日本小姐

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
大會旗

日本小姐日本選美活動。由1950年發起,參賽佳麗必須年滿15歲,且身高1米52以上。


1950年,為感謝美國救援活動,日美友好親善團體力促評選女性親善大使,出於本目的,舉辦最早期選美比賽。當時得獎者即受公眾歡迎,幾乎個個都成為女影星風靡一時,第一屆冠軍山本富士子成為昭和時代「大美人」代名詞。後來並未定期舉行,時斷時續,直到1967年得到和田研究所女性美容研究機構贊助下得年年興辦至今日。

獎項[编辑]

  • 日本小姐冠軍(グランプリ)
  • 自然小姐(ミスネイチャー)
  • 和服小姐(ミス着物)
  • 海洋日小姐(ミス海の日)
  • 天空日小姐(ミス空の日)
  • 除以上進入前五名人選,進入前十名叫做準日本小姐。其中公眾認為最美獲得最上鏡小姐獎(フォトジェニック賞)、最好身材得泳裝獎(ミス水着)。

歷年日本小姐優勝榜[编辑]

第01回 1950年度 山本富士子


復活第1回 1968年度 鈴木紀子 第20回 1988年度 玉井美香叶美香
第02回 1969年度 鈴木紀子 第21回 1989年度 澤本禮江
第03回 1970年度 竹内幸子 第22回 1990年度 相馬知富
第04回 1971年度 吉村由美子 第23回 1991年度 岡本恵美
第05回 1972年度 坂本千桃 第24回 1992年度 藤原紀香
第06回 1973年度 長谷川みつ美 第25回 1993年度 小岩井陽子
第07回 1974年度 田窿佐和子 第26回 1994年度 松田直子
第08回 1976年度 淺井孝美 第27回 1995年度 長井千尋
第09回 1977年度 手塚圭子 第28回 1996年度 近澤美歩
第10回 1978年度 榎本安江 第29回 1997年度 田村桂子
第11回 1979年度 村田知嘉子 第30回 1998年度 和田淑子
第12回 1980年度 桑原順子 第31回 1999年度 小松田有理
第13回 1981年度 桑原順子 第32回 2000年度 出川紗織
第14回 1982年度 峰岸房子 第33回 2001年度 野手るりこ
第15回 1983年度 山口裕美 第34回 2002年度 佐野公美
第16回 1984年度 常岡昭子 第35回 2003年度 相澤禮子
第17回 1985年度 根本里美 第36回 2004年度 嵯峨百合子
第18回 1986年度 中村麻美 第37回 2005年度 久米里紗
第19回 1987年度 伊比恵子 第38回 2006年度 小久保利恵
第39回 2007年度 萩美香
第40回 2008年度 鈴木恵理
第41回 2009年度 宮田麻里乃
第42回 2010年度 林史乃
第43回 2011年度 谷中麻里衣
第44回 2012年度 新井貴子
第45回 2013年度 鈴木恵梨佳
第46回 2014年度 沼田萌花


著名參選和得獎人[编辑]

外部連結[编辑]