夢野久作

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
梦野久作
Yumeno Kyusaku.jpg
出生 杉山泰道
1889年1月4日
 日本福岡縣福岡市
逝世 1936年3月11日(1936-03-11)(47歲)
 日本東京都
職業 小說家
語言 日語
國籍  日本
體裁 小說
日語寫法
日語原文 梦野 久作
平文式罗马字 Yumeno Kyusaku

夢野久作(1889年1月4日—1936年3月11日),是日本推理小说作家,本名杉山泰道,幼名為杉山直樹

“梦野久作”这个笔名取自福冈博多地区的方言,指精神恍惚、经常寻找梦幻的人。曾用笔名有海若蓝平、香俱土三鸟、土原耕作、萌圆、杉山萌圆、沙门萌圆、萌圆山人、萌圆生、萌圆泰道、朴平、白木朴平、三鸟山人、香椎村人、青杉居士、外人某氏、钝骨生、TS生、T生等[1]

生平[编辑]

生於福岡縣福岡市小姓町。

夢野久作幼時父母離異,深受祖父文學教育的薰陶,中學時期接觸了愛倫坡的小說,開啟對推理小說的興趣。曾於1915年出家,兩年後還俗後從事記者工作,開始創作推理小說,以〈妖鼓〉參加推理專門誌《新青年》榮登佳作,正式成為推理作家。作品風格詭異、恐怖、醜惡,最出名的作品為涉及精神病學的《腦髓地獄》,被譽為日本推理小說四大奇書之一。中年因腦溢血而驟逝。

作品[编辑]

  • あやかしの鼓
  • 夫人探索
  • いなか、の、じけん
  • 人の顔
  • 瓶詰の地獄
  • 死後の恋
  • 涙のアリバイ
  • 押絵の奇蹟
  • 微笑
  • 支那米の袋
  • 鉄槌
  • 空を飛ぶパラソル
  • 復讐
  • 童貞
  • 一足お先に
  • 冗談に殺す
  • 霊感
  • ココナットの実
  • 犬神博士
  • 超人鬚野博士
  • 斜坑
  • 怪夢
  • 焦点を合わせる
  • 狂人は笑う
  • 幽霊と推進機
  • ビルジング
  • キチガヒ地獄
  • 老巡査
  • けむりを吐かぬ煙突
  • 縊死体
  • 暗黒公使
  • 氷の涯
  • 爆弾太平記
  • 白菊
  • 斬られたさに
  • 山羊鬚編集長
  • 難船小僧
  • 衝突心理
  • 近眼芸妓と迷宮事件
  • 白くれない
  • 骸骨の黒穂
  • 黒白ストーリー
  • 少女地獄
  • 木魂
  • ドグラ・マグラ
  • S岬西洋夫人絞殺事件
  • 笑ふ唖女
  • 超人鬚野博士
  • 二重心臓
  • 眼を開く
  • 巡査辞職
  • 無系統虎列刺
  • 人間レコード
  • 髪切虫
  • 継子
  • 人間腸詰
  • 悪魔祈祷書
  • 名娼満月
  • 女抗主
  • 戦場
  • 冥土行進曲
  • 芝居狂冒険
  • オンチ
  • 名君忠之
  • 赤猪口兵衛
  • 近世快人伝
  • 父杉山茂丸を語る
  • 白髪小僧
  • 鼻の表現
  • 呑仙士
  • ビール会社征伐
  • 月蝕
  • 探偵小説の正体
  • 探偵小説の真使命
  • 甲賀三郎氏に答う
  • 能とは何か
  • 猟奇歌

他多数

とだけん 名義
  • ルルとミミ
海若藍平 名義
  • 青水仙、赤水仙
  • 犬と人形
  • お菓子の大舞踏会
  • キキリツツリ
  • クチマネ 
  • 黒い頭
  • 白椿 
  • 章魚の足 
  • 虫の生命
  • ドン
  • 雪の塔
  • 若返りの薬
香倶土三鳥 名義
  • 虻のおれい 
  • 雨ふり坊主 
  • 医者と病人 
  • 梅のにおい 
  • 鉛筆のシン
  • お金とピストル 
  • がちゃがちゃ 
  • 先生の眼玉に 
  • 鷹とひらめ
  • 狸と与太郎 
  • ツクツク法師 
  • 電信柱と黒雲 
  • 人形と狼 
  • 奇妙な遠眼鏡 
  • 二つの鞄 
  • 二人の男と荷車曳き 
  • 森の神 
  • 約束
  • オシャベリ姫(カグツチ ミドリ 名義)
杉山萌圓 名義
  • 梅津只円翁伝 
  • 街頭から見た新東京の裏面 
  • 黒白ストーリー
  • 白髪小僧
  • 東京人の堕落時代 
土原耕作 名義
  • 懐中時計 
  • 蚤と蚊 
  • 豚と猪 
  • 蛇と蛙 
  • ペンとインキ 
萌圓山人 名義
  • 猿小僧 

外部連結[编辑]

  1. ^ 脑髓地狱. 新星出版社. 2009. ISBN 978-7-80225-578-4.