军事工业复合体

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

軍事工業複合體(英語:Military-Industrial ComplexMIC),也称军事工业国会复合体Military-Industrial-Congressional ComplexMICC),中文簡稱軍工複合體,是指一國軍隊軍事工業政治經濟利益過於緊密而成的共生關係[1]。軍隊過份仰賴私營軍火企業提供軍需,私人國防工業會以政治及經濟手段(例如遊說國會議員,指支持軍工企業發展可為地方帶來大量就業機會)確保政府提供足夠預算,甚至為推銷武器而鼓動政府高層發動戰爭,令該國的軍事開支巨大。此名詞最常被用於美國,由第34任美國總統德怀特·戴维·艾森豪威尔在1961年的总统告别演说中首創。

作為一個貶義詞,軍事工業複合體主要用於美國的情境,這共生關係由國防承包商(軍事工業)、五角大廈(軍隊)以及美國政府立法部門行政部門)的要角所構成的聯合壟斷;此聯合壟斷關係為發「戰爭財」來獲取暴利,因而常與公眾利益相違背,發動或促進不需要(甚至有危害)的戰爭或軍事行動,在國際關係上可能引發不必要的軍備競賽及武器擴散。軍事工業複合體的貶義,主要來自於這種聯合壟斷的政經關係不受民主程序的監督、反省及控制。[2]


參考來源[编辑]

  1. ^ MILITARY-INDUSTRIAL COMPLEX English Definition and Meaning | Lexico.com. Lexico Dictionaries | English. [2022-02-26]. (原始内容存档于2021-12-14) (英语). 
  2. ^ Bacevich, Andrew J. The Long War: A New History of U.S. National Security Policy Since World War II. Columbia University Press https://web.archive.org/web/20220415071343/https://books.google.com/books?id=NCWtAgAAQBAJ&pg=PA335#v=onepage&q&f=false. 2009-06-22 [2022-02-26]. ISBN 978-0-231-13159-9. (原始内容存档于2022-04-15) (英语).  缺少或|title=为空 (帮助)

参考文献[编辑]

  • 防衛大学校・防衛学研究会『軍事学入門』かや書房
  • 松井茂『世界軍事学講座』新潮社
  • アーサー・シュレジンガー『アメリカ大統領の戦争』岩波書店。
  • ウィリアム・ハートゥング『ブッシュの戦争株式会社』阪急コミュニケーションズ。
  • デイナ・プリースト『終わりなきアメリカ帝国の戦争―戦争と平和を操る米軍の世界戦略』アスペクト。
  • ジョージ・フリードマン『新・世界戦争論―アメリカは、なぜ戦うのか』日本経済新聞社。
  • ダグラス・ラミス『なぜアメリカはこんなに戦争をするのか』晶文社。
  • ジョエル・アンドレアス『戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由』合同出版。
  • 高木徹『ドキュメント戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争』講談社
  • P・W・シンガー『戦争請負会社』NHK出版
  • 菅原出『外注される戦争』草思社
  • 広瀬隆『アメリカの経済支配者たち』集英社。
  • 広瀬隆『アメリカの巨大軍需産業』集英社。
  • 広瀬隆『世界石油戦争―燃えあがる歴史のパイプライン』NHK出版。
  • 広瀬隆『世界金融戦争―謀略うずまくウォール街』NHK出版。
  • 広瀬隆『一本の鎖―地球の運命を握る者たち』ダイヤモンド社。
  • 道下徳成長尾雄一郎石津朋之加藤朗『現代戦略論―戦争は政治の手段か』勁草書房
  • 道下徳成、吉崎知典・長尾雄一郎、加藤朗『『戦争―その展開と抑制』勁草書房
  • 加藤朗『テロ―現代暴力論』中央公論新社
  • 石津朋之編『戦争の本質と軍事力の諸相』彩流社
  • ディフェンスリサーチセンター『軍事データで読む日本と世界の安全保障』草思社
  • ゴードン・クレイグアレキサンダー・ジョージ『軍事力と現代外交―歴史と理論で学ぶ平和の条件』有斐閣
  • 佐瀬昌盛『集団的自衛権―論争のために』PHP研究所
  • 森本敏『安全保障論―21世紀世界の危機管理』PHP研究所
  • 納家政嗣『国際紛争と予防外交』有斐閣
  • 森本敏、横田洋三『予防外交』国際書院
  • ヨハン・ガルトゥング『ガルトゥング平和学入門』法律文化社
  • ヨハン・ガルトゥング『平和を創る発想術 紛争から和解へ』岩波書店
  • ジェイムズ・ダニガン、ウィリアム・マーテル『戦争回避のテクノロジー』河北書房新社
  • 猪口邦子『戦争と平和』東京大学出版会
  • 山田満『平和構築とは何か―紛争地域の再生のために』平凡社

相關條目[编辑]