財務大臣

维基百科,自由的百科全书
(重定向自財務大臣 (日本)
跳转至: 导航搜索
 日本財務大臣
Taro Aso in World Economic Forum Annual Meeting in Davos (cropped).jpg
現任
麻生太郎

2012年12月26日就任
任命者 內閣總理大臣
首任 松方正義(大藏大臣)
宮澤喜一(財務大臣)
设立 1885年(大藏大臣)
2001年(財務大臣)
網站 www.mof.go.jp

財務大臣日本財務省的最高長官,同時具有國務大臣身分,為日本內閣中最重要的職位之一。其職位可追溯至太政官制下的「大藏卿」,日本成立內閣後改為大藏大臣,為大藏省的最高長官,至大藏省改組為財務省後又改為現在的職稱。歷史上許多曾經擔任過大藏大臣或財務大臣的國會議員,後來都成為日本首相

大藏卿[编辑]

太政官制下的大藏卿
明治5年十二月初二(1872年12月31日)之後,僅顯示西曆

代数 氏名 在任期間 出身母体
1 松平慶永 明治2年8月11日(1869年9月16日)
‐ 明治2年8月24日(1869年9月29日)
前福井藩主
2 伊達宗城 明治2年9月12日(1869年10月16日)
‐ 明治4年4月27日(1871年6月14日)
前宇和島藩主
3 大久保利通 明治4年6月27日(1871年8月13日)
‐ 1873年(明治6年)10月12日
薩摩閥
4 大隈重信 1873年(明治6年)10月25日
‐ 1880年(明治13年)2月28日
肥前閥
5 佐野常民 1880年(明治13年)2月28日
‐ 1881年(明治14年)10月21日
肥前閥
6 松方正義 1881年(明治14年)10月21日
‐ 1885年(明治18年)12月22日
薩摩閥

大藏大臣(舊憲法下)[编辑]

大日本帝國憲法下的大藏大臣
(兼)表示兼任,(臨兼)表示臨時兼任、(事)表示事務代理。

代数 姓名 內閣 在任期間 出身母体
1 松方正義 第1次伊藤內閣
黑田內閣
第1次山縣內閣
第1次松方內閣
1885年(明治18年)12月22日
‐ 1892年(明治25年)8月8日
薩摩閥
2 渡邊國武 第2次伊藤內閣 1892年(明治25年)8月8日
‐ 1896年(明治29年)3月17日
薩摩閥
3 松方正義(兼) 第2次伊藤內閣 1896年(明治29年)3月17日
‐ 1896年(明治29年)8月27日
薩摩閥
4 渡邊國武 第2次伊藤內閣 1896年(明治29年)8月27日
‐ 1896年(明治29年)9月18日
薩摩閥
5 松方正義(兼) 第2次松方內閣 1896年(明治29年)9月18日
‐ 1898年(明治31年)1月12日
薩摩閥
6 井上馨 第3次伊藤內閣 1898年(明治31年)1月12日
‐ 1898年(明治31年)6月30日
長州閥
7 松田正久 第1次大隈內閣 1898年(明治31年)6月30日
‐ 1898年(明治31年)11月8日
憲政黨
8 松方正義 第2次山縣內閣 1898年(明治31年)11月8日
‐ 1900年(明治33年)10月19日
薩摩閥
9 渡邊國武 第4次伊藤內閣 1900年(明治33年)10月19日
‐ 1901年(明治34年)5月14日
政友會
- 西園寺公望(臨兼) 第4次伊藤內閣 1901年(明治34年)5月14日
‐ 1901年(明治34年)6月2日
政友會
10 曾禰荒助 第1次桂內閣 1901年(明治34年)6月2日
‐ 1906年(明治39年)1月7日
長州閥
11 阪谷芳郎 第1次西園寺內閣 1906年(明治39年)1月7日
‐ 1908年(明治41年)1月14日
大藏省
12 松田正久 第1次西園寺內閣 1908年(明治41年)1月14日
‐ 1908年(明治41年)7月14日
政友會
13 桂太郎(兼) 第2次桂內閣 1908年(明治41年)7月14日
‐ 1911年(明治44年)8月30日
長州閥
14 山本達雄 第2次西園寺內閣 1911年(明治44年)8月30日
‐ 1912年(大正元年)12月21日
財界(日銀總裁勸銀總裁
15 若槻禮次郎 第3次桂內閣 1912年(大正元年)12月21日
‐ 1913年(大正2年)2月20日
大藏省→貴族院茶話會
16 高橋是清 第1次山本內閣 1913年(大正2年)2月20日
‐ 1914年(大正3年)4月16日
政友會
17 若槻禮次郎 第2次大隈內閣 1914年(大正3年)4月16日
‐ 1915年(大正4年)8月10日
貴族院茶話會
18 武富時敏 第2次大隈內閣 1915年(大正4年)8月10日
‐ 1916年(大正5年)10月9日
立憲同志會
19 寺內正毅(兼) 寺內內閣 1916年(大正5年)10月9日
‐ 1916年(大正5年)12月16日
長州閥
20 勝田主計 寺內內閣 1916年(大正5年)12月16日
‐ 1918年(大正7年)9月29日
貴族院研究會
21 高橋是清 原內閣
高橋內閣
1918年(大正7年)9月29日
‐ 1922年(大正11年)6月12日
政友會
22 市来乙彥 加藤友三郎內閣 1922年(大正11年)6月12日
‐ 1923年(大正12年)9月2日
日銀總裁
23 井上準之助 第2次山本內閣 1923年(大正12年)9月2日
‐ 1924年(大正13年)1月7日
日銀總裁→貴族院無所属
24 勝田主計 清浦內閣 1924年(大正13年)1月7日
‐ 1924年(大正13年)6月11日
貴族院研究會
25 濱口雄幸 加藤高明內閣
第1次若槻內閣
1924年(大正13年)6月11日
‐ 1925年(大正14年)6月3日
憲政會
26 早速整爾 第1次若槻內閣 1925年(大正14年)6月3日
‐ 1925年(大正14年)9月19日
憲政會
27 片岡直温 第1次若槻內閣 1925年(大正14年)9月19日
‐ 1927年(昭和2年)4月20日
憲政會
28 高橋是清 田中義一內閣 1927年(昭和2年)4月20日
‐ 1927年(昭和2年)6月2日
政友會
29 三土忠造 田中義一內閣 1927年(昭和2年)6月2日
‐ 1929年(昭和4年)7月2日
政友會
30 井上準之助 濱口內閣
第2次若槻內閣
1929年(昭和4年)7月2日
‐ 1931年(昭和6年)12月13日
立憲民政黨
31 高橋是清 犬養內閣
齋藤內閣
1931年(昭和6年)12月13日
‐ 1934年(昭和9年)7月8日
政友會
32 藤井真信 岡田內閣 1934年(昭和9年)7月8日
‐ 1934年(昭和9年)11月27日
大藏次官
33 高橋是清 岡田內閣 1934年(昭和9年)11月27日
‐ 1936年(昭和11年)2月27日
政友會
34 町田忠治(兼) 岡田內閣 1936年(昭和11年)2月27日
‐ 1936年(昭和11年)3月9日
民政黨
35 馬場鍈一 廣田內閣 1936年(昭和11年)3月9日
‐ 1937年(昭和12年)2月2日
勸銀總裁→貴族院研究會
36 結城豐太郎 林內閣 1937年(昭和12年)2月2日
‐ 1937年(昭和12年)6月4日
財界(興銀總裁日商會頭
37 賀屋興宣 第1次近衛內閣 1937年(昭和12年)6月4日
‐ 1938年(昭和13年)5月26日
大藏次官
38 池田成彬 第1次近衛內閣 1938年(昭和13年)5月26日
‐ 1939年(昭和14年)1月5日
財界(三井合名理事→日銀總裁)
39 石渡荘太郎 平沼內閣 1939年(昭和14年)1月5日
‐ 1939年(昭和14年)8月30日
大藏次官
40 青木一男 阿部內閣 1939年(昭和14年)8月30日
‐ 1940年(昭和15年)1月16日
大藏省局長→企画院總裁→貴族院研究會
41 櫻內幸雄 米內內閣 1940年(昭和15年)1月16日
‐ 1940年(昭和15年)7月22日
民政黨
42 河田烈 第2次近衛內閣 1940年(昭和15年)7月22日
‐ 1941年(昭和16年)7月18日
大藏次官→貴族院研究會
43 小倉正恒 第3次近衛內閣 1941年(昭和16年)7月18日
‐ 1941年(昭和16年)10月18日
財界(住友總理事→貴族院研究會)
44 賀屋興宣 東條內閣 1941年(昭和16年)10月18日
‐ 1944年(昭和19年)2月19日
元藏相
45 石渡荘太郎 東條內閣
小磯內閣
1944年(昭和19年)2月19日
‐ 1945年(昭和20年)2月21日
元藏相→貴族院研究會
46 津島寿一 小磯內閣 1945年(昭和20年)2月21日
‐ 1945年(昭和20年)4月7日
大藏次官→日銀副總裁→北支那開発總裁
47 廣瀨豐作 鈴木貫太郎內閣 1945年(昭和20年)4月7日
‐ 1945年(昭和20年)8月17日
大藏次官→律師→南方軍軍政顧問
48 津島寿一 東久邇宮內閣 1945年(昭和20年)8月17日
‐ 1945年(昭和20年)10月9日
元藏相
49 澁澤敬三 幣原內閣 1945年(昭和20年)10月9日
‐ 1946年(昭和21年)5月22日
財界(澁澤家当主第一銀行→日銀總裁)
50 石橋湛山 第1次吉田內閣 1946年(昭和21年)5月22日
‐ 1947年(昭和22年)5月24日
財界(東洋經濟新報主幹·社長)

大藏大臣(新憲法下)[编辑]

日本國憲法下的大藏大臣
(兼)表示兼任,(臨兼)表示臨時兼任、(事)表示事務代理。

代数 姓名 內閣 在任期間 出身母体等
- 片山哲(臨代) 片山內閣 1947年(昭和22年)5月24日
‐ 1947年(昭和22年)6月1日
日本社會黨
51 矢野庄太郎 片山內閣 1947年(昭和22年)6月1日
‐ 1947年(昭和22年)6月25日
民主黨 
52 栗栖赳夫 片山內閣 1947年(昭和22年)6月25日
‐ 1948年(昭和23年)3月10日
參議院緑風會
53 北村德太郎 蘆田內閣 1948年(昭和23年)3月10日
‐ 1948年(昭和23年)10月15日
民主黨
- 吉田茂(事) 第2次吉田內閣 1948年(昭和23年)10月15日
‐ 1948年(昭和23年)10月19日
民主自由黨
54 泉山三六 第2次吉田內閣 1948年(昭和23年)10月19日
‐ 1948年(昭和23年)12月14日
民主自由黨
- 大屋晉三(臨代) 第2次吉田內閣 1948年(昭和23年)12月14日
‐ 1949年(昭和24年)2月16日
民主自由黨 
55 池田勇人 第3次吉田內閣
第3次吉田第1次改造內閣
第3次吉田第2次改造內閣
第3次吉田第3次改造內閣
1949年(昭和24年)2月16日
‐ 1952年(昭和27年)10月30日
民主自由黨
自由黨
56 向井忠晴 第4次吉田內閣 1952年(昭和27年)10月30日
‐ 1953年(昭和28年)5月21日
民間(三井合名理事→貿易廳長官)
57 小笠原三九郎 第5次吉田內閣 1953年(昭和28年)5月21日
‐ 1954年(昭和29年)12月10日
自由黨
58 一萬田尚登 第1次鳩山一郎內閣 1954年(昭和29年)12月10日
‐ 1955年(昭和30年)3月19日
民間(日銀總裁)
59 第2次鳩山一郎內閣 1955年(昭和30年)3月19日
‐ 1955年(昭和30年)11月22日
日本民主黨
自由民主黨
60 第3次鳩山一郎內閣 1955年(昭和30年)11月22日
‐ 1956年(昭和31年)12月23日
61 池田勇人 石橋內閣 1956年(昭和31年)12月23日
‐ 1957年(昭和32年)2月25日
自由民主黨
62 第1次岸內閣 1957年(昭和32年)2月25日
‐ 1957年(昭和32年)7月10日
63 一萬田尚登 第1次岸改造內閣 1957年(昭和32年)7月10日
‐ 1958年(昭和33年)6月12日
自由民主黨
64 佐藤榮作 第2次岸內閣
第2次岸改造內閣
1958年(昭和33年)6月12日
‐ 1960年(昭和35年)7月19日
自由民主黨
65 水田三喜男 第1次池田內閣 1960年(昭和35年)7月19日
‐ 1960年(昭和35年)12月8日
自由民主黨
66 第2次池田內閣
第2次池田第1次改造內閣
1960年(昭和35年)12月8日
‐ 1962年(昭和37年)7月18日
67 田中角榮 第2次池田第2次改造內閣
第2次池田第3次改造內閣
1962年(昭和37年)7月18日
‐ 1963年(昭和38年)12月9日
自由民主黨
68 第3次池田內閣
第3次池田改造內閣
1963年(昭和38年)12月9日
‐ 1964年(昭和39年)11月9日
69 第1次佐藤內閣 1964年(昭和39年)11月9日
‐ 1965年(昭和40年)6月3日
70 福田赳夫 第1次佐藤第1次改造內閣
第1次佐藤第2次改造內閣
1965年(昭和40年)6月3日
‐ 1966年(昭和41年)12月3日
自由民主黨
71 水田三喜男 第1次佐藤第3次改造內閣 1966年(昭和41年)12月3日
‐ 1967年(昭和42年)2月17日
自由民主黨
72 第2次佐藤內閣
第2次佐藤第1次改造內閣
1967年(昭和42年)2月7日
‐ 1968年(昭和43年)11月30日
73 福田赳夫 第2次佐藤第2次改造內閣 1968年(昭和43年)11月30日
‐ 1970年(昭和45年)1月14日
自由民主黨
74 第3次佐藤內閣 1970年(昭和45年)1月14日
‐ 1971年(昭和46年)7月5日
75 水田三喜男 第3次佐藤改造內閣 1971年(昭和46年)7月5日
‐ 1972年(昭和47年)7月7日
自由民主黨
76 植木庚子郎 第1次田中角榮內閣 1972年(昭和47年)7月7日
‐ 1972年(昭和47年)12月22日
自由民主黨
77 愛知揆一 第2次田中角榮內閣 1972年(昭和47年)12月22日
‐ 1973年(昭和48年)11月23日
自由民主黨
- 田中角榮(臨代) 第2次田中角榮內閣 1973年(昭和48年)11月23日
‐ 1973年(昭和48年)11月25日
自由民主黨
78 福田赳夫 第2次田中角榮第1次改造內閣 1973年(昭和48年)11月25日
‐ 1974年(昭和49年)7月16日
自由民主黨
79 大平正芳 第2次田中角榮第1次改造內閣
第2次田中角榮第2次改造內閣
1974年(昭和49年)7月16日
‐ 1974年(昭和49年)12月9日
自由民主黨
80 三木內閣
三木改造內閣
1974年(昭和49年)12月9日
‐ 1976年(昭和51年)12月24日
81 坊秀男 福田赳夫內閣 1976年(昭和51年)12月14日
‐ 1977年(昭和52年)11月28日
自由民主黨
82 村山達雄 福田赳夫改造內閣 1977年(昭和52年)11月28日
‐ 1978年(昭和53年)12月7日
自由民主黨
83 金子一平 第1次大平內閣 1978年(昭和53年)12月7日
‐ 1979年(昭和54年)11月9日
自由民主黨
84 竹下登 第2次大平內閣 1979年(昭和54年)11月9日
‐ 1980年(昭和55年)7月17日
自由民主黨
85 渡邊美智雄 鈴木善幸內閣
鈴木善幸改造內閣
1980年(昭和55年)7月17日
‐ 1982年(昭和57年)11月27日
自由民主黨
86 竹下登 第1次中曾根內閣 1982年(昭和57年)11月27日
‐ 1983年(昭和58年)12月27日
自由民主黨
87 第2次中曾根內閣
第2次中曾根第1次改造內閣
第2次中曾根第2次改造內閣
1983年(昭和58年)12月27日
‐ 1986年(昭和61年)7月22日
88 宮澤喜一 第3次中曾根內閣 1986年(昭和61年)7月22日
‐ 1987年(昭和62年)11月6日
自由民主黨
89 竹下內閣 1987年(昭和62年)11月6日
‐ 1988年(昭和63年)12月9日
90 竹下登(兼) 竹下內閣 1988年(昭和63年)12月9日
‐ 1988年(昭和63年)12月24日
自由民主黨
91 村山達雄 竹下內閣
竹下改造內閣
1988年(昭和63年)12月24日
‐ 1989年(平成元年)6月3日
自由民主黨
92 宇野內閣 1989年(平成元年)6月3日
‐ 1989年(平成元年)8月10日
93 橋本龍太郎 第1次海部內閣 1989年(平成元年)8月10日
‐ 1990年(平成2年)2月28日
自由民主黨
94 第2次海部內閣
第2次海部改造內閣
1990年(平成2年)2月28日
‐ 1991年(平成3年)10月14日
95 海部俊樹(兼) 第2次海部改造內閣 1991年(平成3年)10月14日
‐ 1991年(平成3年)11月5日
自由民主黨
96 羽田孜 宮澤內閣 1991年(平成3年)11月5日
‐ 1992年(平成4年)12月12日
自由民主黨
97 林義郎 宮澤改造內閣 1992年(平成4年)12月12日
‐ 1993年(平成5年)8月9日
自由民主黨
98 藤井裕久 細川內閣 1993年(平成5年)8月9日
‐ 1994年(平成6年)4月28日
新生黨
99 羽田內閣 1994年(平成6年)4月28日
‐ 1994年(平成6年)6月30日
100 武村正義 村山內閣
村山改造內閣
1994年(平成6年)6月30日
‐ 1996年(平成8年)1月11日
新黨先驅
101 久保亘 第1次橋本內閣 1996年(平成8年)1月11日
‐ 1996年(平成8年)11月7日
參議院日本社會黨
社會民主黨
102 三塚博 第2次橋本內閣
第2次橋本改造內閣
1996年(平成8年)11月7日
‐ 1998年(平成10年)1月28日
自由民主黨
103 橋本龍太郎(兼) 第2次橋本改造內閣 1998年(平成10年)1月28日
‐ 1998年(平成10年)1月30日
自由民主黨
104 松永光 第2次橋本改造內閣 1998年(平成10年)1月30日
‐ 1998年(平成10年)7月30日
自由民主黨
105 宮澤喜一 小淵內閣
小淵第1次改造內閣
小淵第2次改造內閣
1998年(平成10年)7月30日
‐ 2000年(平成12年)4月5日
自由民主黨
106 第1次森內閣 2000年(平成12年)4月5日
‐ 2000年(平成12年)7月4日
107 第2次森內閣
第2次森改造內閣
2000年(平成12年)7月4日
‐ 2001年(平成13年)1月6日

大字表示該人曾出任內閣總理大臣。

財務大臣[编辑]

中央省廳再編後的財務大臣

代数 姓名 內閣 在任期間 出身母体等
1 宮澤喜一 第2次森改造內閣 (中央省廳再編後) 2001年(平成13年)1月6日 - 2001年(平成13年)4月26日 自由民主黨
2 鹽川正十郎 第1次小泉內閣
第1次小泉第1次改造內閣
2001年(平成13年)4月26日 - 2003年(平成15年)9月22日 自由民主黨
3 谷垣禎一 第1次小泉第2次改造內閣 2003年(平成15年)9月22日 - 2003年(平成15年)11月19日 自由民主黨
4 第2次小泉內閣
第2次小泉改造內閣
2003年(平成15年)11月19日 - 2005年(平成17年)9月21日
5 第3次小泉內閣
第3次小泉改造內閣
2005年(平成17年)9月21日 - 2006年(平成18年)9月26日
6 尾身幸次 第1次安倍內閣 2006年(平成18年)9月26日 - 2007年(平成19年)8月27日 自由民主黨
7 額賀福志郎 第1次安倍改造內閣 2007年(平成19年)8月27日 - 2007年(平成19年)9月26日 自由民主黨
8 福田康夫內閣 2007年(平成19年)9月26日 - 2008年(平成20年)8月2日
9 伊吹文明 福田康夫改造內閣 2008年(平成20年)8月2日 - 2008年(平成20年)9月24日 自由民主黨
10 中川昭一 麻生內閣 2008年(平成20年)9月24日 - 2009年(平成21年)2月17日
內閣府特命擔當大臣金融擔當)兼務
自由民主黨
11 与謝野馨 麻生內閣 2009年(平成21年)2月17日 - 2009年(平成21年)9月16日
內閣府特命擔當大臣金融擔當經濟財政政策擔當大臣)兼務
自由民主黨
12 藤井裕久 鳩山由紀夫內閣 2009年(平成21年)9月16日 -2010年(平成22年)1月7日
民主黨
13 菅直人 鳩山由紀夫內閣 2010年(平成22年)1月7日 - 2010年(平成22年)6月8日
副總理內閣府特命擔當大臣經濟財政政策擔當大臣)兼務
民主黨
14 野田佳彥 菅內閣
菅第1次改造內閣
菅第2次改造內閣
2010年(平成22年)6月8日 - 2011年(平成23年)9月2日 民主黨
15 安住淳 野田內閣
野田第1次改造內閣
野田第2次改造內閣
2011年(平成23年)9月2日- 2012年(平成24年)10月1日 民主黨
16 城島光力 野田第3次改造內閣 2012年(平成24年)10月1日 -2012年(平成24年)12月26日 民主黨
17 麻生太郎 第2次安倍內閣 2012年(平成24年)12月26日 - 自由民主黨

大字表示該人曾出任內閣總理大臣。

參見[编辑]

外部鏈接[编辑]