融岩大使

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

融岩大使(日語:マグマ大使)是日本漫畫家手塚治虫漫畫作品,有改編動畫OVA版跟特攝影集。也叫火箭超人[1]

故事簡介[编辑]

在一次的時空轉移事件中,村上記者一家被帶到中生代,並見到自稱國亞揚言要征服世界的神秘人物,村上記者的兒子護照下了國亞的相片,為了對抗愷欲地球的外星威脅國亞,地球的創造者亞斯製造了可變火箭機器人融岩大使和他的妻子莫兒,融岩大使帶著小護到遠離日本的火山島基地去見亞斯,在透露國亞的野心跟能力之後,融岩大使夫婦希望有一個像小護的孩子,因此亞斯用小護的造型做了一個叫克姆的火箭人,並交給小護一個召喚用的笛子,吹一聲克姆會趕來,兩聲是莫兒,三聲則是融岩大使。之後小護利用機智跟融岩大使一家及亞斯的幫助對抗國亞……

电视版[编辑]

1966年(昭和41年)7月4日1967年(昭和42年)9月25日全64回(52話 + 再放送12話)在フジテレビ系毎週月曜日19:30 - 20:00(39話まで)、19:00 - 19:30(40話から)に放送された[1]

人员[编辑]

參考書目[编辑]

  • 火箭大使-時報出版手塚治虫漫畫全集(全三冊)
  1. ^ 全怪獣怪人 上 1990, p. 73 - 74、86.
  2. ^ 作曲者が同じなため、主題歌は『ゼロテスター』のそれとメロディーラインが似ている。プロ野球でも中日時代の落合博満の応援歌に主題歌が使われ、現在でも時折歌われ知名度が高い
  3. ^ オープニングでは、最後に「マグマ大使」のタイトルが反転して「提供 ロッテ」の提供クレジットが出た後、「ガムやチョコレートで御馴染みの『ロッテ』の提供でお送りいたします」という提供コメントが出された(後年の再放送ではこの部分はカットされる)。。
  4. ^ 主に次回予告のナレーションの前半で使用された。