山本兼一

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
山本兼一
出生 1956年7月23日(1956-07-23)
 日本京都府京都市
逝世 2014年2月13日(57歲)
 日本京都府京都市
職業 小说家
教育程度 学士
母校 同志社大学文学系
創作時期 2002年 - 2014年
體裁 历史小说
獎項 松本清张奖(2004年)
直木奖(2009年)

山本 兼一日语やまもと けんいち、1956年7月23日-2014年2月13日)是日本小说家,京都市出身。

生平[编辑]

他经过一段时间在出版公司工作之后,成为一名全职小说家。

2004年,他以《火天之城》夺得松本清张奖,而在2009年以《利休之死》(利休にたずねよ)顺利夺得直木奖。该两本小说被拍成为电影版。

他在2014年2月13日死于肺腺癌,终年57岁。[1]


奖项[编辑]

  • 松本清张奖(2004年)
  • 直木奖(2009年)

作品[编辑]

小説[编辑]

  • 『戦国秘録 白鷹伝』祥伝社(2002年)のち文庫(2007年)
  • 火天之城文藝春秋(2004年)のち文庫(2007年)
  • 『雷神の筒』集英社(2006年)のち文庫(2009年)
  • 『いっしん虎徹』文藝春秋(2007年)のち文庫(2009年)
  • 『弾正の鷹』祥伝社(2007年)のち文庫(2009年)
  • 『千両花嫁 とびきり屋見立て帖』文藝春秋(2008年)のち文庫(2010年)
  • 『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎』講談社(2008年)のち文庫(2011年)
  • 利休之死PHP研究所(2008年)のち文庫(2010年)
  • 『ジパング島発見記』集英社(2009年)のち文庫(2012年)
  • 『ええもんひとつ-とびきり屋見立て帖』文藝春秋(2010年)のち文庫(2012年)
  • 『命もいらず名もいらず』上下巻 NHK出版(2010年)のち文庫(2013年)
  • 『銀の島』朝日新聞出版(2011年)
  • 『神変-役小角絵巻』中央公論新社(2011年)
  • 『黄金の太刀 刀剣商ちょうじ屋光三郎』講談社(2011年)のち文庫(2013年)
  • 『赤絵そうめん-とびきり屋見立て帖』文藝春秋(2011年)
  • 『おれは清麿』 祥伝社(2012年)
  • 『信長死すべし』角川書店(2012年)
  • 『まりしてん誾千代姫』PHP研究所(2012年)
  • 『花鳥の夢』 文藝春秋(2013年)
  • 『利休の茶杓』文藝春秋(2014)
  • 『修羅走る関ヶ原』集英社(2014)
  • 『心中しぐれ吉原』角川春樹事務所(2014)
  • 『夢をまことに』文藝春秋(2015)


参考资料[编辑]

  1. ^ 死去前日まで最後の原稿執筆 山本兼一さん. MSN産経ニュース. [2014年2月13日] (日语).