小森一孝

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

小森一孝(1943年-1971年11月),日本學生運動家及政治人士,恐怖分子。反共主義日本右翼团体成员。日本天皇皇太子的諷刺作‘風流夢譚’的作者。中央公論社社主嶋中鵬二的妻子嶋中雅子及傭人丸山氏的殺害犯。

1960年9月自長崎懸立長崎東高等學校中退學,並和東京移柱及大日本愛国黨的入黨。同年8月中央公論社的社長嶋中鵬二爲。日本天皇皇太子的諷刺作‘風流夢譚’的著作和自的發行雜紙“中央公論”之掲載。小森一孝是1961年2月1日東京都新宿區市嶋中鵬二的家屋無斷浸入,嶋中鵬二的妻嶋中雅子及家政婦丸山氏的爲劍的刺向死殺。

2月2日日本警察的指名手配同2日午前7時15分、他在自首爲浅草署山谷警察署。同東京刑務所的投獄。他在1971年11月獄死。

參見[编辑]

外部連結[编辑]

  • 主張412 : 早稲田大学新聞会 (日文)

參考文獻[编辑]

  • 赤塚行雄、『戦後欲望史 黄金の六〇年代篇』、(講談社文庫、1984年)
  • 吉田和明、『三島由紀夫』、(現代書館、1985年)
  • 『中央公論』(1960年12月号)
  • 京谷秀夫、『一九六一年冬「風流夢譚」事件』、(平凡社、1996年)
  • 堀幸雄『戦後の右翼勢力』(1983年、勁草書房)
  • 日本ジャーナリスト会議出版支部編『目でみる出版ジャーナリズム小史 増補版』(1989年、高文研)
  • 猪野健治『日本の右翼』(2005年、筑摩書房(ちくま文庫))
  • 粕谷一希『中央公論社と私』(1999年、文藝春秋