西園寺禧子

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

西園寺禧子(さいおんじ きし、藤原禧子(ふじわら の きし)、 嘉元元年(1303年) - 元弘3年十月十二(1333年11月19日)),鎌倉時代後期日本皇族。第96代後醍醐天皇中宮北朝的女院号為礼成門院(れいせいもんいん),死後,南朝追贈後京極院(ごきょうごくいん)。

太政大臣西園寺實兼三女。長兄左大臣西園寺公衡、四兄今出川家初代·太政大臣今出川兼季、長姐伏見天皇中宮西園寺鏱子(永福門院)次姐龜山上皇之妃西園寺瑛子(昭訓門院)。

正和2年(1313年),與皇太子尊治親王(後醍醐天皇)結婚。文保2年(1318年)2月、尊治親王即位,4月女御宣下,元應元年(1319年)8月冊立為中宮

元弘元年(1331年),元弘之變,後醍醐天皇被捕,元弘2年(正慶元年、1332年)3月天皇被流放隱岐,禧子在六波羅訣別。5月,北朝光嚴天皇女院号宣下称礼成門院,8月出家。

元弘3年(1333年)6月,後醍醐天皇回京,禧子的礼成門院稱号被廢,復位中宮,皇太后十月十二日(11月19日)駕崩。享年31歲。同日,追贈後京極院。禧子死後,後醍醐天皇以後伏見天皇第一皇女珣子内親王為中宮。

所生皇子女[编辑]