三韩征伐

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

三韩征伐,是指相傳神功皇后朝鲜半岛新罗出兵,使得朝鲜半岛的广大地域都诚服归降倭国的统治。神功皇后是仲哀天皇的皇后,应神天皇的生母。新罗投降后,朝鲜半岛的三韩还剩下的两个国家(百济高句丽)也被倭国统治。

各国史书记录相关[编辑]

关于不同时期的三韩及新罗[编辑]

新罗是公元前2世纪到4世纪存在的辰韩的12个国家其中一个发展而来。中国史书《三国志》,《后汉书》将朝鲜半岛南部的辰韩,马韩及弁韩合称为三韩。 随着朝鲜半岛的新的国家诞生或消亡,《日本書紀》和 《唐书》,将朝鲜半岛南部的百济,新罗以及北部的高句丽合称为三韩。辰韩也称做秦韩,是一个由中国秦朝逃脱劳役和战乱的秦人组成的国家。语言和秦人很相似(《晋书》辰韩传以及《北史》新罗传)。

概史年表[编辑]

以下是根据各国史书为基准,关于三韩征伐的有关史料。

  • 新罗第一代王 赫居世居西干 時代(在位:公元前57年 - 4年)
    • 紀元前50年、倭人が侵攻してくるが、赫居世王の説得に応じて倭軍は撤退する。また重臣に、もとは倭人の瓠公がいた[15]。
  • 2代王南解次次雄の時代(在位:4年 - 24年)
    • 14年には倭人が兵船100艘余りで攻め寄せ、海岸の民家を略奪した[15]。これに対して六部の精兵を派遣したところ、手薄になった首都を楽浪軍に攻められた。しかし、流星が楽浪軍の陣に落ちたため、彼らは恐れて引き上げたという。さらに六部の兵を送って追撃させたが、賊軍が多いので追撃は中止となった[15]。
  • 第4代新羅王の脱解王の時代(在位57年-80年)

脱解王は倭国から東北一千里の多婆那国の王の子といわれ[15]、この多婆那国は竜神信仰を持っていたことや交易関係などから、日本列島の丹波国に比定される事が多い[17]、脱解王の出身氏族である昔氏は倭国と交易していた倭人の氏族とされる[18]。

    • 73年、倭人が木出島(慶尚南道蔚山広域市の目島[19])に進入してきたので、角干(1等官の伊伐飡の別名)の羽烏(うう)を派遣したが敗れ、羽烏は戦死した[15]。
    • 77年には伽耶と戦って大勝した阿飡(6等官)の吉門を波珍飡(4等官)に引き上げた[15]。

倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事[编辑]

从413年到478年,倭国的倭五王向东晋南朝宋朝贡,换取对朝鲜半岛南部的倭国的支配权。438年继承倭国王讃的弟弟珍继承倭国王,同一年4月南朝宋的文帝委任珍为安东将军倭国王。451年珍之后的继承王位的,又得到南朝宋文帝的【使持節、都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事】的封号。

其他史书的关联[编辑]