文藝賞

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
日語寫法
日語原文 文藝賞
假名 ぶんげいしょう
平文式罗马字 Bungeishou

文藝賞日本文學獎項,由河出書房新社所設立,每年舉辦一次。得獎作品由評審委員共同商議決定,得獎者可獲得紀念品以及50萬日圓的獎金。得獎作品會刊登在該出版社發行的文學雜誌『文藝』當中,該出版社也會刊出單行本。

該獎的用意主要是在選拔小說作家新人,所以公開募集尚未發表過的小說原稿。第42屆由三並夏在中學三年級(作品發表時15歳)時獲得,是該獎創立以來直到當時最年輕的得主,一時蔚為話題。西元2000年起該獎顯露出初高中生頻頻得獎的趨勢,成為日本近來低年齡作家風潮的重要推手。

歷屆得主[编辑]

第1回-第10回[编辑]

第11回-第20回[编辑]

第21回-第30回[编辑]

第31回-第40回[编辑]

第41回-第49回[编辑]

  • 第41回 (2004年) 白岩玄 「野ブタ。をプロデュース」、山崎ナオコーラ 「人のセックスを笑うな」
  • 第42回 (2005年) 青山七惠 「窓の灯」、三並夏 (最年少受賞)「平成マシンガンズ」
  • 第43回 (2006年) 荻世いをら 「公園」、中山咲 「ヘンリエッタ」
  • 第44回 (2007年) 磯崎憲一郎 「肝心の子供」、丹下健太 「青色讃歌」
  • 第45回 (2008年) 喜多ふあり 「けちゃっぷ」、安戸悠太 「おひるのたびにさようなら」
  • 第46回 (2009年) 大森兄弟 「犬はいつも足元にいて」、藤代泉 「ボーダー & レス」
  • 第47回 (2010年) 從缺
  • 第48回 (2011年) 今村友紀 「クリスタル・ヴァリーに降りそそぐ灰」
  • 第49回 (2012年) 谷川直子 「おしかくさま」

外部鍊結[编辑]