西大平藩

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
日語寫法
日語原文 西大平藩
假名 にしおおひらはん
平文式罗马字 Nishi-Ōhira-han
西大平藩陣屋跡(岡崎市大平町)

西大平藩(日语:西大平藩にしおおひらはん Nishi-Ōhira han */?)是日本江戶時代,藩領是三河國額田郡西大平(現在的愛知縣岡崎市大平町)。藩廳是西大平陣屋。石高1萬石。

概要[编辑]

大岡宗家當主大岡忠相深受第8代將軍德川吉宗的信任,作為江戶南町奉行執行享保改革寺社奉行時代的寛延元年(1748年),就任奏者番,因以上的功績加增4000石,成為西大平1萬石的大名。江戶時代,從江戶町奉行成為大名的僅有忠相一人。以後,由忠相的子孫繼承。

歷代藩主[编辑]

大岡家[编辑]

譜代 - 1萬石

氏名 院號 官位 在職期間 享年 出身家
1 大岡忠相
おおおか ただすけ
松雲院 從五位下
越前守
寛延元年 - 寶曆元年
1748年 - 1751年
75 忠吉流
2 大岡忠宜
おおおか ただよし
- 從五位下
越前守
寶曆2年 - 明和3年
1752年 - 1766年
58 大岡宗家
3 大岡忠恒
おおおか ただつね
- 從五位下
能登守
明和3年 - 天明4年
1766年 - 1784年
36 大岡宗家
4 大岡忠與
おおおか ただとも
- 從五位下
越前守
天明4年 - 天明6年
1784年 - 1786年
32 信濃小笠原家
5 大岡忠移
おおおか ただより
- 從五位下
越前守
天明6年 - 文政11年
1786年 - 1828年
54 大岡宗家
6 大岡忠愛
おおおか ただよし
- 從五位下
越前守
文政11年 - 安政4年
1828年 - 1857年
51 大岡宗家
7 大岡忠敬
おおおか ただたか
- 從五位下
越前守
安政4年 - 明治2年
1857年 - 1869年
60 大岡宗家

幕末領地[编辑]

明治維新後,追加高座郡2村(舊旗本領)。

参考文献[编辑]

脚注[编辑]


關連項目[编辑]