樱花 (民谣)

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

樱花》(日语:さくらさくら)是一首描写春天美景的日本传统民谣,创作於江户时代幕末,是为儿童学习日本筝而作。春天是樱花盛开的季节。本曲调式为日本小调,只有do、mi、fa、la、si五个音。

本曲在中国广为人知,目前中国大陆各小学的音乐课本就有《樱花》这首歌曲。本曲也是日本国际广播电台各语言广播节目的开场曲[1][2]及JR山手線駒込站與JR中央線快速武藏小金井站發車音樂[3]


\relative c' {
\time 4/4 \key c \major
a'4 a4 b2 a4 a4 b2 a4 b4 c4 b4 a4 b8 a8 f2
e4 c4 e4 f4 e4 e8 c8 b2 a'4 b4 c4 b4 a4 b8 a8 f2
e4 c4 e4 f4 e4 e8 c8 b2 a'4 a4 b2 a4 a4 b2
e,4 f4 b8 a8 f4 e2 r2
\bar "|."
}
\addlyrics {
さ く ら さ く ら
や よ い の そ ら ー は
み わ た す か ぎ ー り
か す み か く も ー か
に お い ぞ い ず ー る
い ざ や い ざ や
み に ゆ ー か ん
}

播放此文件有问题?请参见媒體幫助
乐谱

歌词[编辑]

標準[编辑]

桜 桜
野山も里も
見渡す限り
霞か雲か
朝日に匂ふ
桜 桜
花ざかり
桜 桜
弥生の空は
見渡す限り
霞か雲か
匂いぞ いずる
いざや いざや
見に行かん

假名[编辑]

さくら さくら
のやま も さと も
みわたす かぎり
かすみ か くも か
あさひ に におふ
さくら さくら
はな ざかり
さくら さくら
やよい の そら は
みわたす かぎり
かすみ か くも か
におい ぞ いずる
いざや いざや
みに ゆかん

中譯[编辑]

櫻花呀 櫻花呀
深山與鄉里間
就我所能看到的範圍內
那是霞,還是雲?
朝日下瀰漫香氣
櫻花呀 櫻花呀
正盛開著
櫻花呀 櫻花呀
三月的天空下
就我所能看到的範圍內
那是霞,還是雲?
空氣中瀰漫香氣
走吧 走吧
去看看她

参考文献[编辑]

外部链接[编辑]