兒玉德太郎

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

兒玉 德太郎日語:こだま とくたろう、1856年6月24日(安政3年5月22日) - 1905年(明治38年)10月27日)為日本陸軍軍人。最終階級為陸軍少將

經歷[编辑]

和歌山縣出身。生於紀州藩士家。1875年(明治8年)1月、任官陸軍少尉。1894年(明治27年)8月、就任臨時鐵道隊長。翌年2月、晉升工兵大佐

1896年(明治29年)4月、任工兵會議審査官。1899年(明治32年)10月、轉任對馬警備隊司令官。1900年(明治33年)4月、進級陸軍少將

1901年(明治34年)6月、就任工兵會議議長。1903年(明治36年)5月、任陸軍築城部本部長。1904年(明治37年)2月、派令任第1軍工兵部長,日俄戰爭隨軍出征參戰,於遼陽陣亡。

之後依其功勳、1907年(明治40年)10月2日、追贈其子兒玉清雄為男爵

參見[编辑]

參考文獻[编辑]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。