高坂正堯

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

高坂正堯(1934年5月8日-1996年),日本知名政治學者、國際關係學者,是現實主義的倡議者之一。他的門生人材濟濟,包括中西寬坂元一哉戶部良一田所昌幸佐古丞岩間陽子益田實中西輝政前原誠司和森聪(法政大学教授) 等。

經歷[编辑]

學歷[编辑]

研究經歷[编辑]

  • 1957年(昭和32年)4月 - 京都大学法学部助手
  • 1959年(昭和34年)9月 - 同助教授
  • 1960年(昭和35年)9月 - 1962年(昭和37年)9月 哈佛大學客員研究員
  • 1965年(昭和40年)10月 - 1966年(昭和41年)3月塔斯馬尼亞大學交換教授
  • 1971年(昭和46年)4月 - 京都大学法学部教授
  • 1973年(昭和48年)1月 - 国際戦略研究所客員研究員
  • 1978年(昭和53年)9月 - 同理事(兼任)
  • 1978年(昭和53年)10月 - 以論文『古典外交的成熟和崩壊』獲得第13回吉野作造賞受賞
  • 1986年(昭和61年)4月 - 財団法人平和・安全保障研究所理事長(兼任)
  • 1992年(平成4年)3月 - 辭去理事長一職

著作[编辑]

個人著作[编辑]

  • 『海洋国家日本の構想』(中央公論社, 1965年、増補版1969年/中公クラシックス, 2008年)
  • 『世界史を創る人びと――現代指導者論』(日本經濟新聞社, 1965年)
  • 『国際政治――恐怖と希望』(中央公論社[中公新書], 1966年)
  • 『世界地図の中で考える』(新潮社新潮選書〉, 1968年)
  • 『宰相吉田茂』(中央公論社[中公叢書], 1968年、新版1978年/中公クラシックス, 2006年)
  • 『大世界史(26) 一億の日本人』(文藝春秋, 1969年)
100 Million Japanese: the Postwar Experience, (Kodansha International, 1972).
  • 『政治的思考の復権』(文藝春秋, 1972年)
  • 『地球的視野で生きる――日本浮上論』(實業之日本社, 1975年)
  • 『古典外交の成熟と崩壊』(中央公論社, 1978年/中公クラシックス(I・II), 2012年)
  • 『豊かさの試練』(新潮社, 1979年)
  • 『文明が衰亡するとき』(新潮社〈新潮選書〉, 1981年)
  • 『近代文明への反逆――社会・宗教・政治学の教科書『格列佛遊記』的翻譯』(PHP研究所, 1983年、新版1998年)
  • 『陽はまた昇るか――挑戦するアメリカ』(TBSブリタニカ, 1985年)
  • 『外交感覚――同時代史的考察』(中央公論社, 1985年)
  • 『国際摩擦――大国日本の世渡り学』(東洋經濟新報社, 1987年/改題「大国日本の世渡り学」 PHP文庫, 1990年)
  • 『現代の国際政治』(講談社学術文庫, 1989年)
  • 『時代の終わりのとき――続・外交感覚』(中央公論社, 1990年)
  • 『日本存亡のとき』(講談社, 1992年)
  • 『平和と危機の構造――ポスト冷戦の国際政治』(日本放送出版協会[NHKライブラリー], 1995年)
  • 『長い始まりの時代――外交感覚・3』(中央公論社, 1995年)
  • 『不思議の日米関係史』(PHP研究所, 1996年)
  • 『高坂正堯外交評論集――日本の進路と歴史の教訓』(中央公論社, 1996年)
  • 『世界史の中から考える』(新潮社〈新潮選書〉, 1996年)
  • 『現代史の中で考える』(新潮社〈新潮選書〉, 1997年)

共著[编辑]

編著[编辑]

  • 『吉田茂――その背景と遺産』(TBSブリタニカ, 1982年)
  • Japan's Choices: New Globalism and Cultural Orientations in an Industrial State, (Pinter Publishers, 1989).
  • 『詳解・戦後日米関係年表――1945-1983』(PHP研究所, 1985年、増訂版1995年)
  • 『日米・戦後史のドラマ――エピソードで読む好敵手の深層』(PHP研究所, 1995年)

共編著[编辑]

  • 渡辺一)『政治を学ぶ人のために』(世界思想社, 1971年)
  • 桃井真)『多極化時代の戦略(上・下)』(日本国際問題研究所, 1973年)
  • 豬木正道)『日本の安全保障と防衛への緊急提言』(講談社, 1982年)
  • 公文俊平)『国際政治経済の基礎知識』(有斐閣, 1983年、増訂版1993年)
  • (リチャード・H・ソロモン)『核のジレンマとソ連の脅威――アジア・太平洋地域の安全保障』(人間の科学社, 1986年)
The Soviet Far East Military Buildup: Nuclear Dilemmas and Asian Security, co-edited with Richard H. Solomon, (Auburn House, 1986).
  • 施樂伯)『アジアで政治協力は可能か――経済摩擦と大国の競合の狭間で』(人間の科学社, 1986年)
Peace, Politics and Economics in Asia: the Challenge to Cooperate, co-edited with Robert A. Scalapino, (Pergamon-Brassey's International Defense Publishers, 1988).
  • 市村真一)『ゼミナール・現代日本の政治経済』(PHP研究所, 1988年)
  • 勝田有恒河上倫逸)『蟻塚教育体制への警鐘――大学から見た入試改革問題』(世界思想社, 1990年)
  • 佐古丞安部文司)『戦後日米関係年表』(PHP研究所, 1995年)
  • 吉田和男)『冷戦後の政治経済――座標軸なき時代の論点を読む』(PHP研究所, 1995年)

訳書[编辑]

  • アレグザンダー・ワース『フランス現代史(1・2)』(みすず書房、1958-59年)
  • ウォルト・ロストウ『政治と成長の諸段階(上・下)』(ダイヤモンド社, 1975年)

著作集[编辑]

  • 『高坂正堯著作集』(全8巻、都市出版, 1998-2000年)
    • 1巻「海洋国家日本の構想」(解説:北岡伸一
    • 2巻「日本存亡のとき」(解説:佐藤誠三郎
    • 3巻「豊かさの試練」(解説:山崎正和
    • 4巻「宰相吉田茂」(解説:野田宣雄
    • 5巻「文明が衰亡するとき」(解説:塩野七生
    • 6巻「古典外交の成熟と崩壊」(解説:中西輝政
    • 7巻「国際政治――恐怖と希望」(解説:中西寛
    • 8巻「一億の日本人」(解説:五百旗頭真