青青校樹

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

青青校樹》是中文畢業歌曲(驪歌),臺灣光復之後將日語畢業歌曲《仰げば尊し》(仰望師恩)改填中文歌詞而來。旋律簡單富親切感,為學子共同記憶。解嚴後社會開放多元,使用漸少。

歷史[编辑]

長年以來原曲作者不詳,經常被認為是源自蘇格蘭民謠。一橋大學榮譽教授櫻井雅人於2011年1月確認到,一首名為〈Song for the Close of School〉[1]的歌曲,收錄在1871年美國出版的樂譜《The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle.》[2][3]。由於該書原則上只收第一次記載的歌曲,旋律延音的位置也如出一轍,因此視該曲為原曲。書中記載作曲者為H. N. D.,作詞者為T.H. Brosnan[4][5][6][7]。如何傳入日本仍是個謎。

"The Song Echo" front cover by H.S. Perkins (1871)
"Song for the close of school" (page 141) in "Song Echo" by H.S. Perkins (1871)

於日本,從明治到大正,乃至昭和年代,經常都是學校畢業典禮的指定歌曲。在台灣也長年為畢業時必唱歌曲,電影《冬冬的假期》開場就使用了此曲,顯示本曲深植人心。1945年臺灣光復之後,將日治時期使用的歌曲,改填中文歌詞繼續使用,歌詞中添增許多民族與政治色彩。

歌詞[编辑]

日語歌詞 中文歌詞
  1. 仰げば 尊し 我が師の恩
    教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ)
    思えば いと疾(と)し この年月(としつき)
    今こそ 別れめ いざさらば
  2. 互(たがい)に睦(むつみ)し 日ごろの恩
    別(わか)るる後(のち)にも やよ 忘るな
    身を立て 名をあげ やよ 励めよ
    今こそ 別れめ いざさらば
  3. 朝夕 馴(な)れにし 学びの窓
    蛍の灯火(ともしび) 積む白雪(しらゆき)
    忘るる 間(ま)ぞなき ゆく年月
    今こそ 別れめ いざさらば
  1. 青青校樹 萋萋庭草 欣霑化雨如膏
    筆硯相親 晨昏歡笑 奈何離別今朝
    世路多歧 人海遼闊 揚帆待發清曉
    誨我諄諄 南針在抱 仰瞻師道山高
  2. 青青校樹 灼灼庭花 記取囊螢窗下
    琢磨幾載 羨君玉就 而今光彩煥發
    鵬程萬里 才高志大 佇看負起中華
    聽唱驪歌 難捨舊雨 何年重遇天涯
  3. 青青校樹 烈烈朝陽 宗邦桑梓重光
    海陸天空 到處開放 男兒志在四方
    民主共和 自由平等 任憑農工兵商
    去去建樹 前行後繼 提攜同上康莊
原詞 日譯 中譯
1 We part today to meet, perchance, Till God shall call us home;
And from this room we wander forth, Alone, alone to roam.
And friends we've known in childhood's days May live but in the past,
But in the realms of light and love May we all meet at last.
私たちは今日別れ、まためぐり逢う、きっと、神が私たちをその御下へ招く時に。
そしてこの部屋から私たちは歩み出て、自らの足で一人さまよう。
幼年期から今日までを共にした友は、生き続けるだろう、過去の中で。
しかし、光と愛の御国で、最後には皆と再会できるだろう。
今朝離別,終將再會,或是蒙主寵召之時
2 Farewell old room, within thy walls No more with joy we'll meet;
Nor voices join in morning song, Nor ev'ning hymn repeat.
But when in future years we dream Of scenes of love and truth,
Our fondest tho'ts will be of thee, The school-room of our youth.
さよなら古き部屋よ、汝の壁の内で、楽しく集うことはもう無い。
朝に声を揃えて歌うことも、午後の賛美歌も、もう繰り返すことはない。
だが、幾年も後の未来に、私たちは愛と真実の場を夢見る。
私たちの最も大切な思い出は、汝、幼き日々の教室となるのだろう。
3 Farewell to thee we loved so well, Farewell our schoolmates dear;
The tie is rent that linked our souls In happy union here.
Our hands are clasped, our hearts are full, And tears bedew each eye;
Ah, 'tis a time for fond regrets, When school-mates say "Good Bye."
さよなら私たちがかく愛した汝よ、さよなら親愛なる級友たちよ。
私たちの魂を、幸せなひとつの繋がりとしてきた絆は解かれた。
私たちの手は固く握られ、心は満ち、そして目には涙をたたえ。
ああ、これぞ惜別の時、級友たちの言葉は「さよなら」。

翻唱版本[编辑]

日語版

  • 1984年(昭和59年),、パンク・ロックバンドザ・スターリン」のボーカルであった遠藤ミチロウがこの楽曲をパンク・ロック調でカバーした。
  • 1995年(平成7年),SMAP於單曲《KANSHAして》中的CW曲翻唱。途中でメンバーによるラップも入るなど軽快な曲としてアレンジされている。
  • 2008年(平成20年)2月在日本出道的中國女性歌手殷瑜琼日语ジェイド・イン,於官方網站上發布翻唱曲。
  • 2009年(平成21年)12月發售,井上堯之的專輯《COMEBACK》收錄翻唱曲。
  • 2011年(平成23年)10月發售的專輯《『日常』の合唱曲》,由佐咲紗花翻唱。
  • 2012年(平成24年)2月發售的專輯《六弦心》,由專輯製作人山本恭司以吉他獨奏翻唱。

中文版

  • 1993年8月發售的專輯《一天到晚游泳的魚》,張雨生於〈勿忘我〉翻唱惡搞版本第一段
  • 專輯《生活‧聲活》,蕭人鳳翻唱

參考文獻[编辑]

  1. ^ 原歌曲的midi
  2. ^ Perkins, Henry Southwick; T.H. Brosnan, H. N. D. The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle. 美國紐約州紐約市曼哈頓區百老匯599街: J. L. Peters. 1871年: p.141. 
  3. ^ Perkins, Henry Southwick; T.H. Brosnan, H. N. D. Song for the Close of School (PDF). The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle. J. L. Peters. p.141. 1871年 [2011-01-25] (英語). 
  4. ^ 斎藤, 基彦. 小学唱歌集( 初編・第二編・第三編)第五十三 あふげば尊し. Moto Saitoh's Home Page. 2011年1月 [2011-01-25]. "桜井私信:2010. 01. 16" 
  5. ^ 斎藤, 基彦. "Songs for Primary Schools"Volume I, II and III No. 53. Aogeba tohtoshi (Respectful). Moto Saitoh's Home Page. 2011年1月 [2011-01-25] (English). "Sakurai: private communication 16 Jan., 2011" 
  6. ^ 春山陽一. 「唱歌集最大の謎」解明 あおげば尊し、元は米国の曲. asahi.com. 朝日新聞社. 2011-01-24 [2011-01-24]. (原始内容存档于2011-01-25) (日本語). "同書が基本的に初出の曲を載せているので、桜井さんは「原曲に間違いない」とみている。 作詞はT・H・ブロスナン、作曲者はH・N・Dとあったが、どのような人物かはっきりしない。" 
  7. ^ 共同通信. 「あおげば尊し」原曲の楽譜発見 19世紀米国の歌. 47NEWS. 全国新聞ネット. 2011-01-24 [2011-01-25] (日本語). "旋律もフェルマータの位置も「あおげば尊し」と全く同じという。" 

外部連結[编辑]

Wikisource-logo.svg
维基文库中相关的原始文献: