田中静壹

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
田中静壹(中将時期)
日語寫法
日語原文 田中 静壱
假名 たなか しずいち
平文式罗马字 Ta-naka Shizu-ichi
日語舊字體 田中 靜壹

田中静壹(1887年10月1日-1945年8月24日),日本兵库县人。二次大戰日军第13师团师团长,毕业于日本陆军士官学校二十期,中将。后任东部军司令官,大将。1945年8月15日日本战败,田中静壹与前参谋总长杉山元元帅、前关东军司令官本庄繁大将等十数名高级将领相继切腹、舉槍自殺。

年譜[编辑]

[1]

參見[编辑]

註釋[编辑]

  1. ^ 年譜についてはpurunus.com 田中静壱および塚本・前掲書に依拠している。
  2. ^ 塚本、前掲書 p.211。
  3. ^ New York Times July 19, 1919 戦勝国の一つを代表して兵士50名・将校5名が行進に参加したとある。但し、この記事では田中についての言及はない。
  4. ^ アジア歴史資料センター 陸軍大臣宇垣一成外十二名外國勲章受領及佩用ノ件
  5. ^ 中野文庫 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧
  6. ^ 中野文庫 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧
  7. ^ 無血終戦の偉勲者田中静壱大将のこと 中嶋與一
  8. ^ 同上

參考文獻[编辑]

  • 塚本清『あゝ皇軍最後の日 - 陸軍大将田中靜壹傳』(昭和32年・非売品)
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。