筒井康隆

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
日語寫法
日語原文 筒井康隆
假名 つつい やすたか
平文式罗马字 Tsutsui Yasutaka

筒井康隆日语つつい やすたか,1934年9月24日)是日本的小說家、科幻作家和演員Horipro所屬。出生於大阪府大阪市。血型B型。早期以科幻、推理小說聞名,作品多帶有無厘頭的諷喻成分。曾經多次榮獲星雲獎紫綬勳章。與小松左京星新一並稱「SF御三家」。

作品列表[编辑]

小說[编辑]

筒井康隆的小說在海外普及程度不高,至今大多缺乏中譯版本,若欲詳察請參考日文原版。

  • 1965年
東海道戰争」(出道作,描寫東京與大阪之間的戰爭)
「48億の妄想」
  • 1966年
穿越时空的少女」(曾改編為電影及電視劇。於2006年由細田守改編為同名動畫電影跳躍吧!時空少女》,但動畫播出的是小說結束的20年後發生的事。)
「ベトナム観光公社」(越南觀光公社)
  • 1968年
「アフリカの爆弾」(非洲爆彈)
「にぎやかな未来」(熱鬧的未來)
  • 1969年
「筒井順慶」
霊長類南へ」(靈長類南進,描寫一場因誤會引起的核戰後,殘存人類的種種醜態)
  • 1971年
「脱走と追跡のサンバ」
  • 1972年
「家族八景」
「俗物図鑑」(城市異人──搞怪十八人組)
  • 1973年
「狂気の沙汰も金次第」
「日本以外全て消える」(日本以外全部沉沒)
  • 1974年 「おれに関する噂」
  • 1975年 「七瀬ふたたび」(又见七濑)
  • 1976年 「メタモルフォセス群島」
  • 1977年 「エディプスの恋人」
  • 1978年
「男たちのかいた絵」
「ふごうけいじ」(富豪刑事)
  • 1979年 「大いなる助走」
  • 1981年 「虚人たち」(虛人們,是為一部超乎現實的形而上作品) (第9回泉鏡花文学賞)
  • 1984年 「虚航船団」
  • 1985年 「串刺し教授」
  • 1986年 「旅のラゴス」
  • 1987年 「夢の木坂分岐点」 (第23回谷崎潤一郎賞)
  • 1988年 「薬菜飯店」
  • 1989年
「ヨッパ谷への降下」 (第16回川端康成文学賞)
「残像に口紅を」
  • 1990年 「文学部唯野教授」(ダイヤモンド・パーソナリティ賞)
  • 1992年 「朝のガスパール」 (清晨的加斯巴)(第13回日本SF大賞)
  • 1993年 「パプリカ」(盜夢偵探)
  • 1994年 「笑犬楼よりの眺望」
  • 1997年 「邪眼鳥」(フランス芸術文化勲章シュバリエ章、パゾリーニ章)
  • 1998年 「敵」
  • 1999年
「わたしのグランパ」(爺爺,台灣版在2001年由時報文化代理)(第51回読売文学賞小説賞 2000年)
「エンガッィオ司令塔」
  • 2000年
「魚覧観音記」
「細菌人間」
「恐怖」
  • 2001年
「天狗の落し文」
「わかもとの知恵」
「文学外への飛翔」
21世紀文学の創造「現代文学への問い」
「方法の冒険」
  • 2002年
「愛のひだりがわ」
「笑犬楼の知恵」
「悪魔の辞典」(翻訳)(秋の褒章紫綬褒章受章)
  • 2006年
「銀齢の果て」
「壊れかた指南」

外部連結[编辑]