太政大臣

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日語寫法
日語原文 太政大臣
假名 だいじょう だいじん、
だじょうだいじん
平文式罗马字 Daijō Daijin,
Dajō Daijin

太政大臣日本律令官制名,是律令制度下最高官位。定员一人,位階相當於正一位從一位。由亲王一品或诸王、诸臣中正从一位者充任,位居三公之首,辅佐天皇,总理国政。为非常设官职。令制规定“如无其人则阙”,故别称“则阙”。历史上实任者甚少。天智天皇时,大友皇子首任。758年(天平宝字二年)由藤原仲麻吕改称太师,764年复旧称。

理論上為律令制度下的的最高長官,但自從關白出現後,太政大臣的政治力遭到架空、成為一個「榮銜」。戰國時代豐臣秀吉德川家康曾出任此職。而織田信長在逝世後也被追贈此職。江戶時代德川秀忠德川家齊兩位將軍生前出任此職;其他將軍除了德川慶喜以外死後都追贈此職。

日本最後一任太政大臣是三條實美,任職於明治天皇明治四年(1871年)至明治十八年(1885年)。

太政大臣列表[编辑]

  • 原則上根據《公卿補任》,酌情參考其他的資料訂正(以下日期皆為陰曆
就任 離任
死亡當天的日期標記)
在任時天皇 備註
大宝令以前的太政大臣
大友皇子 天智天皇10年1月5日
(671年2月19日)
天智天皇10年12月3日
(672年1月7日)
天智 皇位繼承(稱制か)に伴い離任
高市皇子 持統天皇4年7月5日
(690年8月15日)
持統天皇10年7月10日
(696年8月13日)
持統
依據大宝令養老令任命的太政大臣
恵美押勝
藤原仲麻呂
天平宝字4年1月4日
(760年1月26日)
天平宝字8年9月11日
(764年10月10日)
淳仁 太師
孝謙上皇に対する謀反により解官される
道鏡 天平神護元年閏10月2日
(765年11月19日)
天平神護2年10月20日
(766年11月26日)
稱德 太政大臣禪師
法王就任に伴い離任
藤原良房 齊衡4年2月19日
(857年3月18日)
貞觀14年9月2日
(872年10月7日)
文徳清和 清和天皇元服加冠
封國美濃國謚號忠仁公
藤原基經 元慶4年12月4日
(881年1月7日)
寛平3年1月13日
(891年2月24日)
陽成光孝宇多 陽成天皇元服加冠
封國越前國、謚號昭宣公
藤原忠平 承平6年8月19日
(936年9月7日)
天暦3年8月14日
(949年9月9日)
朱雀村上 朱雀天皇元服加冠
封國信濃國、謚號貞信公
藤原實賴 康保4年12月13日
(968年1月15日)
天祿元年5月18日
(970年6月24日)
冷泉円融 封國尾張國、謚號清慎公
藤原伊尹 天祿2年11月2日
(971年11月22日)
天祿3年11月1日
(972年12月9日)
円融 円融天皇元服加冠
封國三河國、謚號謙德公
藤原兼通 天延2年2月28日
(974年3月24日)
貞元2年11月8日
(977年12月20日)
円融 封國遠江國、謚號忠義公
藤原賴忠 貞元3年10月2日
(978年11月5日)
永延3年6月26日
(989年7月31日)
円融、花山一条 封國駿河國、謚號廉義公
藤原兼家 永祚元年12月20日
(990年1月19日)
永祚2年5月5日
(990年5月31日)
一条 一条天皇元服加冠
藤原為光 正暦2年9月7日
(991年10月17日)
正暦3年6月16日
(992年7月18日)
一条 封國相模國、謚號恒徳公
藤原道長 寛仁元年12月4日
(1017年12月24日)
寛仁2年2月9日
(1018年2月27日)
後一条 後一条天皇元服加冠
藤原公季 治安元年7月25日
(1021年9月4日)
長元2年10月17日
(1029年11月25日)
後一条 封國甲斐國、謚號仁義公
藤原頼通 康平4年12月13日
(1062年1月26日)
康平5年9月2日
(1062年10月7日)
後冷泉
藤原教通 延久2年3月23日
(1070年4月6日)
延久3年8月10日
(1071年9月6日)
後三条
藤原信長 承暦4年8月14日
(1080年8月31日)
寛治2年11月23日
(1089年1月7日)
白河堀河
藤原師實 寛治2年12月14日
(1089年1月28日)
寛治3年4月25日
(1089年6月6日)
堀河 堀河天皇元服加冠
藤原忠實 天永3年12月14日
(1113年1月3日)
天永4年4月14日
(1113年5月30日)
鳥羽 鳥羽天皇元服加冠
源雅實 保安3年12月17日
(1123年1月16日)
天治元年7月7日
(1124年8月18日)
鳥羽、崇德
藤原忠通 大治3年12月17日
(1129年1月9日)
大治4年4月10日
(1129年4月30日)
崇德 崇德天皇元服加冠
藤原忠通
(還任)
久安5年10月25日
(1149年11月26日)
久安6年3月13日
(1150年4月12日)
近衛 近衛天皇元服加冠
三条實行 久安6年8月21日
(1150年9月13日)
保元2年8月9日
(1157年9月14日)
近衛、後白河
藤原宗輔 保元2年8月19日
(1157年9月24日)
永暦元年7月20日
(1160年8月23日)
後白河、二条
藤原伊通 永暦元年8月11日
(1160年9月12日)
長寛3年2月3日
(1165年3月16日)
二条
平清盛 仁安2年2月11日
(1167年3月4日)
仁安2年5月17日
(1167年6月13日)
六条
藤原忠雅 仁安3年8月10日
(1168年9月13日)
嘉應2年6月6日
(1170年7月21日)
高倉
松殿基房 嘉應2年12月14日
(1171年1月21日)
嘉應3年4月20日
(1171年5月26日)
高倉 高倉天皇元服加冠
藤原師長 安元3年3月5日
(1177年4月5日)
治承3年11月17日
(1179年12月17日)
高倉 平清盛のクーデタにより解官流配される
九条兼實 文治5年12月14日
(1190年1月21日)
建久元年4月19日
(1190年5月24日)
後鳥羽 後鳥羽天皇元服加冠
藤原兼房 建久2年3月28日
(1191年4月23日)
建久7年12月9日
(1196年12月30日)
後鳥羽
藤原頼實 正治元年6月22日
(1199年7月16日)
元久元年12月7日
(1204年12月29日)
土御門
九条良經 元久元年12月14日
(1205年1月5日)
元久2年4月27日
(1205年5月17日)
土御門 土御門天皇元服加冠
藤原頼實
(還任)
承元2年12月17日
(1209年1月24日)
承元3年1月21日
(1209年2月26日)
土御門 皇太子順徳天皇)元服加冠
三条公房 建保6年10月9日
(1218年10月29日)
承久3年12月20日
(1222年2月2日)
順徳仲恭後堀河
近衛家實 承久3年12月20日
(1222年2月2日)
承久4年4月10日
(1222年5月22日)
後堀河 後堀河天皇元服加冠
西園寺公經 貞應元年8月13日
(1222年9月19日)
貞應2年4月2日
(1223年5月3日)
後堀河
九条良平 嘉禎4年7月20日
(1238年8月31日)
暦仁2年1月19日
(1239年2月24日)
四条
近衛兼經 仁治元年12月14日
(1241年1月27日)
仁治2年12月20日
(1242年1月22日)
四条 四条天皇元服加冠
西園寺實氏 寛元4年3月4日
(1246年3月29日)
寛元4年12月9日
(1247年1月17日)
後深草
久我通光 寛元4年12月24日
(1247年2月1日)
宝治2年1月17日
(1248年2月13日)
後深草
鷹司兼平 建長4年11月3日
(1252年12月5日)
建長5年11月8日
(1253年11月30日)
後深草 後深草天皇元服加冠
徳大寺實基 建長5年11月24日
(1253年12月16日)
建長6年2月11日
(1254年3月1日)
後深草
西園寺公相 弘長元年12月15日
(1262年1月7日)
弘長2年7月2日
(1262年7月19日)
亀山
花山院通雅 建治元年8月27日
(1275年9月18日)
建治2年3月29日
(1276年4月14日)
後宇多
鷹司兼平
(還任)
建治2年12月14日
(1277年1月19日)
建治3年4月26日
(1277年5月30日)
後宇多 後宇多天皇元服加冠
鷹司基忠 弘安8年4月25日
(1285年5月30日)
弘安10年8月13日
(1287年9月21日)
後宇多
堀川基具 正應2年8月29日
(1289年9月15日)
正應3年3月15日
(1290年4月25日)
伏見
西園寺實兼 正應4年12月25日
(1292年1月6日)
正應5年12月28日
(1293年2月5日)
伏見
洞院公守 正安元年6月2日
(1299年6月30日)
正安元年10月13日
(1299年11月7日)
後伏見
二条兼基 正安元年11月21日
(1299年12月14日)
正安2年4月19日
(1300年5月8日)
後伏見 後伏見天皇元服加冠
土御門定實 正安3年6月2日
(1301年7月8日)
正安4年7月[1]
(1302年7月)
後二条
徳大寺公孝 乾元元年11月22日
(1302年12月11日)
嘉元2年3月13日
(1304年4月18日)
後二条
一条實家 嘉元4年12月6日
(1307年1月10日)
延慶2年10月15日
(1309年11月21日)
後二条、花園
大炊御門信嗣 延慶2年10月15日
(1309年11月21日)
延慶3年12月15日
(1311年1月5日)
花園
鷹司冬平 延慶3年12月15日
(1311年1月5日)
延慶4年4月24日
(1311年5月13日)
花園 花園天皇元服加冠
三条實重 文保2年8月24日
(1318年9月19日)
元應元年10月18日
(1319年11月30日)
後醍醐
久我通雄 元應元年10月18日
(1319年11月30日)
元亨3年5月2日
(1323年6月6日)
後醍醐
鷹司冬平
(還任)
元亨3年11月9日
(1323年12月7日)
嘉暦2年1月19日
(1327年2月11日)
後醍醐
今出川兼季 正慶元年11月8日
(1332年11月26日)
正慶2年5月17日
(1333年6月29日)
光嚴 光嚴天皇廃位に伴い任官を取り消される
久我長通 曆應3年12月27日
(1341年1月15日)
暦應5年2月29日
(1342年4月5日)
光明
洞院公賢 貞和4年10月22日
(1348年11月13日)
觀應元年3月18日
(1350年4月25日)
光明、崇光
久我長通
南朝
正平6年12月
(1352年1月)
正平7年
(1352年)
後村上 正平一統に伴う任官
洞院公賢
(南朝)
正平8年6月
(1353年7月)
正平9年?
(1354年?)
後村上 南軍の京都回復に伴う任官
西園寺公重
(南朝)
(年月日不明) 正平19年7月以降
(1364年7月以降)
後村上
久我通相 貞治5年8月29日
(1366年10月4日)
應安元年3月21日
(1368年4月8日)
後光嚴
二条良基 永徳元年7月23日
(1381年8月13日)
至徳4年1月8日
(1387年1月28日)
後圓融後小松 後小松天皇元服加冠
徳大寺實時 明徳5年6月5日
(1394年7月3日)
應永元年12月25日
(1395年1月16日)
後小松
足利義満 應永元年12月25日
(1395年1月16日)
應永2年6月3日
(1395年6月20日)
後小松
久我具通 應永2年6月3日
(1395年6月20日)
應永3年2月3日
(1396年3月12日)
後小松
三条實冬 應永9年8月22日
(1402年9月19日)
應永14年2月6日
(1407年3月15日)
後小松
徳大寺公俊 應永27年閏1月13日
(1420年2月26日)
應永27年3月16日
(1420年4月28日)
称光
二条持基 永享4年7月25日
(1432年8月21日)
永享5年2月26日
(1433年3月17日)
後花園 後花園天皇元服加冠
一条兼良 文安3年1月29日
(1446年2月24日)
宝徳2年4月28日
(1450年6月8日)
後花園
久我清通 享徳元年10月8日
(1452年11月19日)
享徳2年2月2日
(1453年3月12日)
後花園
西園寺公名 享徳4年6月6日
(1455年7月20日)
康正3年8月28日
(1457年9月16日)
後花園
二条持通 長祿2年7月25日
(1458年9月2日)
長祿4年6月27日
(1460年7月15日)
後花園
近衛房嗣 寛正2年12月25日
(1462年1月25日)
寛正3年
(1462年)
後花園
久我通博 文明13年7月26日
(1481年8月21日)
文明14年10月7日
(1482年11月17日)
後土御門
鷹司政平 文明17年3月20日
(1485年4月5日)
文明17年4月19日
(1485年6月1日)
後土御門
近衛政家 長享2年9月17日
(1488年10月21日)
延徳2年3月2日
(1490年3月22日)
後土御門
一条冬良 明應2年1月6日
(1493年1月23日)
明應6年7月12日
(1497年8月10日)
後土御門
徳大寺實淳 永正6年12月19日
(1510年1月28日)
永正8年2月19日
(1511年3月11日)
後柏原
近衛尚通 永正11年8月12日
(1514年8月31日)
永正13年12月27日
(1517年1月19日)
後柏原
花山院政長 永正15年5月28日
(1518年7月5日)
永正18年3月27日
(1521年5月3日)
後柏原
三条實香 天文4年8月28日
(1535年9月25日)
天文5年6月25日
(1536年7月13日)
後奈良
近衛稙家 天文6年12月21日
(1538年1月21日)
天文10年4月29日
(1541年5月24日)
後奈良
近衛前久 天正10年2月2日
(1582年2月24日)
天正10年5月
(1582年5月)
正親町
豊臣秀吉 天正13年12月25日
(1586年2月2日)
慶長3年8月18日
(1598年9月18日)
後陽成
近衛基熙 宝永6年10月25日
(1709年11月15日)
宝永6年12月9日
(1710年1月8日)
中御門
近衛家熙 宝永7年12月25日
(1711年2月12日)
正徳元年7月28日
(1711年9月10日)
中御門 中御門天皇元服加冠
近衛家久 享保18年1月25日
(1733年3月10日)
享保18年12月27日
(1734年1月31日)
中御門
一条兼香 延享3年2月28日
(1746年4月18日)
寛延4年7月29日
(1751年9月18日)
櫻町桃園 儲君(桃園天皇)元服加冠
近衛内前 明和5年5月25日
(1768年7月9日)
明和7年10月15日
(1770年12月1日)
後櫻町 皇太子(後桃園天皇)元服加冠
近衛内前
(還任)
明和8年11月15日
(1771年12月20日)
安永7年2月8日
(1778年3月6日)
後桃園
九条尚實 安永9年12月25日
(1781年1月23日)
天明元年5月20日
(1781年6月11日)
光格 光格天皇元服加冠
鷹司政通 天保13年8月22日
(1842年9月26日)
嘉永元年9月22日
(1848年10月18日)
仁孝孝明
武家官位としての太政大臣
徳川家康 元和2年3月17日[2]
(1616年5月2日)
元和2年4月17日
(1616年6月1日)
後水尾
徳川秀忠 寛永3年8月18日[3]
(1626年10月8日)
寛永9年1月24日
(1632年3月14日)
後水尾、明正
德川家齊 文政10年2月16日
(1827年3月13日)
天保12年閏1月30日
(1841年3月22日)
仁孝
明治時代の太政官制における太政大臣
三条實美 明治4年7月29日
(1871年9月13日)
1885年(明治18年)12月22日 明治 内閣制度発足に伴い内大臣に転任
  1. ^ 一代要記』は同年4月6日(1302年5月4日)とする。
  2. ^ これは宣旨に記載された日付で、實際は同年3月21日(1616年5月6日)に任大臣宣下の陣儀が行われた。
  3. ^ これは宣旨に記載された日付で、實際は同年9月12日(1626年10月31日)に任大臣宣下の陣儀が行われた。