高桥是清

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
高桥是清
Korekiyo Takahashi.jpg
任期
1921年11月13日-1922年6月12日
君主 大正天皇
前任 原敬
繼任 加藤友三郎
个人资料
出生 1854年9月19日(1854-09-19)
 日本江戶(今東京都
逝世 1936年2月26日(81歲)
 日本東京市
政黨 立憲政友會
日語寫法
日語原文 高橋 是清
假名 たかはし これきよ
平文式罗马字 Takahashi Korekiyo

高桥是清(1854年9月19日-1936年2月26日)是第20届日本内阁总理大臣、第7届日本银行总裁。在冈田启介内阁任大藏大臣时,因反对为扩军而增加财政支出而被日本陆军所嫉恨,二二六事件被陆军兵变士兵暗杀

1941年,東京赤坂的高橋邸,改建為高橋是清翁紀念公園

年譜[编辑]

衆議院議員選舉初當選之後與家族攝影的記念照片(1924年)

※日期至明治4年均採用舊曆。

  • 嘉永7年(1854年)閏7月27日:出生於江戸芝中門前町(現東京都港區)為幕府繪師川村庄右衛門嫡生子。出生後很快的以仙台藩足輕高橋覺治為監護人作其養子
  • 元治元年(1864年):在横濱赫本夫人家塾學習。
  • 慶應2年(1866年):任英國人山德的書僮
  • 慶應3年(1867年):赴美在奥克兰一面奴隸式的勞動一面讀書。
  • 明治元年(1868年)12月:歸國任森有禮書生
  • 明治2年(1869年)
    • 1月:入學大學南校。
    • 3月:大學南校教官三等手傳。
  • 明治3年(1870年秋頃:辭任教官過著放蕩生活。
  • 明治4年(1871年):任唐津藩英語學校耐恒寮教員。
  • 明治5年(1872年)秋:辭任耐恒寮教員後上京。很快辭掉驛遞寮翻譯一職。入學開成學校
  • 明治6年(1873年)7月:任文部省督學局十等出仕莫里博士通譯。
  • 明治9年(1876年)5月:受僱為官立東京英語學校教員。
  • 明治10年(1877年)3月:辭任東京英語學校教員。任翻譯・預備校(共立學校)教師等職。
  • 明治11年(1878年)9月:受僱為東京大學預備門英語教員。
  • 明治14年(1881年)
    • 4月:文部省御用掛轉兼任東京大學預備門教員。
    • 5月:轉任農商務省御用掛。
  • 明治17年(1884年)
    • 7月:任農商務權少書記官。
    • 10月:農商務省工務局商標登錄所長。
  • 明治18年(1885年)
    • 4月:専賣特許所長兼務。
    • 11月:為商標登録専賣特許制度視察出差歐美各國。 
  • 明治20年(1887年)12月:特許局長。
  • 明治22年(1889年)
  • 明治23年(1890年)
    • 1月:抵達秘魯卡亞俄港。
    • 2月:進行「卡拉瓦庫拉」礦山開坑式。
    • 3月:礦山被發現為廢坑。
    • 4月:歸國途中。
  • 明治25年(1892年)6月:日本銀行建築所事務主任。
  • 明治26年(1893年)9月:日銀支配役・西部支店長。
  • 明治28年(1895年)8月:横濱正金銀行本店支配人。
  • 明治30年(1897年)3月:横濱正金銀行副頭取。
  • 明治32年(1899年)2月:任日本銀行副總裁。
  • 明治38年(1905年)1月:勅選貴族院議員。
  • 明治40年(1907年)9月:依勲功授爵男爵
  • 明治44年(1911年)6月:任日本銀行總裁
  • 大正2年(1913年)2月:就任大藏大臣立憲政友會入黨。
  • 大正3年(1914年)4月:依願免本官。
  • 大正7年(1918年)9月:再任大藏大臣。
  • 大正9年(1920年)9月:陞爵子爵
  • 大正10年(1921年)11月:就任内閣總理大臣兼大藏大臣 任政友會總裁。
  • 大正13年(1924年)
  • 大正14年(1925年)4月:就任商工大臣農林大臣。辭任政友會總裁。
  • 昭和2年(1927年)4月:再任大藏大臣。
  • 昭和6年(1931年)12月:再任大藏大臣。
  • 昭和7年(1932年)5月:臨時兼任總理大臣。
  • 昭和9年(1934年)11月:再任大藏大臣。
  • 昭和11年(1936年)2月26日:於赤坂自宅二樓被暗殺、死去。享年82。

系譜[编辑]

是清━━┳是賢━━━━━━┳賢一━━┳秀昌━━┳秀幸
    ┣是福━━福子  ┣照   ┣禮子  ┣昌子
    ┣和喜子     ┣豊二  ┗康秀  ┗宣子
    ┣是孝      ┣艶
    ┗是彰      ┣康三
             ┗多恵

著作[编辑]

  • 『高橋是清、山県有朋経済問題論争』
(口述記録.高橋是清・山縣有朋千倉書房、1911年、再刊1936年)
  • 『立身の径路』(丸山舎書籍部、1912年)
  • 『処世一家言 半生の体験』(今日の問題社、1936年)
  • 『半生の体験 世に処する道』(今日の問題社、1936年)
  • 『随想録』(上塚司編、千倉書房、1936年)
  • 『高橋是清自伝』(上塚司編、斗南書院、1936年)
  • 『高橋是清経済論』(上塚司編、千倉書房、1936年)
  • 『国策運用の書』(山崎源太郎編、斗南書院、1936年)
    • 『高橋是清の日本改造論 ― “デフレ大恐慌” のいま、死中に活路を見い出す』
       (山崎源太郎編、矢島裕紀彦・再々編、青春出版社、1998年)、ISBN 978-4413031240
  • 『是清翁遺訓 日本国民への遺言』(大久保康夫編)
     (三笠書房、1936年、小冊子版、1938年/皇文社、1938年)

傳記文獻[编辑]

扮演高橋是清的演員[编辑]

關連項目[编辑]

外部連結[编辑]

官衔
前任:
原敬
日本 日本內閣總理大臣
第20任:1921年-1922年
繼任:
加藤友三郎
前任:
若槻禮次郎
勝田主計
片岡直溫
井上準之助
藤井真信
日本 日本大藏大臣
第16任:1913年-1914年
第21任:1918年-1922年
第28任:1927年
第31任:1931年-1934年
第33任:1934年-1936年
繼任:
若槻禮次郎
市來乙彥
三土忠造
藤井真信
町田忠治
前任:
橫田千之助
日本 日本司法大臣
1925年(臨時兼任)
繼任:
小川平吉
前任:
設立
日本 日本商工大臣
第1任:1925年
繼任:
野田卯太郎
前任:
設立
日本 日本農林大臣
第1任:1925年
繼任:
岡崎邦輔
前任:
前田利定
日本 日本農商務大臣
第35任:1924年-1925年
繼任:
廢除
政党职务
前任:
原敬
日本 立憲政友會總裁
第4任:1925年-1929年
繼任:
田中義一
其他職務
前任:
松尾臣善
日本 日本銀行總裁
第7任:1911年-1913年
繼任:
三島彌太郎