环境省

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

環境省(かんきょうしょう 英語名:Ministry of the Environment)是日本中央省廳之一。負責地球環境保全、防止公害、废棄物對策、自然環境的保護及整備環境。

環境省(中央合同廳舍第5號館內)

前史・沿革[编辑]

  • 1956年(昭和31年)5月1日、水俣病正式发现
  • 1964年(昭和39年)3月27日、閣議決定設置公害対策推進連絡会議設置
  • 1967年(昭和42年)8月3日、公害対策基本法公布・即日施行
  • 1970年(昭和45年)7月31日、内閣設置公害対策本部設置
  • 1970年(昭和45年)11月24日召集第64臨時国会公害対策関連14法案成立(国会公害国会異名)
  • 1970年(昭和45年)12月28日、佐藤首相環境保護庁(仮称)新設的裁定
  • 1971年(昭和46年)7月1日、環境庁発足
母体:内閣公害対策本部(含総理府公害対策室含)、厚生省(大臣官房国立公園部、環境衛生局公害部)、通商産業省(公害保安局公害部)、经济企画庁(国民生活局的一部)、林野庁(指導部造林保護課一部)
  • 2001年(平成13年)1月6日、中央省庁再編環境庁改組環境省設置
厚生省廃棄物処理行政移管

組織[编辑]

幹部[编辑]

  • 環境大臣
  • 環境副大臣
  • 環境大臣政務官
  • 環境事務次官
  • 地球環境審議官

組織[编辑]

幹部[编辑]

内部部局[编辑]

審議会等[编辑]


ja:施設等機関[编辑]

ja:特別の機関[编辑]

ja:地方支分部局[编辑]

ja:独立行政法人[编辑]

ja:特殊会社[编辑]

外部链接[编辑]