四大奇書

維基百科,自由的百科全書
跳轉到: 導覽搜尋

四大奇書有數種說法。

中國章回小說[編輯]

中國章回小說水滸傳》、《三國演義》、《金瓶梅》、《西遊記》的合稱,李漁曰:「馮夢龍亦有四大奇書之目,曰三國也,水滸也,西遊與金瓶梅也。」據李漁所說,是由末著名文學家馮夢龍所定。代前期書店繼續流傳此說法[1]中期乾隆年間(1736年 - 1795年)逐漸確立[2]民國時代的知名作家魯迅,贊同馮夢龍的看法。

日本推理四大奇書[3][4][編輯]

日本推理小說有三大奇書之說,包含夢野久作的《腦髓地獄》、小栗蟲太郎的《黑死館殺人事件》和中井英夫的《獻給虛無的供物》被稱為「日本三大推理奇書」[5][6]、「日本異端文學史三大偉業」、「日本偵探小説三大高峰」[7]、「日本本格偵探小説三大高峰」[8][9]

三大奇書後來加上竹本健治的《匣中失樂》,便成為日本推理四大奇書[10]

參見[編輯]

參考文獻[編輯]

參考資料[編輯]

  1. ^ 『「四大奇書」の研究』(小松謙、汲古書院、2010年、ISBN 9784762928857)序。
  2. ^ 『明代小説四大奇書』(浦安迪(Andrew.H.Plaks)、中國和平出版社、1993年)第一章「文人小説的歴史背景」。
  3. ^ 台灣版『匣の中の失楽』帯參照[1]
  4. ^ 台灣版『匣の中の失楽』に付された島崎博による解説は「四大推理奇書之四・《匣中的失樂》」と題されている。
  5. ^ 日本の推理小説界で「三大奇書」および「四大奇書」という言葉が使われた古い例としては、二上洋一「日本探偵小説界の三大奇書と言えば、小栗蟲太郎創る所の「黒死館殺人事件」、更には、夢野久作これを描く「ドグラ・マグラ」、次いで、塔晶夫こと中井英夫が生み出した「虛無への供物」を指し、更に又、「幻影城」主、島崎博編集長の言葉によれば、若きノヴェリスト竹本健治の「匣の中の失楽」を入れて、日本探偵小説四大奇書と呼ぶのだそうな。」(竹本健治『匣の中の失楽』(雙葉文庫、2002年10月)p.663より引用、初出:『幻影城』1978年10月號、初出時は金田一郎名義)
  6. ^ 韓國版『虛無への供物』によせた出版社の紹介文參照[2]
  7. ^ 笠井潔「竹本健治の『匣の中の失楽』を読むと、ごく自然に、日本探偵小説の三大巨峰をなす『黒死館殺人事件』、『ドグラ・マグラ』、『虛無への供物』といった作品のことを連想してしまう。」(『週刊読書人』1984年2月6日號より)
  8. ^ 韓國版『ドグラ・マグラ』によせた出版社の紹介文參照[3]
  9. ^ 笠井潔「完全犯罪としての作品」(初出:『幻想文學』9號(1984年12月))より(『物語のウロボロス』(築摩書房、1988年)に所収)
  10. ^ 外部リンク「四大奇書完結--匣中的失樂」參照