寶騰

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
















普騰控股有限公司
公司類型 上市公司
Bursa Malaysia:PROTON)
成立 1983年
代表人物 Syed Zainal Abidin
(董事總經理)
總部地點  马来西亚
雪蘭莪州莎阿南市
產業 汽車業
產品 汽車汽車零件
營業額 82.3億馬幣(2009)
净利润 2.4億馬幣(2009)
資產 75.2億馬幣(2009)
員工人數 10,300人
子公司 蓮花汽車
網址 www.proton.com

寶騰(Proton,Perusahaan Otomobil Nasional 的縮寫)是馬來西亞國產汽車品牌,建立於1983年。是在馬來西亞第4任首相馬哈迪的主導下而建立。

寶騰在成立時是一家由馬來西亞重工業社(Heavy Industries Corporation of Malaysia,Hicom)和日本三菱集團屬下的三菱汽車三菱商事組成的聯營公司。當中馬來西亞重工業社占總股權的70%,另兩家日本企業各占15%。公司的營運模式為由三菱公司提供生產技術,寶騰負責生產。其後三菱旗下的兩家公司分別於2004年及2005年售出所有股權,現時寶騰是一家獨立經營的汽車製造商。

沿革[编辑]

  • 1983年5月7日 - 由馬來西亞重工業社(Heavy Industries Corporation of Malaysia,HICOM)出資70%股權,與三菱自動車工業、三菱商事、兩家日本公司各出資15%,所共同出資設立。
  • 1985年7月 - 第一號車種「SAGA」開始生產。
  • 1992年 - 「SAGA」改良版「SAGA・イスワラ」Z發表。
  • 1996年 - 寶騰收購了英國著名跑車製造商蓮花汽車,成為旗下子公司。
  • 1998年 - 「Perdana V6」稱為「Satria GTi」發售。
  • 2000年3月 - DRB-ハイコムの保有するプロトン株式(27.2%)がペトロナスに売却される。タウンボックスワイドベースのミニバスミニバン)・「ジュワラ」を発表。販売不振のティアラが生産中止となる。
  • 2001年 - 初の自社開発車である「ワジャ」を発表。ただしエンジンは三菱製1600ccで、プラットフォームは三菱・カリスマのものを使用。
  • 2002年 - ペトロナスが保有するプロトン株式の一部(15.4%)を政府系投資会社カザナ・ナショナルに放出。ワジャの1800cc版(ルノー製エンジンを搭載)とSUT(スポーツ・ユーティリティー・トラック)の「アリーナ」を発売。
  • 2003年 - 傘下のロータスとともにイングランドのサッカークラブ、ノーウィッチ・シティのスポンサーとなる。
  • 2004年2月 - ロータスとの共同開発による「CamPro」エンジンを搭載した初の全面自社開発車である「Gen-2」を発表。
  • 2004年3月9日 - 三菱自動車が保有していたプロトン株式(7.93%)の全株を売却し、資本提携を解消する。
  • 2004年4月8日 - 組織再編によりプロトン・ホールディングスが発足。マハティール前首相が特別顧問に迎えられる。
  • 2004年10月 - ASEAN に生産拠点を持っておらず、アジア圏での市場シェア下落に歯止めがかからないため、ASEAN地域で手っ取り早く生産拠点の確保したがっていたフォルクスワーゲンとの提携交渉を開始する。しかしながら、フォルクスワーゲン側が製品技術・生産技術のみならず、生産計画や経営全般に至るまで多岐にわたっての主導権を主張したことから交渉が難航、長期化。
  • 2004年12月 - イタリアオートバイメーカー、MVアグスタを7000万ユーロで買収した。
  • 2005年1月 - 三菱商事の保有するプロトン株式全株(7.93%)がカザナ・ナショナルに売却される。
  • 2005年6月 - 「サヴィ」を発表。再びスモールカー市場に参入する。発売当初から不振だったミニバン・ジュワラは生産中止された。
  • 2005年9月 - マハリールCEOが同月末で退任、事実上の解任と見られ、しばらく経営トップの座が空席となる。
  • 2005年11月29日 - ザイナル・アビディンが2006年1月1日付で社長に就任すると発表される。高級セダン「チャンセラー」発表。
  • 2005年12月27日 - MVアグスタの全保有株(57.75%)をイタリアの投資会社GEVIにわずか1ユーロで売却することを発表。
  • 2006年2月3日 - 三菱自動車との技術提携の基本合意書に調印。
  • 2006年6月16日 - サトリアをモデルチェンジし、「サトリア・ネオ」として発表。
  • 2007年5月 - フォルクスワーゲンとの2年間に渡る提携交渉がついに決裂。交渉に時間をかけすぎている間に、プロトン、フォルクスワーゲン双方の幹部が交代。経営不振が進行したプロトン側の新幹部が譲歩姿勢を示し前向きに検討しはじめた頃には、フォルクスワーゲン側は方針転換し、経営不振が止まらないプロトンに興味を失ったことが背景とみられる。
  • 2007年7月 - 中国青年汽車と提携。「青年蓮花」(Youngman Lotus) ブランドでGen-2のOEM供給を行うことが決まった。
  • 2007年8月15日 - Gen-2派生のセダン「ペルソナ」を発表。
  • 2007年11月20日 - フォルクスワーゲンに続き、ゼネラル・モーターズとの提携交渉打ち切りが政府系投資会社カザナ・ナショナルによって発表される。
  • 2008年1月9日 - 中国でGen-2が「青年蓮花・RCR競速」 ( Europestar RCR ) として正式に販売が開始される。
  • 2008年1月18日 - 2代目「SAGA」発表。
  • 2009年4月15日 - 初の自社開発MPV、「イグゾラ」発表。
  • 2010年11月10日 - 三菱・LANCERギャランフォルティス)がベースの新型セダン「インスピラ」を発表。

寶騰汽車演進表[编辑]

外部連結[编辑]