導下,更著手改革寬裕教育政策。2008年公布了和過去刪減內容的作法相反,增加學習內容,但更強調學校與家庭、地域相結合及學生思考、分析、應用及統整能力培養,非議填鴨式教育的新學習指導要領方案,被日本媒體稱為「脫寬裕教育(脱ゆとり教育)」[10]

歷程[编辑]

寬裕教育的歷程[编辑]

  • 1972年(昭和47年) - 日本教職員組合提出「寬裕教育」以及「學校5日制」[5][6][7]
  • 1977年(昭和52年)-1978年(昭和53年) - 全面修改學習指導要領。
    • 1980年(昭和55年)度起實施。・・・邁向寬裕教育路線
      • 刪減學習內容、授課時數。
      • 口號「ゆとりと充実を」、「ゆとりと潤いを」。
      • 開始不做教科指導的「ゆとりの時間」。
  • 1984年(昭和59年) 在中曾根政權下成立的臨時教育審議會(臨教審)著手寬裕教育的方針[8]
  • 1985年(昭和60年)-1987年(昭和62年) - 中曾根政權臨時教育審議會答覆「個性重視の原則」「生涯学習体系への移行」「国際化、情報化など変化への対応」等關於寬裕教育基礎的4項提問[3]
  • 1989年(平成元年) - 全面修改學習指導要領[11]
    • 1992年(平成4年)度起實施。・・・強化寬裕教育路線
  • 1992年(平成4年) - 將9月第2個週日變更為休課日1995年(平成7年)4月起第4個週六也成為休課日。
  • 1996年(平成8年) - 文部省中教審委員採用重視「寬裕」的學習指導要領[12]
  • 1998年(平成10年)-1999年(平成11年) - 全面修改學習指導要領[13]
  • 2004年(平成16年) - 國際學生學習評量 (PISA2003, TIMSS2003) 結果出爐,日本學生的分數低落成為問題。
  • 2005年(平成17年) - 文部科學大臣中山成彬要求中央教育審議會重新審視學習指導要領。
    • 次年度起,指導要領外的學習內容以「發展性內容」(発展的内容)的名稱重新編入教科書。
  • 2007年(平成19年) - 在首相安倍晉三主導下,以「教育再生」之名,開始著手改革寬裕教育,不過日教組維持主張「ゆとり教育を推進すべき」[14]
  • 2008年(平成20年) - 公布新學習指導要領方案[15]
    • 2011年(平成23年)度起實施。・・・脫離寬裕教育路線

參考文獻[编辑]

  1. ^ 日本增加國中小主要學科授課時間. 教育部電子報 (中文). 
  2. ^ 國家教育研究院籌備處副研究員洪若烈. 各國近期中小學課程取向與內涵的比較研析 (中文). 
  3. ^ 3.0 3.1 asahi.com 「ゆとり教育」と教育改革の行方:1(寺脇教授)
  4. ^ 【ワイドショー通信簿】「上司が支援するのは当然」 2010新人を面白がる法
  5. ^ 5.0 5.1 1992年1月29日毎日新聞社説 日教組が学校五日制を、教職員の週休二日制とセットで実現しょうと運動方針に掲げ始めたのは1972年からだった。(中略)日教組は学校五日制を教育改革としてとらえ、子供にとって、ゆとりのある学校への転換の実現をめざしている。
  6. ^ 6.0 6.1 2007年7月1日放送TBS「報道特集」にて槙枝元文元委員長談
  7. ^ 7.0 7.1 『迷走 日本の原点』櫻井良子 新潮社 ISBN 9784104253036
  8. ^ 8.0 8.1 日本財団図書館 文部科学省の教育改革を語る(寺脇研)
  9. ^ 平成15年9月7日毎日新聞への元文部大臣中曽根弘文の寄稿文中曽根弘文ホームページ
  10. ^ 4月から「脱ゆとり教育」の学習指導要領一部実施へ
  11. ^ 文部科学省 旧学習指導要領
  12. ^ 日教組が支持していた日本社会党自社さ連立政権となり与党となったことで、日教組と文部省の対立が弱まり、1996年、中教審委員に日教組関係者が起用された(2007年7月1日放送TBS「報道特集」)
  13. ^ 文部科学省 新学習指導要領(現行学習指導要領)
  14. ^ 2007年7月1日、TBS「JNN報道特集」
  15. ^ 文部科学省 新しい学習指導要領

外部連結[编辑]