会津八一

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
日語寫法
日語原文会津 八一
假名あいづ やいち
平文式罗马字Aizu Yaichi

会津八一(1881年8月1日 - 1956年11月21日)日本詩人書法家歷史學家

会津八一出生於日本新潟縣新潟市,為東京早稻田大學名譽教授,他的研究重點為日本飛鳥時代奈良時代佛教藝術

1926年,会津八一提議在早稻田大學設置美術史博物館,後來收集了大量的作品。

著作[编辑]

  1. 研究 上
  2. 研究 中
  3. 研究 下
  4. 短歌 上
  5. 短歌 下
  6. 俳句・俳論
  7. 随筆
  8. 書簡 上
  9. 書簡 中
  10. 書簡 下
  11. 日記・初期文章・雑纂
  12. 雑纂ほか 書誌/年譜・索引

歌集[编辑]

  • 『會津八一全歌集』(中央公論社、新版1986年)
  • 『自註 鹿鳴集』[3]新潮文庫、1969年、解説宮川寅雄岩波文庫、1998年、解説植田重雄
    • 『鹿鳴集 歌集』(短歌新聞社文庫、1995年)
  • 吉野秀雄 『鹿鳴集歌解』(中公文庫、1981年)[4] 
  • 原田清 『會津八一 鹿鳴集評釈』(東京堂出版、1998年)[5]
    • 『會津八一 寒燈集評釈』(東京堂出版、2001年)
    • 『會津八一 山光集評釈』(東京堂出版、2002年)
  • 村尾誠一『会津八一 奈良大和を愛し、古寺巡礼の歌を詠う』(「コレクション日本歌人選068」笠間書院、2019年)

手紙・書[编辑]

  • 『秋艸道人會津八一書簡集』(植田重雄[6] 編著、恒文社 1991年) 
    『會津八一の般若心経』(八吾の会 2008年)
    『會津八一の絵手紙』(小池邦夫編 二玄社 2003年)、図版本
  • 『秋艸道人會津八一墨蹟』 新潟市立會津八一記念館編 
    図版本の大著でかな、漢字、書簡・原稿の全3冊 (二玄社 2002年)
  • 『會津八一とゆかりの地 歌と書の世界』(和光慧編著[7]、二玄社 2000年)
  • 『會津八一題簽録』(高橋文彦・財前謙編、武蔵野書院 2005年)

脚注[编辑]

  1. ^ 『全集』旧版は全10巻、1950年代・60年代・70年代の各後半に刊行した。
  2. ^ 大橋一章 『會津八一』(中公叢書、2015年)がある。
  3. ^ 1960年に中央公論社で、1965年に中央公論美術出版で、各・改訂刊行。
  4. ^ 『秋艸道人會津八一』(春秋社 2冊組、1980年、新版1993年)に収録。両者の評伝に伊丹末雄『会津八一と吉野秀雄』(青簡舎、2011年)。なお春秋社では、喜多上『會津八一の歌境』(1993年)ほか数冊が刊行。
  5. ^ 各・作品とも、八一自身の仮名表記「歌集」を、漢字かな混りに改め、詳しい注と鑑賞を施す試みを行った。著者による研究は『會津八一 人生と芸術』(砂子屋書房、2004年、第3回日本歌人クラブ評論賞受賞)、および『私説会津八一』(近代文芸社、1996年)がある。
  6. ^ 編者の植田重雄は会津の門下生。会津関連の著作に『秋艸道人會津八一の学芸』(清流出版 2005年)、『秋艸道人會津八一の生涯』と『秋艸道人會津八一の芸術』(いずれも恒文社)がある。
  7. ^ 和光慧『定本 会津八一の名歌 古都奈良の詩情』(和泉書院、1998年)がある。また二玄社で、『會津八一と奈良 歌と書の世界』(西世古柳平解説、写真入江泰吉、1992年)がある。

外部連結[编辑]

早稻田大學会津博物館