與謝野晶子

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
与谢野 晶子

与谢野 晶子
出生 1878 年12 月7 日(1878 -12-07)
日本 大日本帝国大阪堺市
逝世 1942年5月29日(63歲)
日本 大日本帝国东京都
職業 诗人翻译家
國籍 日本 大日本帝国
創作時期 19世纪末-20世纪初
體裁 诗歌
主題 爱情
代表作

《小扇》
《恋衣》

《舞姬》
配偶 與謝野 鐵幹
子女 11个孩子,五男六女
受影響於 清少纳言
紫式部
尾崎红叶
幸田露伴
樋口一叶
白居易
日語寫法
日語原文 与謝野 晶子
假名 よさの あきこ
平文式罗马字 Yosano Akiko

與謝野 晶子(1878年12月7日-1942年5月29日),是明治昭和時期活躍的詩人作家思想家。舊姓「鳳」(ほう)。戶籍名為「志よう」。其筆名中的「晶」字,是取自「志よう(しょう)」。丈夫為與謝野鐵幹(本名與謝野寬)。她一生著述颇丰,被日本作家田边圣子评为:“一千年才出现一个的天才。” [1]

生平[编辑]

读书生涯[编辑]

与谢野晶子出生于大阪堺市,家里是羊肉店商人家庭。[1] 父亲凤宗七和母亲生了三兄妹,二哥夭折。[1] 与谢野晶子出生后被送到姨妈家养育了三年。[1] 接回家后被父亲视为男童养育,四岁就送到小学,因其发蒙尚不成熟,六岁再次送到小学。[1] 小学毕业考入京都府立第一女子高中[1] 她因为不满学校的课程老旧,自己在家里帮父母做事,家中又藏书甚丰,于是边工边读。[1] 在此期间,她饱读了清少纳言紫式部尾崎红叶幸田露伴樋口一叶等日本文坛大家的作品以及中国古典文学作品,白居易是其中之一。[1]

创作生涯[编辑]

16岁起,她开始在各大刊物发表文章,作品多数为描写男欢女爱。[1]

明治32年,与谢野铁干东京都成立了新诗社,创办《明星》刊物,与谢野晶子的作品多数被《明星》选用发表。[1]

爱情婚姻[编辑]

明治33年8月,与谢野铁干为了扩大《明星》的影响力,去关西发表演讲,和与谢野晶子多次见面,两人心生爱慕,私定终身,不过此时与谢野铁干和前妻尚未解决离婚问题。[1]

明治34年6月,两人同居[1] 两人的事迹很快传遍文坛,《明星》发表了与谢野晶子的和歌集《乱发》,两件事一同被社会保守人士借口“卖妻”、“强奸”、“蛊惑处女发疯”等罪名大张挞伐,并直接导致了《明星》被停刊。[1]

文学风格[编辑]

与谢野晶子的早期作品抨击了日本旧社会的虚伪道德,强烈呼唤真爱真情和自由恋爱[1] 多数讴歌了肉体感官之美,深切表现了少女情窦初开的思春情态。[1] 如《善恶草》的思春[1]

讲道君子哟,
柔嫩肌肤空在身,
热血徒澎湃,
无人触摸无人爱,
人不亦寂寞难捱?

后期在日俄战争中的作品则表现了反战和关注个人生命的主题。[1] 如写给弟弟的作品《你,不要死!》[1]

叹身处旅顺包围军中之弟
你呀!不要死!
圣上自己不出征,却叫别人的孩子去流血,去为野蛮杀人而送命,还要说这种死光荣!
人都说圣上慈悲为怀,可这件事又怎能叫人想得开通?

著作[编辑]

译著[编辑]

汉译本[编辑]

日文原著[编辑]

  • 『定本 与謝野晶子全集』全20巻(講談社、1979年 - 1981年刊)
  • 『みだれ髪』(新潮文庫)
  • 『みだれ髪 附=みだれ髪拾遺』(角川文庫クラシックス)
  • 『全訳源氏物語』上・中・下(角川文庫クラシックス)
  • 『梗概源氏物語』(武蔵野書院)鶴見大学文学部、池田利夫 編
  • 『蜻蛉日記』(平凡社ライブラリー)与謝野晶子 訳
  • 『与謝野晶子歌集』(岩波文庫)
  • 『与謝野晶子評論集』(岩波文庫)
  • 『愛、理性及び勇気』(講談社文芸文庫 現代日本のエッセイ)
  • 『女人創造 叢書 女性論』(大空社)
  • 『与謝野寛晶子書簡集成』(八木書店)
  • 『私の生ひ立ち』(女性文庫/学陽書房)竹久夢二 挿絵/(刊行社)
  • 『童話 環の一年間』(和泉書院)

關連文獻[编辑]

  • 1954年 『晶子曼陀羅』佐藤春夫著、大日本雄弁会講談社。角川文庫、講談社文芸文庫ほか
  • 1957年 『与謝野晶子書誌』入江春行著、創元社
  • 1967年 『うたの心に生きた人々』茨木のり子著、さ・え・ら書房。ちくま文庫にも
  • 1967年03 『どっきり花嫁の記』(はは与謝野晶子)与謝野道子著、主婦の友社。角川書店
  • 1968年03 『与謝野晶子』福田清人、浜名弘子編、(清水書院『センチュリーブックス 人と作品』21)、清水書院
  • 1972年 『千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子』田辺聖子著、(『文春文庫』)、文藝春秋
  • 1981年01 『与謝野晶子の秀歌』馬場あき子著、(『現代短歌鑑賞シリーズ』)、短歌新聞社。三一書房の馬場あき子全集にも
  • 1981年03 『晶子の周辺』入江春行著、洋々社
  • 1981年07 『みだれ髪の系譜』芳賀徹著、(『講談社学術文庫』)、講談社、初出は美術公論社
  • 1983年05 『与謝野晶子の文学』入江春行著、(『近代の文学』13)、桜楓社
  • 1984年03 『与謝野晶子 : 昭和五十九年春季特別展』堺市博物館編、堺市博物館
  • 1985年09 『華の乱』永畑道子著、新評論
  • 1985年09 『夢のかけ橋 晶子と武郎有情』永畑道子著、新評論。文春文庫も
  • 1986年09 『山の動く日きたる 評伝与謝野晶子』山本千恵著、大月書店
  • 1988年10 『姑の心、嫁の思い 義母・与謝野晶子との会話』与謝野道子著、PHP研究所
  • 1989年02 『憂国の詩 : 鉄幹と晶子・その時代』永畑道子著、新評論。ちくま文庫にも
  • 1989年05 『アメリカで与謝野晶子をうたえば』吉岡しげ美著、朝日新聞社
  • 1990年08 『与謝野晶子研究 : 明治の青春』赤塚行雄著、學藝書林
  • 1990年10 『与謝野晶子の教育思想研究』平子恭子著、桜楓社
  • 1991年04 『与謝野晶子歌碑めぐり : 全国版』堺市博物館編、二瓶社
  • 1991年03 『与謝野晶子 : その生涯と作品 没50年記念特別展』堺市博物館編、堺市博物館
  • 1991年06 『与謝野晶子』河出書房新社編?、(『新文芸読本』)、河出書房新社
  • 1991年09 『晶子と寛の思い出』与謝野光著、思文閣出版
  • 1992年03 『与謝野晶子』尾崎左永子他著、大岡信編(『群像 日本の作家』6)小学館
  • 1992年07 『恋むらさき : 小説・与謝野晶子』倉橋燿子著、(『mimiヤングガールズ・ブック』)、講談社
  • 1992年08 『日本橋魚河岸と文化学院の思い出』金窪キミ著、卯辰山文庫
  • 1993年03 『愛のうた : 晶子・啄木・茂吉』尾崎左永子著、創樹社
  • 1993年09 『初恋に恋した女 : 与謝野晶子』南条範夫著、講談社。講談社文庫も
  • 1993年10 『与謝野晶子 : 昭和期を中心に』香内信子著、ドメス出版
  • 1993年11 『わが晶子わが啄木 : 近代短歌史上に輝く恒星と遊星』川内通生著、有朋堂
  • 1994年02 『君死にたまふこと勿れ』中村文雄著、和泉書院
  • 1994年10 『与謝野晶子研究 : 明治、大正そして昭和へ 決定版』赤塚行雄著、學藝書林
  • 1994年10 『晶子讃歌』中山凡流著、沖積舎
  • 1995年04 『与謝野晶子 年表作家読本』平子恭子著、河出書房新社
  • 1995年05 『与謝野晶子を学ぶ人のために』上田博、富村俊造編、世界思想社
  • 1996年01 『鉄幹と晶子詩の革命』永畑道子著、(『ちくま文庫』)筑摩書房
  • 1996年01 『君も雛罌粟われも雛罌粟 : 与謝野鉄幹・晶子夫妻の生涯』上・下、渡辺淳一著、文藝春秋。文春文庫も
  • 1996年07 『資料与謝野晶子と旅』沖良機著、武蔵野書房
  • 1996年09 『山川登美子と与謝野晶子』直木孝次郎著、塙書房
  • 1996年11 『女をかし与謝野晶子 : 横浜貿易新報の時代』赤塚行雄著、神奈川新聞社
  • 1997年01 『絵画と色彩と晶子の歌 : 私の与謝野晶子』持谷靖子著、(『にっけんの文学・文芸シリーズ』)、にっけん教育出版社
  • 1997年09 『火の色す : 富村俊造・与謝野晶子アカデミーの軌跡』与謝野晶子アカデミー百回記念誌編集委員会編、『山の動く日』の会
  • 1998年03 『尾崎行雄 : 「議会の父」と与謝野晶子』上田博著、三一書房
  • 1998年07 『チョコレート語訳 みだれ髪』俵万智訳、(『河出文庫』)、河出書房新社
  • 1998年07 『與謝野晶子と周辺の人びと : ジャーナリズムとのかかわりを中心に』香内信子著、創樹社
  • 1998年07 『与謝野晶子と源氏物語』市川千尋著、国研出版
  • 1998年10 『與謝野晶子』渡邊澄子著、新典社
  • 1999年02 『風呂で読む与謝野晶子』松平盟子著、世界思想社
  • 1999年07 『おんな愛いのち : 与謝野晶子/森崎和江/ヘーゲル』園田久子著、創言社
  • 1999年08 『与謝野晶子』渡辺澄子著、(『女性作家評伝シリーズ』)新典社
  • 2000年  『与謝野晶子』新間進一著、(『短歌シリーズ・人と作品』4)おうふう
  • 2000年04 『文に生きる絵に生きる : 与謝野晶子、ビアトリクス・ポター、リリアン・ヘルマン、いわさきちひろ』越水利江子、落合恵子、今関信子、松本由理子著、岩崎書店
  • 2000年10 『与謝野寛・晶子 : 心の遠景』上田博著、嵯峨野書院
  • 2002年06 『九州における与謝野寛と晶子』近藤晋平著(『和泉選書』)和泉書院
  • 2003年04 『与謝野晶子 : 童話の世界』古沢夕起子著、嵯峨野書院
  • 2003年04 『与謝野晶子とその時代 女性解放と歌人の人生』入江春行著、新日本出版社
  • 2003年06 『与謝野晶子の歌鑑賞』平子恭子著、短歌新聞社
  • 2005年03 『與謝野晶子に学ぶ―幸福になる女性とジェンダーの拒絶』 中川八洋著、グラフ社

兒童文學[编辑]

  • 『きんぎょのおつかい』(架空社)高部晴市、与謝野晶子 著
  • 『与謝野晶子 女性の自由を歌った情熱の歌人』(学習まんが人物館/小学館)入江春行あべさより

评价[编辑]

日本作家田边圣子:“与谢野晶子是一千年才出现一个的天才。” [1]

日本作家高山樗牛:“《乱发》乃著名的明星诗人凤晶子的歌集也。凤晶子才华横溢为吾人所认同,其歌词高迈新颖,情真意切,确具一家之风格。”[1]

参考文献[编辑]

  1. ^ 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 明治新女性——与谢野晶子. 日本新华侨报网. [2009年] (简体中文). 

關連電影[编辑]

  • 1988年 『華の乱』東映(京都製作所)、深作欣二監督、吉永小百合(与謝野晶子役)主演作品。(電影)

外部連結[编辑]

網上文章[编辑]

團體[编辑]

其他[编辑]