朝青龍明德

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
朝青龍明德
Asashoryu.jpg
朝青龍明徳
四股名 朝青龍明徳
本名 Долгорсүрэн
Дагвадорж
昵称 朝青龍
出生 1980年9月27日 (1980-09-27)(33歲)
籍贯  蒙古国乌兰巴托
身高 184cm
体重 147kg
所属部屋 若松部屋→高砂部屋
成绩
目前排名 引退
最高等级 第68代横纲
终生战绩 669勝173敗76休(67場所)
幕内战绩 596勝153敗76休(55場所)
冠军
  • 幕内優勝25回
  • 幕下優勝1回
  • 三段目優勝1回
  • 序二段優勝1回
奖金
  • 殊勋賞3回
  • 敢鬥賞3回
资料
首次登场 1999年1月場所
晋升幕内 2001年1月場所
辞职 2010年1月場所
备注
现在
日語寫法
日語原文 朝青龍 明徳
假名 あさしょうりゅう あきのり
平文式罗马字 Asashōryū Akinori

朝青龍明德(蒙古名:Долгорсүрэн Дагвадорж,拉丁轉寫:Dolgorsuren Dagvadorj,1980年9月27日),蒙古国烏蘭巴托人,日本大相撲選手。他是第一個成為橫綱的蒙古相撲選手,於2010年2月4日退役。

早年經歷[编辑]

朝青龍於1980年9月27日出生於蒙古国首都烏蘭巴托,其家族是蒙古知名的相撲世家。朝青龍兄弟當中有三人從事相撲運動,其父的相撲成就也在蒙古赫赫有名。朝青龍從就讀第54中學校時開始接受柔道訓練,在接觸柔道的同年內即獲得中學運動會優勝,在其他同項運動賽事當中依舊有水準演出。

15歲時開始練習蒙古式摔跤,隔年立刻在那達慕少年組蒙古式摔跤項目中獲取優勝。1997年,明德義塾高等學校校長偕同相撲部教練特地來蒙古探尋人才,朝青龍被校方看上後立刻輟學,同年9月與日後的朝赤龍太郎一同赴日。朝青龍赴日後獲獎無數,1998年受引薦進入高砂部屋

相撲生涯[编辑]

1999年1月以若松部屋所屬的相撲力士身份登上土俵。2001年即晉昇幕內力士。2002年晉昇為大關,成為首位蒙古出身的大關力士,成就超越其偶像旭鷲山。2003年1月,橫綱審議委員會針對其不當言論和行為作風仔細審核,最終仍一致推舉他晉升為橫綱

2004年,朝青龍在連續兩場所(一月場所、三月場所)獲得全勝優勝。在同年的五月場所,被北勝力英樹擊敗,連勝紀錄停在35場。後再與北勝力進行優勝決定戰,擊敗北勝力,拿下三場所連勝。同年的九月場所由大關魁皇博之獲勝,朝青龍雖無緣拿下全年六場完全優勝,但同年的十一月場所開始至隔年達成了歷史新猷的「七連霸」與年間六場所完全優勝等歷史性記錄。2005年,朝青龍挑戰八連霸失敗。

2007年8月,朝青龍因涉及“裝病風波”而被日本相撲協會勒令停賽兩場所(9月及11月)、減薪,幾天後傳出罹患神经衰弱,因而宣布回蒙古休養。日本媒體紛紛以此作為新聞素材,一般看法兩極;《讀賣新聞》指出,日本相撲協會的懲處簡直是封殺了朝青龍。

2010年2月4日,在東京酒後打傷友人,引發醜聞,因而宣布退出相撲界。

2010年10月3日,朝青龍在日本東京正式舉行退休儀式,最高潮就是由日本前首相森喜朗操刀,剪下一段朝青龍的頭髮,以及朝青龍的師傅、高砂親方,一一為朝青龍落髮。此時,朝青龍和親方都落下了感傷的眼淚,朝青龍在近萬名觀眾前,含淚親吻土俵,象徵他和這個個人生涯高峰的催生地,正式告別。

爭議[编辑]

  • 2002年朝青龍與因傷休戰許久的貴乃花光司對戰,落敗退場後口出惡言,回休息室時曾表達“可惜自己沒往貴乃花傷處踢一腳”的言論,引發議論。
  • 2003年與旭鷲山對戰時,朝青龍認為旭鷲山起身動作影響自身攻勢,要求審判委員重新判決,並對旭鷲山刻意作出有挑釁意味的動作。此後,朝青龍曾刻意扯下旭鷲山的髮髻並破壞旭鷲山的汽車照後鏡,甚至在澡堂與旭鷲山發生肢體衝突。
  • 朝青龍常以左手手刀領取懸賞金。
  • 朝青龍涉嫌裝病未參與練習訓練,曾受到日本相撲協會多次警告。
  • 朝青龍練習時,要求曾在正式土俵上擊敗他的力士作為他的練習對象。

基本資料[编辑]

  • 高185cm,重147kg,所屬部屋:高砂
  • 第68代橫綱。
  • 幕內優勝24次。(至平成21年秋場所)
  • 生涯戰績:579勝148敗56休(58場所)。
  • 幕內戰績:506勝128敗56休(46場所)。

大事記[编辑]

  • 1980年9月27日 生於烏蘭巴托
  • 1999年1月 加入職業相撲
  • 2000年9月 晉陞十兩
  • 2001年元月 入幕(公開賽)
  • 2002年9月 晉陞大關
  • 2003年3月 晉陞橫綱
  • 2009年11月5日 于日本冲绳会见达赖喇嘛
  • 2010年2月4日宣布退休[1]

戰績[编辑]

  • 幕內優勝:25回
  • 幕下優勝:1回
  • 三段目優勝:1回
  • 序二段優勝:1回
  • 三賞
  • 殊勋賞:3回
  • 敢鬥賞:3回
  • 金星:1個
朝青龍明德
1月場所
初場所(東京
3月場所
春場所(大阪
5月場所
夏場所(東京)
7月場所
名古屋場所(愛知
9月場所
秋場所(東京)
11月場所
九州場所(福岡
1999年
(平成11年)
(前相撲) 序之口 #34
6–1
 
序二段 #85
7–0
 
三段目 #75
7–0
 
幕下 #53
6–1
 
幕下 #27
6–1
 
2000年
(平成12年)
幕下 #12
3–4
 
幕下 #19
5–2
 
幕下 #9
6–1
 
幕下 #2
7–0
 
十兩 #7
9–6
 
十兩 #3
11–4
 
2001年
(平成13年)
西 前頭 #12
9–6
 
東 前頭 #6
9–6
 
西 小結
8–7
東 小結
7–8
 
西 前頭 #1
10–5
東 小結
10–5
2002年
(平成14年)
西 關脅
8–7
 
西 關脅
11–4
西 關脅
11–4
東 關脅
12–3
東 大關 #3
10–5
 
東 大關 #2
14–1
 
2003年
(平成15年)
東 大關 #1
14–1
 
西 横綱
10–5
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
5–5–5[2]
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
12–3
 
2004年
(平成16年)
東 横綱
15–0
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
13–2[3]
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
9–6
 
東 横綱
13–2
 
2005年
(平成17年)
東 横綱
15–0
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
15–0
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
13–2[4]
 
東 横綱
14–1
 
2006年
(平成18年)
東 横綱
11–4
 
東 横綱
13–2[5]
 
東 横綱
1–2–12[6]
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
15–0
 
2007年
(平成19年)
東 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2[5]
 
東 横綱
10–5
 
東 横綱
14–1
 
東 横綱
出場停止
0–0–15
西 横綱
出場停止
0–0–15
2008年
(平成20年)
西 横綱
13–2
 
西 横綱
13–2
 
東 横綱
11–4
 
東 横綱
3–3–9[7]
 
西 横綱
5–5–5[8]
 
(休場)
2009年
(平成21年)
西 横綱
14–1[5]
 
東 横綱
11–4
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
14–1[5]
 
東 横綱
11–4
 
2010年
(平成22年)
西 横綱
優勝・引退
13–2–0
x x x x x
各欄数字按「勝-負-休場」表示。    優勝 引退 十兩・幕下

三賞=敢鬬賞、=殊勛賞、=技能賞     其他:=金星
番付階級幕内 - 十兩 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序之口

幕内序列横綱 - 大關 - 關脅 - 小結 - 前頭(「#数字」为出场顺序)
場所 地位 勝數 敗數 休場 備考
平成13年(2001年)1月 西前頭12枚目 9 6 0 新入幕
平成13年(2001年)3月 東前頭6枚目 9 6 0 -
平成13年(2001年)5月 西小結 8 7 0 新小結、殊勛賞(初)
平成13年(2001年)7月 東小結 7 8 0 -
平成13年(2001年)9月 西前頭筆頭 10 5 0 敢鬬賞(初)、金星(1・武蔵丸)
平成13年(2001年)11月 東小結 10 5 0 敢鬬賞(2)
平成14年(2002年)1月 西關脅 8 7 0 新關脅
平成14年(2002年)3月 西關脅 11 4 0 殊勛賞(2)
平成14年(2002年)5月 東關脅 11 4 0 敢鬬賞(3)
平成14年(2002年)7月 東關脅 12 3 0 殊勛賞(3)
平成14年(2002年)9月 東大關3 10 5 0 新大關
平成14年(2002年)11月 東大關2 14 1 0 優勝(初)
平成15年(2003年)1月 東大關 14 1 0 優勝(2)
平成15年(2003年)3月 西橫綱 10 5 0 新橫綱
平成15年(2003年)5月 東橫綱 13 2 0 優勝(3)
平成15年(2003年)7月 東橫綱 5 5 5 頸部挫傷、途中休場
平成15年(2003年)9月 東橫綱 13 2 0 優勝(4)
平成15年(2003年)11月 東橫綱 12 3 0 -
平成16年(2004年)1月 東橫綱 15 0 0 全勝優勝(5)
平成16年(2004年)3月 東橫綱 15 0 0 全勝優勝(6)
平成16年(2004年)5月 東橫綱 13 2 0 優勝(7)
平成16年(2004年)7月 東橫綱 13 2 0 優勝(8)
平成16年(2004年)9月 東橫綱 9 6 0 -
平成16年(2004年)11月 東橫綱 13 2 0 優勝(9)
平成17年(2005年)1月 東橫綱 15 0 0 全勝優勝(10)
平成17年(2005年)3月 東橫綱 14 1 0 優勝(11)
平成17年(2005年)5月 東橫綱 15 0 0 全勝優勝(12)
平成17年(2005年)7月 東橫綱 13 2 0 優勝(13)
平成17年(2005年)9月 東橫綱 13 2 0 優勝(14)
平成17年(2005年)11月 東橫綱 14 1 0 優勝(15)
平成18年(2006年)1月 東橫綱 11 4 0 -
平成18年(2006年)3月 東橫綱 13 2 0 優勝(16)
平成18年(2006年)5月 東橫綱 1 2 12 右肘內側側副韌帯損傷、途中休場
平成18年(2006年)7月 東橫綱 14 1 0 優勝(17)
平成18年(2006年)9月 東橫綱 13 2 0 優勝(18)
平成18年(2006年)11月 東橫綱 15 0 0 全勝優勝(19)
平成19年(2007年)1月 東橫綱 14 1 0 優勝(20)
平成19年(2007年)3月 東橫綱 13 2 0 優勝決定戰
平成19年(2007年)5月 東橫綱 10 5 0 -
平成19年(2007年)7月 東橫綱 14 1 0 優勝(21)
平成19年(2007年)9月 東橫綱 0 0 15 出場停止
平成19年(2007年)11月 西橫綱 0 0 15 出場停止
平成20年(2008年)1月 西橫綱 13 2 0 -
平成20年(2008年)3月 西橫綱 13 2 0 優勝(22)
平成20年(2008年)5月 東橫綱 11 4 0 -
平成20年 (2008年) 7月 東橫綱 3 3 9 左肘內側側副韌帶損傷、途中休場
平成20年 (2008年) 9月 西橫綱 5 5 5 左肘內側側副韌帶損傷、途中休場
平成20年 (2008年) 11月 西橫綱 0 0 15 左肘內側側副韌帶損傷、全休
平成21年(2009年)1月 西橫綱 14 1 0 優勝(23)
平成21年(2009年)3月 東橫綱 11 4 0
通算 536 138 56 優勝25回、殊勛賞3回、敢鬬賞3回、金星1個

主要力士對戰成績,截至2010年1月。

力士名 勝數 負數 力士名 勝數 負數 力士名 勝數 負數
旭鷲山 13 2 安美錦 17 6(1) 若之里 19 10(1)
旭天鵬 36 2 高見盛 10 1 鶴龍 7 0
時津海 7 1 霜鳳 8 0 玉春日 2 1
土佐之海 18 6(1) 北勝力 10 1 豪榮道 5 2(1)
玉乃島 19 3 巖木山 15 1 若之鵬 3 0
琴之若 11 4 垣添 13 0 嘉風 1 0
貴之浪 12 2 黒海 12 2 栃煌山 4 0
隆乃若 10 1 白鵬 12 13 栃之心 2 0
海鵬 6 1 琴歐洲 16 7 翔天狼 1 0
琴光喜 36 9 露鵬 9(1) 0 阿覽 1 0
武蔵丸 4 5 普天王 4 1 豊響 1 0
雅山 34 5 琴奨菊 15 1
出島 16 4 稀勢之里 13 4
武雙山 12 3 日馬富士 17 5
貴乃花 0 2 豪風 7 0
琴龍 4 1 時天空 10 1
魁皇 25 12 白露山 2 0
千代大海 30 9 豊之島 7 2
栃東 15 10 把瑠都 9 0
栃乃洋 17 6 豊真將 3 0

外部連結[编辑]

參考資料[编辑]

  1. ^ 相扑横纲朝青龙宣布退役 “打人案”或成导火索
  2. ^ 頸部挫傷、途中休場
  3. ^ 北勝力と優勝決定戰
  4. ^ 琴歐州(現為琴歐洲)と優勝決定戰
  5. ^ 5.0 5.1 5.2 5.3 白鵬と優勝決定戰
  6. ^ 右肘內側側副韌帯損傷、途中休場
  7. ^ 左肘內側側副韌帶損傷、途中休場
  8. ^ 途中休場