小熊英二

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

小熊英二(1962年9月6日)是一名知名的日本社會學者,專攻歷史社會學

出生東京都昭島市,就讀東京都立立川高等學校名古屋大学理学部物理学科,後來轉到東京大学農学部並且在1998年畢業並進入岩波書店工作。後來再進入東京大学大学院綜合文化研究科国際社会科学就讀,在1998年以「「日本人」の境界-支配地域との関係において」的論文取得博士學位。1997年起成為慶應義塾大學綜合政策学部専任講師,2000年升任助教授、2007年再升任教授。由於長期持左傾政治立場,被稱為朝日新聞的御用左翼文化人。

著作[编辑]

單著[编辑]

  • 『単一民族神話の起源――<日本人>の自画像の系譜』(新曜社 1995年)
  • その英訳書:A Genealogy of 'Japanese' Self-images, by David Askew, (Trans Pacific Press, 2002)
  • 『<日本人>の境界――沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮:植民地支配から復帰運動まで』(新曜社 1998年)
  • 『インド日記――牛とコンピュータの国から』(新曜社 2000年)
  • 『<民主>と<愛国>――戦後日本のナショナリズムと公共性』(新曜社 2002年)
  • 清水幾太郎――ある戦後知識人の軌跡』(御茶の水書房 2003年)
  • 『市民と武装―アメリカ合衆国における戦争と銃規制』(慶應義塾大学出版会 2004年)
  • 『対話の回路――小熊英二対談集』(新曜社 2005年)
  • 『日本という国――よりみちパンセ』(理論社 2006年)
  • 『1968』(全2巻、新曜社 2009年)
  • 『私たちはいまどこにいるのか――小熊英二時評集』(每日新聞社、2011年)
  • 『社会を変えるには』講談社現代新書、2012 ISBN 4062881683
  • 『生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後』岩波新書、2015 

共著[编辑]

外部連結[编辑]