野间文艺奖

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
野间文艺奖
表彰對象 小说评论
主辦單位 财团法人夜间文化财团讲谈社
國家或地區  日本
首次頒發 1941年
官方網站

野间文艺奖日语野間文芸賞)由日本讲谈社初代社长、野间清治的遗愿设立,财团法人野间文化财团主办的文学奖。它主要颁发给小说家评论家纯文学奖项。

历史[编辑]

  • 1941年,财団法人野间奉公会设立和颁奖,二战时曾经中断。
  • 1953年,野间文芸奖重开。

历届得奖者[编辑]

第1回到第10回[编辑]

第11回到第20回[编辑]

第21回到第30回[编辑]

第31回到第40回[编辑]

第41回到第50回[编辑]

第51回到第60回[编辑]

  • 第51回(1998年) 津岛佑子火の山―山猿记
  • 第52回(1999年) 清冈卓行 『マロニエの花が言った』
  • 第53回(2000年) 林京子 『长い时间をかけた人间の経験』
  • 第54回(2001年) 濑户内寂聴 『场所』
  • 第55回(2002年) 高井有一 『时の潮』
  • 第56回(2003年) 竹西宽子 『赠答のうた』
  • 第57回(2004年) 辻井乔 『父の肖像』
  • 第58回(2005年) 村上龙半岛を出よ
  • 第59回(2006年) 黑井千次 『一日 梦の栅』
  • 第60回(2007年) 佐伯一麦 『ノルゲ Norge』

第61回到第70回[编辑]

  • 第61回(2008年) 町田康 『宿屋めぐり』
  • 第62回(2009年) 奥泉光 『神器 军舰『橿原』杀人事件』
  • 第63回(2010年) 村田喜代子 『故郷のわが家』
  • 第64回(2011年) 多和田叶子 『雪の练习生』

评选委员[编辑]

  • 第10到14回-石坂洋次郎伊藤整龟井胜一郎川口松太郎川端康成中岛健蔵丹羽文雄舟桥圣一吉川英治 
  • 第21回-石坂、伊藤、井上靖大冈昇平河上彻太郎、川口、中岛、中村光夫、丹羽、平野谦、舟桥
  • 第24到29回-石坂、井上、大冈、河上、川口、中岛、中村、丹羽、平野、舟桥、安冈章太郎
  • 第30回-石坂、井上、大冈、川口、中岛、中村、丹羽、平野、安冈
  • 第32回 - 石坂、井上、川口(书面解答)、佐多稲子、中村、丹羽、安冈
  • 第33回到第35回 - 井上、川口、佐多、中村、丹羽、安冈、吉行淳之介
  • 第36回到第37回 - 井上、大江健三郎(第36回欠席)、川口、佐多、中村、丹羽、安冈、吉行
  • 第38回到第39回 - 井上(第39回欠席)、远藤周作、大江、佐多、中村(第39回欠席)、丹羽、安冈、吉行
  • 第40回 - 井上、远藤、大江、佐多、三浦哲郎、丹羽(欠席)、安冈、吉行
  • 第41回到第43回 - 井上(第42回以降欠席)、远藤、大江、佐多(第41回不参加、第43回欠席)、丸谷才一、三浦(第41回不参加)、安冈(第41回不参加)、吉行
  • 第44回到第46回 - 远藤(第45回以降欠席)、大江、大庭美奈子川村二郎、丸谷、三浦、安冈、吉行
  • 第47回到第48回 - 江藤淳、大江(第48回欠席・书面回答)、大庭、川村、三浦、安冈
  • 第49回 - 江藤、大江、大庭(欠席)、川村、河野多恵子、三浦、安冈
  • 第50回到第51回 - 江藤(第51回欠席)、大江、大庭(第50回以降欠席)、川村、河野、坂上弘日野啓三、三浦、安冈
  • 第52回 - 大江、川村、河野、坂上、日野、三浦、安冈
  • 第53回 - 秋山骏、大江、川村、河野、坂上、津岛佑子、日野、三浦(欠席)、安冈
  • 第54回到第55回 - 秋山、川村、河野、坂上、津岛、日野(欠席、书面回答)、三浦(第54回欠席、第55回欠席・书面回答)、安冈
  • 第56回到第58回 - 秋山、川村、河野(第58回欠席)、坂上、津岛(第58回欠席)、三浦(第57回欠席)
  • 第59回到第60回 - 秋山、川村、坂上、高树信子(第59回欠席)、高桥源一郎、津岛、三浦(第59回欠席)
  • 第61回 - 秋山骏、坂上弘、高树のぶ子、高桥源一郎、津岛佑子、三浦哲郎
  • 第62回 - 秋山骏、坂上弘、高树のぶ子、高桥源一郎、津岛佑子
  • 第63回 - 秋山骏、佐伯一麦、坂上弘、高桥源一郎、津岛佑子
  • 第64回 - 秋山骏、奥泉光、佐伯一麦、坂上弘、高桥源一郎、津岛佑子、町田康

外部链接[编辑]