石川淳

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
石川淳
出生 1899年03月07日(1899-03-07)
日本 东京
逝世 1987年12月29日(88歲)
日本 东京
職業 作家 小说家 翻译家
體裁 小说 诗歌 散文

石川淳日语石川 淳),(1899年3月7日-1987年12月29日)。日本小说家作家

生平[编辑]

1920年毕业于日本东京外国语学校法语专业。曾供职于日本横须贺海军炮术学校,随即开始文学创作。1926年因为涉入学潮而退职,成为专业作家与写手。1936年小说《普贤》获得第四届芥川龙之介奖[1]

战后,石川淳继续从事文学创作,受到太宰治等无赖派作家的欢迎。1967年他和川端康成三岛由纪夫安部公房一同发表抗议文化大革命的声明。石川淳曾于1964年访问德意志民主共和国捷克斯洛伐克法国。1975年曾获邀访问中国。1978年旅行于法国,意大利荷兰等地。


著作[编辑]

  • 佳人』(1935)思索社 1948 のち講談社文芸文庫ほか
  • 普賢』版画荘 1937 のち昭和名作全集、新潮文庫角川文庫、講談社文芸文庫  
  • 『山桜』版画荘 1937
  • 「マルスの歌」(1938) のち新潮文庫に収録
  • 『白描』三笠書房、1940 のち角川文庫、集英社文庫 
  • 森鴎外』(作家論)三笠書房、1941 のち角川文庫、岩波文庫ちくま学芸文庫
  • 渡邊崋山』(伝記)三笠書房、1941、筑摩叢書 1964 
  • 『秋成・綾足集』小学館 1942
  • 『文學大概』(評論)小学館 1942
  • 『義貞記』桜井書店、1944 
  • 『黄金伝説』中央公論社、1946 のち旧河出文庫、講談社文芸文庫ほか 
  • 『焼跡のイエス』(1946)のち新潮文庫、講談社文芸文庫ほか
  • 『かよひ小町』中央公論社、1947 
  • 『文學大概』中央公論社、1947 のち角川文庫、中公文庫(1942年旧版に「二葉亭四迷論」「岩野泡鳴論」「岡本かの子論」を併録)
  • 『無尽灯』文藝春秋新社、1948 
  • 『処女懐胎』角川書店、1948 のち新潮文庫に収録 
  • 『最後の晩餐』新潮社、1949 
  • 『夷齋筆談』新潮社、1952 のち冨山房百科文庫  
  • 『夷齋俚言』文藝春秋新社、1952、のちちくま学芸文庫(上記と併せ) 
  • 『鷹』大日本雄弁会講談社、1953 のち講談社文芸文庫(下記と併せ) 
  • 『珊瑚』大日本雄弁会講談社、1953 
  • 『夷齋清言』(評論)新潮社、1954 
  • 『鳴神』筑摩書房、1954 
  • 『虹』大日本雄弁会講談社、1955 
  • 『落花』新潮社、1955 講談社文芸文庫に収録 
  • 『紫苑物語』講談社、1956 のち新潮文庫、講談社文芸文庫 
  • 『諸国畸人伝』(史伝)筑摩書房、1957 のち筑摩叢書、中公文庫 
  • 『白頭吟』中央公論社、1957 のち講談社文芸文庫
  • 『修羅』中央公論社、1958 のち講談社文芸文庫
  • 『南畫大體』新潮社 1959
  • 『霊薬十二神丹』筑摩書房 1959 のち講談社文芸文庫 
  • 『影』中央公論社、1959 のち講談社文芸文庫
  • 『夷齋饒舌』筑摩書房、1960 
  • 『おまへの敵はおまへだ』(戯曲)筑摩書房、1961 のち講談社文芸文庫 
  • 『夷齋遊戯』筑摩書房、1963 
  • 『喜寿童女』筑摩書房、1963 のち講談社文芸文庫
  • 『荒魂』新潮社、1964 のち講談社文芸文庫 
  • 『西游日録』筑摩書房 1965
  • 『一目見て憎め』(戯曲)中央公論社 1967 講談社文芸文庫に収録 
  • 至福千年岩波書店、1967、岩波文庫 1983
  • 『天馬賦』中央公論社、1969 のち中公文庫 
  • 『夷齋小識』中央公論社、1971 のち中公文庫 
  • 『文林通言』(文芸時評)中央公論社、1972 のち中公文庫、講談社文芸文庫
  • 『間間録』毎日新聞社(現代日本のエッセイ) 1973
  • 『前賢余韻』岩波書店 1975 (岩波版「鴎外全集」月報連載のエッセイ)
  • 『夷齋虚実 (人と思想)』 文藝春秋 1976(一巻選集) 
  • 『おとしばなし集』集英社文庫 1977
  • 『江戸文學掌記』新潮社、1980 のち講談社文芸文庫 
  • 『狂風記』(上下) 集英社、1980 のち集英社文庫
  • 『六道遊行』集英社、1983 のち集英社文庫 
  • 『天門』集英社、1986 
  • 『夷齋風雅』集英社 1988
  • 『蛇の歌』集英社、1988(絶筆・未完)
  • 『安吾のゐる風景・敗荷落日 ほか全24篇』講談社文芸文庫、1991

作品集[编辑]

  • 『石川淳著作集』全4巻 全国書房、1948-49
  • 『石川淳全集』全10巻 筑摩書房、1961-62
  • 『石川淳全集』全13巻 筑摩書房、1968-69、増補版・第14巻 1974  
  • 『石川淳選集』全17巻 岩波書店 1979-81 
  • 『石川淳全集』全19巻 筑摩書房 1989-93(※翻訳編も収録)
  • 『石川淳短篇小説選』ちくま文庫 2007
  • 『石川淳長篇小説選』ちくま文庫 2007
  • 『石川淳評論選』ちくま文庫 2007、各菅野昭正
  • 『現代の随想16 石川淳集』澁澤龍彦編、彌生書房 1982
  • 『日本幻想文学集成7 石川淳』池内紀編、国書刊行会 1991
  • 『現代日本小説大系別冊1(戦後篇1 坂口安吾、太宰治、織田作之助、石川淳)』河出書房 1950
  • 『現代日本文学全集 石川淳・坂口安吾・太宰治集』筑摩書房 1954
  • 『昭和文学全集57 伊藤整・石川淳』角川書店 1955。以下は主な文学全集に収録された巻
  • 『日本文学全集53 石川淳集』新潮社 1965
  • 『日本の文学60 石川淳』中央公論社 1967
  • 『日本文学全集52 石川淳集』筑摩書房 1970
  • 『日本文学全集32 石川淳』河出書房新社 1970
  • 『筑摩現代文学大系57 石川淳集』筑摩書房 1976
  • 『新潮日本文学33 石川淳集』新潮社 1980
  • 『日本文学全集69 石川淳』集英社 1981
  • 『ちくま日本文学全集11 石川淳』筑摩書房 1991。文庫サイズの単行判

共著[编辑]

翻訳[编辑]

  • アナトール・フランス『赤い百合』春陽堂 1923、同文庫 1932、のち三笠文庫、角川文庫
  • アンドレ・ジッド『背徳者』新潮社 1924 のち同文庫
  • アンドレ・ジッド『法王庁の抜穴』岩波書店 1928 岩波文庫
  • セエ・エフ・ラミュズ『悩めるジァン・リュック 』C. F. Ramuz)叢文閣 1926
  • ジッド『法王庁の抜け穴』Les Caves du Vatican 岩波文庫 1928
  • モリエル集 第1.2.3 春陽堂 1933-34(ド・ンジュアン、人間ぎらひ、タルテュフ)

現代語訳[编辑]

  • 『新釈雨月物語』大日本雄弁会講談社 1956
「新釈雨月物語 新釈春雨物語」ちくま文庫、角川文庫でも再刊
「新釈古事記」角川書店 1983、ちくま文庫 1991  

参考[编辑]

  1. ^ 芥川賞受賞者一覧. [2010-01-27]. 

外部链接[编辑]