岩生成一

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

岩生成一(いわお せいいち、1900年6月2日-1988年3月21日)是日本歷史學家、東京大學名譽教授

經歷[编辑]

東京牛込出身。大正14年(1925年),東京帝國大學國史學科畢業,入東京帝大史料編纂掛。昭和4年(1929年),擔任台北帝國大學助教授,講授南洋史。昭和11年(1936年),升任台北帝大教授。昭和16年(1941年),以『南洋日本町之研究』獲帝國學士院賞。戰後,昭和20年(1945年),任台灣大學教授,翌年解任,引揚歸國。昭和23年(1948年),任東京大學文學部教授。昭和36年(1961年),定年退官。昭和38年(1963年),任法政大學教授。昭和40年(1965年),獲選為日本學士院會員。昭和43年(1968年),獲朝日文化賞。專攻日本近世對外交涉史、主持日蘭交涉史研究會、任日蘭學會理事長。昭和45年(1970年),叙勳二等瑞寶章。昭和47年(1972年),獲荷蘭奧倫治-拿索勳章(Orde van Oranje-Nassau)。昭和63年(1988年),獲贈正四位

著書[编辑]

  • 『近世日葡通交小史』 藤沢友吉, 1927
  • 『南洋日本町の研究』 南亜文化研究所, 1940
  • 朱印船貿易史の研究』 弘文堂, 1958
  • 『朱印船と日本町』 至文堂, 1962 (日本歴史新書)
  • 『日本の歴史 第14 鎖国』 中央公論社, 1966 のち文庫
  • 『江戸時代日蘭文化交流資料集 1 明治以前洋馬の輸入と増殖』 日蘭学会, 1980
  • 『南洋日本町の研究 続』 岩波書店, 1987

編纂・翻譯[编辑]

  • 『異国叢書 慶元イギリス書翰』 駿南社, 1929
  • 『教師のための体系日本史』 弘文堂, 1957
  • 『外国人の見た日本 第1 南蛮渡来以後』 筑摩書房, 1962
  • 『近世の洋学と海外交渉』 巌南堂書店, 1979

關連項目[编辑]