矶崎新

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
磯崎 新
Arata Isozaki.jpg
原文名 磯崎 新
读音 いそざき あらた
罗马拼音 Isozaki Arata
出生 (1931-07-23) 1931年7月23日88歲)
 日本大分縣大分市
国籍  日本
母校 東京大學研究所
职业 建築師
知名作品 大分縣立大分圖書館
筑波中心大樓
洛杉磯現代美術館
聖喬治宮體育館
哈爾濱音樂廳
配偶 宮脇愛子
奖项 日本建築學會獎(1967、75年)
英國皇家建築師學會皇家金獎(1986年)
威尼斯雙年展金獅獎(1996年)
普立茲克建築獎(2019年)
奈良会议场

矶崎新(日语:磯崎 新いそざき あらた Isozaki Arata,1931年7月23日),日本建筑师大分縣大分市出身,東京大學畢業。2019年获得普利兹克奖[1]

代表作[编辑]

Arata Isozaki (ph. GianAngelo Pistoia) 1.jpg
Arata Isozaki (ph. GianAngelo Pistoia) 2.jpg

著作・作品集[编辑]

  • 「空間へ」美術出版社、1971年
  • 「建築の解体」美術出版社、1975年
  • 「建築の修辞」美術出版社、1979年
  • 「手法が」美術出版社、1979年
  • 「建築の地層」彰国社、1979年
  • 磯崎新著作集」全4巻、美術出版社、1984
  • 「現代の建築家 磯崎新2」鹿島出版会、1984年
  • 週刊本 ポスト・モダン原論」朝日出版社、1985年
  • 「いま、見えない都市」大和書房、1985年
  • 「バルセロナ・ドローイング バルセロナ・オリンピック建築素描集」岩波書店、1990年
  • 「見立ての手法 日本的空間の読解」鹿島出版会、1990年
  • 「イメージゲーム-異文化との遭遇」鹿島出版会、1990年
  • 「<建築>という形式 1 」新建築社、1991年
  • 「磯崎新の建築30 模型、版画、ドローイング」六耀社、1992年
  • 「現代の建築家 磯崎新3-4」鹿島出版会、1993年
  • 「始源のもどき-ジャパネスキゼーション」鹿島出版会、1996年
  • 「磯崎新の仕事術 建築家の発想チャンネ」王国社、1996年
  • 「造物主議論-デミウルゴモルフィスム」鹿島出版会、1996年
  • 「建築家捜し」岩波書店、1996年/岩波現代文庫、2005年
  • 「空間へ 根源へと遡行する思考」鹿島出版会、1997年/河出文庫、2017年
  • 「オペラシティの彼方に エッジを測量する17の対話」NTT出版、1997年
  • 「磯崎新の発想法 建築家の創作の秘密」王国社、1998年
  • 「栖十二」住まいの図書館出版局・星雲社、1999年
  • 「人体の影-アントロポモルフィスム」鹿島出版会、2000年
  • 「建築家のおくりもの」王国社、2000年
  • 「ル・コルビュジエとはだれか」王国社、2000年
  • 「神の似姿-テオモルフィスム」鹿島出版会、2001年
  • 「反回想 1」A.D.A.EDITA Tokyo、2001年
  • 「反建築史/UNBUILT」TOTO出版、2001年
  • 「磯崎新の建築談議」全12巻、六耀社、2001-04年
  • 「建築における「日本的なもの」」新潮社、2003年
  • 「アントニ・ガウディとはだれか」王国社、2004年
  • 「磯崎新の思考力 建築家はどこに立っているか」王国社、2005年
  • 「日本の建築遺産12選 語りなおし日本建築史」新潮社、2011年
  • 「気になるガウディ」新潮社、2012年
  • 磯崎新建築論集」全8巻、岩波書店、2013-15年
  • 『挽歌集 建築があった時代へ』白水社、2014年
  • 『偶有性操縦法(コンティンジェンシーマニュアル) 何が新国立競技場問題を迷走させたのか』青土社、2016年
  • 『瓦礫の未来』青土社、2019年

共著[编辑]

  • 「建築および建築外的思考 磯崎新対談」鹿島出版会、1976年
  • 「現代の建築家 磯崎新」鹿島出版会、1977年
  • 「建築の1930年代-系譜と脈絡 磯崎新対談」鹿島出版会、1978年
  • 「磯崎新+篠山紀信建築行脚1~12」六耀社、1980-92年 
  • 「建築のパフォーマンス <つくばセンタービル>論争」、編著、PARCO出版局、1985年
  • 「ポスト・モダンの時代と建築 磯崎新対談」鹿島出版会、1985年
  • 「建築の政治学 磯崎新対談集」岩波書店、1989年
  • 「磯崎新作品集」第1巻、二川幸夫編、A.D.A.EDITA Tokyo、1991年
  • 「世紀末の思想と建築」、多木浩二共著、岩波書店、1991年
  • 「Anywhere 空間の諸問題」、浅田彰共編、NTT出版、1994年
  • 「Anyway 方法の諸問題」、浅田彰共編、NTT出版、1995年
  • 「季刊ja no.12 磯崎新」新建築社、1994年
  • 「建物が残った-近代建築の保存と転生」岩波書店、1998年
  • 「建築と時間 対論 土居義岳、岩波書店、2001年
  • 「空間の行間」福田和也共著、筑摩書房、2004年
  • 「Any-建築と哲学をめぐるセッション 1991-2008」、浅田彰共編、鹿島出版会、2010年
  • 「ビルディングの終わり、アーキテクチュアの始まり 10 years after any 」、浅田彰共著、鹿島出版会、2010年
  • 「磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿」新保淳乃・阿部真弓共著、TOTO出版、2010年
  • 『磯崎新インタヴューズ』聞き手日埜直彦、LIXIL出版 2014
  • 『日本建築思想史』聞き手横手義洋、太田出版 atプラス叢書 2015
  • 『磯崎新と藤森照信の茶席建築談義』藤森照信共著 六耀社 2015
  • 『磯崎新と藤森照信のモダニズム建築談義』藤森照信共著 六耀社 2016
  • 『磯崎新と藤森照信の「にわ」建築談義』藤森照信共著 六耀社 2017

参考资料[编辑]

  1. ^ 矶崎新 | The Pritzker Architecture Prize. www.pritzkerprize.com. [2019-03-05]. 
  2. ^ 日本侵华罪行馆_四川建川博物馆

外部链接[编辑]