法住寺合戰

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
法住寺合戰
治承・壽永之亂的一部分
Hojyuji (Kyoto, Kyoto)2.jpg
法住寺
日期: 壽永2年11月19日(1184年1月3日
地点: 平安京東郊,法住寺殿(現京都市東山區
結果: 義仲軍之壓勝
參戰方
Imperial Seal of Japan.svg後白河法皇 Sasa Rindo.svg源氏
指揮官和领导者
Ageha-cho.svg平知康 Sasa Rindo.svg源義仲
兵力
20,000餘騎(平家物語 7,000餘騎(平家物語)
伤亡与损失
630餘名(平家物語)
100餘名(吉記
不明

法住寺合戰法住寺合戦),是壽永2年11月19日(1184年1月3日),木曾義仲襲撃院御所・法住寺殿,幽閉後白河法皇後鳥羽天皇,掌握政權的軍事政變。平安時代末期治承・壽永之亂的戰役之一。

参考文献[编辑]

  • 上杉和彦 『戦争の日本史 6 源平の争乱』 吉川弘文館、2007年。
  • 関幸彦・福田豊彦編著 『源平合戦事典』 吉川弘文館、2006年。
  • 歴史と文学の会・志村有弘共編 『合戦騒動事典』 勉誠出版、2005年。
  • 河内祥輔 『頼朝の時代 一一八〇年代内乱史』 平凡社、1990年。