朽木元綱

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

朽木元綱平假名くつき もとつな天文18(1549年)-寬永9(1632年))。室町後期-江戶初期大名。官位:河內守。父親是朽木晴綱。

生涯[编辑]

天文19年(1550),父親戰死,2歲的元綱繼承家督。天文22年(1553),元綱藏匿被三好三人眾之一的三好長慶追討的室町將軍足利義昭。永祿9年(1566),浅井長政進攻高島郡、人質を差し出している。永禄11年(1568年)12月には、浅井久政・長政父子と起請文を交わしたが、まもなくこれを破棄している。

元龜元年(1570),朝倉義景攻めにおいては織田信長の京都撤退,元綱助信長。朝倉一族敗後出仕織田家,成為信長部下、磯野員昌、その追放後は津田信澄に配されているが、天正7年(1579年)には代官を罷免されているので、受到信長優厚待遇。

信長死後出仕秀吉,擔任伊勢安濃郡及近江高島郡内蔵入地代官一職。之後也有出陣小田原城,認功受封朽木谷2萬石。

慶長5年(1600)關原之戰大谷吉繼一樣從屬西軍一方,小早川秀秋倒戈後和小川祐忠赤座直保脇坂安治一同呼應寢返於東軍。戰後,被以事前沒有表達站在東軍一方為理由減封9550石,仍保有大名職權。

元和2年(1616)剃髮出家,法號牧齋。不久於朽木谷死去,享年84。

元綱死後領地被宣綱、友剛、植綱三子分割,因此而失去大名資格,被降為旗本(6,300余石)。

之後三子稙綱受到第三代將軍徳川家光信頼而成為大名,子孫重新得勢。