狩野派

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
狩野永德筆 唐獅子圖 宮內廳三之丸尚藏館
狩野永德筆 花鳥圖襖 聚光院

狩野派(かのうは)是日本繪畫史上最大的畫派室町時代中期(15世紀)~江戶時代末期(19世紀)的約400年間活動,是位居畫壇中心的職業畫家集團。

概要[编辑]

狩野秀賴筆 高雄觀楓圖 東京國立博物館

狩野派是以親子、兄弟等血緣關係為主軸的職業畫家集團,約4世紀長期君臨一國的畫壇,在世界上是絕為僅有的例子。以室町幕府御用繪師狩野正信為始祖,子孫在室町幕府崩壞後作為織田信長豐臣秀吉德川將軍家等之繪師,和權力者結合,成為畫壇的中心,從內裏、城郭、大寺院等的障壁畫到扇面等的小型畫,對日本美術界有絕大的影響。

系圖[编辑]

正信元信直信(松榮)
 ┣━━━━━┓
州信(永德) 宗秀
 ┣━━━━━┓
光信    孝信
 ┃     ┣━━━━┳━━━━━━━┓
貞信   守信(探幽) 尚信      安信
            ┃       ┃
           常信      時信
            ┣━━━┓   ┃
           周信  岑信  主信
            ┃
           古信
            ┃
          榮川院典信
            ┃
          養川院惟信
            ┃
          伊川院榮信
            ┃
          晴川院養信
            ┃
          勝川院雅信


稻荷橋狩野家[编辑]

元信秀賴真笑了承春雪
 ┣━━━┓
春賀  春湖

参考文献[编辑]

  • 『狩野派絵画史』武田恒夫、吉川弘文館、1995
  • 『御用絵師狩野家の血と力』松木 寛、講談社選書メチエ、1994
  • 『江戸の狩野派』細野正信編、日本の美術262、至文堂、1988
  • 『別冊太陽 狩野派決定版』監修 山下祐二 執筆 安村敏信 山本英男 山下善也、平凡社、2004
  • 『もっと知りたい狩野派 探幽と江戸狩野派』安村敏信、東京美術、2006年
  • 特別展図録『知られざる「御用絵師の世界」展 第1回江戸開府-元禄 徳川将軍家・御三家・諸大名家の美の系譜』朝日新聞社編、1992
  • 特別展図録『知られざる「御用絵師の世界」展 第2回元禄―寛政』朝日新聞社編、1998
  • 特別展図録『狩野派の三百年』東京都江戶東京博物館、1998

關連項目[编辑]