河锅晓斋

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
河锅晓斋
假名 かわなべ きょうさい
羅馬字 Kawanabe Kyōsai
出生 1831年5月18日
下总国古河(茨城县古河市
逝世 1889年4月26日
安葬於 东京都谷中瑞輪寺塔中正行院
國籍  日本
領域 浮世绘
受影響於 狩野派歌川国芳

河锅晓斋日语河鍋 暁斎かわなべ きょうさい Kawanabe Kyōsai,1831年5月18日(天保2年旧历4月7日) -1889年(明治22年)4月26日)是日本幕末至明治时期的浮世絵師。评论家认为他是“一个独立的带有个人主义的,可能是传统日本画的最后大师”。[1]

生平[编辑]

天保2年(1831年),出生于下总国古河(茨城县古河市)。父亲为古河藩士(養子)河鍋記右衛門,在天保3年(1832年)来到江户,在本乡御茶水的消火公寓居住。同時全家搬到江户。幼名为周三郎,继承河鍋氏。有兄名叫直次郎。天保4年(1833年),母亲带着他去館林的亲戚田口家。此时的他尝试创作蛙的写生。

天保8年(1837年),入歌川国芳门下。天保10年(1839年)5月,梅雨季涨水時前往神田川创作生首(刚砍下来的人头)写生。[2]

天保11年(1840年),入狩野派絵師前村洞和门下。翌年洞和病倒,由狩野洞白教授。弘化3年(1846年),小石川片町的消火公寓被火烧毁,他在尝试创作火的写生。嘉永元年(1848年),创作《毘沙門天之図》(現存晓斋最早期的肉筆作品)。翌嘉永2年(1849年),洞白赠与其洞郁陳之(とういくのりゆき)之号。嘉永3年(1850年)11月成为秋元藩的絵師坪山洞山的養子,改称为坪山洞郁。

门人[编辑]

代表作[编辑]

Kawanabe Kyosai Renshishi2.jpg
  • 「地獄極楽図」 一幅 麻布着彩 東京国立博物館所蔵 明治以前 無款
  • 「豊干禅師と寒山拾得図」 一幅 紙本墨画淡彩 東京国立博物館所蔵 明治3年(1870年)以前
  • 「山姥と金太郎図」 一幅 絹本着色 東京国立博物館所蔵 
  • 「龍頭観音」 一幅 紙本墨画淡彩 東京国立博物館所蔵 明治21年(1888年) 
  • 「地獄極楽めぐり図」 一帖全40図 紙本着色 静嘉堂文庫美術館所蔵 明治2年(1869年)~明治5年(1872年) 共箱は柴田是真
  • 「大和美人図屏風」 二曲一隻 絹本着色 個人所蔵(京都国立博物館寄託) 明治17年(1884年)~明治18年(1885年)
  • 「北海道人樹下午睡図(松浦武四郎涅槃図)」 一幅 絹本着彩 松浦武四郎記念館 重要文化財 明治14年(1881年)~明治19年(1886年)
  • 「慈母観音図」 一幅 絹本着色 日本浮世絵博物館所蔵 
  • 「左甚五郎図」 二曲一双 紙本着色 千葉市美術館所蔵 
  • 「日光地取絵巻」 2巻 紙本墨画淡彩 河鍋暁斎記念美術館所蔵
  • 「放屁合戦絵巻」 2巻 紙本墨画淡彩 河鍋暁斎記念美術館所蔵 慶応3年(1867年)
  • 「鯉魚遊泳図」 一幅 絹本墨画金泥 河鍋暁斎記念美術館所蔵 
  • 「鍾呂伝道図」 絹本着色 河鍋暁斎記念美術館所蔵 文久2年(1862年)  
  • 「白鷲と猿図」 絹本墨着色 河鍋暁斎記念美術館所蔵 明治17年(1884年) 
  • 「宝珠に松竹梅」 紙本墨画 河鍋暁斎記念美術館所蔵 明治21年(1888年)  
  • 「龍頭観音図」 一幅 絹本着色 個人所蔵
  • 「大森彦七鬼女と争う図」 板絵金箔地彩色 成田山新勝寺所蔵 明治13年(1880年)
  • 「鍾馗の戒め図」 一幅 絹本着色 河鍋暁斎記念美術館所蔵 
  • 「毘沙門天之図」 一幅 紙本着色 河鍋暁斎記念美術館  嘉永元年 18歳の作品
  • 「弾琴五美女憩の図」 一幅 絹本着色 無款 河鍋暁斎記念美術館所蔵
  • 「文読む美人図」 一幅 絹本着色 個人所蔵 
  • 「妓楼酒宴図」 一幅 絹本着色 心遠館(プライス・コレクション)所蔵 
  • 「閻魔地獄太夫図」 一幅 絹本淡彩 心遠館所蔵 
  • 「達磨図」 一幅 紙本墨画 心遠館所蔵
  • 「獣群舞図」 一幅 紙本着色 リンデン美術館所蔵
  • 「地獄太夫と一休」 絹本着色 福富太郎コレクション
  • 「美女の袖を引く骸骨図」 紙本着色 ビーティッヒハイム・ビジンゲン美術館所蔵

关联条目[编辑]

地狱少女》片头

参考来源[编辑]

  1. ^ Timothy Clark, p.16
  2. ^ J.Conder, Paintings and stydies by Kawanabe Kyôsai, 1911, Kawanabe Kyôsai Memorial Museum, page 2 : "One day, at the age of nine, he was exploring the banks of the Kanda river which was swollen into flood after torrents of rain..."

参考文献[编辑]

  • Timothy Clark, Demon of painting: the art of Kawanabe Kyōsai, London: Published for the Trustees of the British Museum by the British Museum Press, 1993
  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 277〜278頁 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • サントリー美術館編 『異色の江戸絵画』 サントリー美術館、1984年
  • 飯島虚心 『河鍋暁斎翁伝』〈『日本芸術名著選』3〉 ぺりかん社、1984年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 及川茂・山口静一編 『河鍋暁斎戯画集』〈『岩波文庫』〉 1988年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年
  • 及川茂・山口静一編 『暁斎の戯画』 東京書籍、1992年
  • 『河鍋暁斎』〈『新潮日本美術文庫』24〉 新潮社、1996年
  • 多田克己編・解説 『暁斎妖怪百景』 国書刊行会、1998年
  • 及川茂 『最後の浮世絵師 河鍋暁斎と反骨の美学』〈『NHKブックス』〉 日本放送出版協会、1998年
  • ジョサイア・コンドル 『河鍋暁斎』 岩波文庫、2006年 ※山口静一訳・解説
  • 『酔うて候-河鍋暁斎と幕末明治の書画会』 成田山書道美術館・思文閣出版、2008年 
  • 『没後120年 河鍋暁斎展』(図録) 京都国立博物館、2008年4月~5月
  • 安村敏信監修 『河鍋暁斎 奇想の天才絵師』〈『別冊太陽』〉 平凡社、2008年
  • 安村敏信監修・解説 『河鍋暁斎 暁斎百鬼画談』 ちくま学芸文庫、2009年
  • 河鍋楠美・狩野博幸編 『反骨の画家 河鍋暁斎』〈『とんぼの本』〉 新潮社、2010年

外部链接[编辑]