松江騷擾事件

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

松江骚扰事件日語松江騒擾事件まつえそうじょうじけん),乃1945年(昭和20年)8月24日黎明,日本岛根县松江市的青年团体「皇国义勇军」的数十人的武装骚乱,对岛根县内的主要设施进行袭击的事件,1人死亡。[1][2][3]

松江骚扰事件造成島根縣廳廳舍與島根縣議會議事堂被燒毀,亦稱皇国义勇军事件[1][3]、岛根县厅纵火事件。[4]

注釋[编辑]

  1. ^ 1.0 1.1 島根県広聴広報課「島根この100年 昭和元(1926)年~昭和20(1945)年島根県。(閲覧:2008年3月27日)
  2. ^ 石井一昌「非戦の闘い 日本の処方箋(1) 阪神大震災12年を迎えて[1]、2007年1月25日。(閲覧:2008年5月31日。)
  3. ^ 3.0 3.1 藤田五郎編著「主要右翼団体幹部〔戦前の部〕」(『公安百年史 =暴力追放の足跡=』公安問題研究協会、昭和53年、666ページ。)
  4. ^ 前掲 杉谷正「島根県庁焼き打ち事件」。

參考文獻[编辑]

事件當事者及關係者自傳[编辑]

  • 岡崎功「岡崎功回想録」『大勢新聞』昭和35年3月31日号、1960年。
  • 岡崎功「三徳の実事」(『西郷隆盛・言志録』新人物往来社日语新人物往来社、1973年、245 - 251ページ。)
  • 岡崎功『吉田松陰留魂録日语留魂録』新人物往来社、1975年。
  • 西村国次郎『島根縣庁焼打事件懴悔覚書』、1952年。
    • 島根県立図書館所蔵。

論文[编辑]

  • 中川登史宏「島根県庁焼き討ち事件 - 新聞に見る敗戦直後の昭和維新 - 」(帝塚山大学日语帝塚山大学奈良学総合文化研究所編『日本文化史研究』34、2002年、115 - 129ページ。)

縣市誌[编辑]

  • 松江市誌編さん委員会「(二)皇国義勇軍事件」(『新修松江市誌』第二編沿革第五章近代・現代、松江市長熊野英日语熊野英、1962年、408 - 409ページ。)
  • 柳本見一「島根県庁焼打ち事件」(『激動二十年 島根県の戦後史』毎日新聞西部本社、1965年、1 - 17ページ。)
  • 島根県「(二)県民指揮の大綱と県庁舎焼打事件」(『新修島根県史 通史編3 現代』第一章第一節 終戦と占領軍の進駐、島根県、1967年、5 - 8ページ。)
  • 内藤正中「敗戦と県庁焼討」(『島根県の歴史』山川出版社日语山川出版社、1969年、200 - 202ページ。)
  • 山陰中央新報社百年史編さん委員会「松江騒じょう事件」(『新聞に見る山陰の世相百年』山陰中央新報社、1983年、427 - 433ページ)
  • 松江市誌編纂委員会「二十一、松江騒じょう事件」(『松江市制一〇〇周年記念 松江市誌』第一編沿革第五章近代、松江市、1989年、274 - 275ページ。)
  • 内藤正中「アメリカ軍の進駐」(『図説 島根県の歴史』河出書房新社、1997年、233ページ。)
  • 竹永三男「県庁焼打ち」(『島根県の歴史』山川出版社日语山川出版社、2005年、322 - 326ページ。)

辭典項目[编辑]

  • 与田柾「松江騒擾事件」(京都大学文学部国史研究室日本近代史辞典編集委員会『日本近代史辞典』東洋経済新報社日语東洋経済新報社、1958年、568ページ。)
  • 「島根県庁焼打ち事件」(社会問題研究会「右翼・民族派事典編纂委員会」相田浩・猪野健治日语猪野健治・永田哲朗『右翼・民族派事典』国書刊行会日语国書刊行会、1976年、92ページ。)
  • 杉谷正「島根県庁焼き打ち事件」(企画・編集 島根県大百科事典編集委員会、山陰中央新報日语山陰中央新報社開発局『島根県大百科事典 上巻』山陰中央新報社、1982年。)
  • 堀幸雄「岡崎功」(『右翼辞典』三嶺書房株式会社、1991年、77ページ。)
  • 堀幸雄「島根県庁焼打ち事件」(『右翼辞典』三嶺書房株式会社、1991年、273ページ。)
  • 島海靖「松江騒擾事件」(国史大辞典編集委員会編『国史大辞典 第13巻(ま~も)』吉川弘文館、1992年。)
  • 長野忠「松江騒擾事件」(『決定版 松江・安来ふるさと大百科』郷土出版社、2008年。)
    • 皇国義勇軍が作成した、ガリ版刷りのゲキ文の写真が掲載されている。

其他[编辑]