岩间伸之

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

岩間伸之日語岩間伸之,1965年7月16日-2017年3月2日[1]),日本社会福利学家、大阪市立大学日语大阪市立大学教授。

毕业于同志社大学日语同志社大学大学院文学研究科社会福祉学博士学位,后从事「西成後見の会」代表理事。

著書[编辑]

  • 岩間伸之(2000)『ソーシャルワークにおける媒介実践論研究』中央法規出版(単著)
  • 岩間伸之(2005)『援助を深める事例研究の方法-対人援助のためのケースカンファレンス-(第2版)』ミネルヴァ書房(単著)
  • 岩間伸之(2004)『ワークブック社会福祉援助技術演習4 グループワーク』ミネルヴァ書房(単著)
  • 黒木保博・横山穰・水野良也・岩間伸之(2001)『グループワークの専門技術-対人援助のための77の方法-』中央法規出版(共著)
  • 大塚達雄・井垣章二・沢田健次郎・山辺朗子(編)(1994)『ソーシャル・ケースワーク論-社会福祉実践の基礎-』ミネルヴァ書房(共同執筆)
  • L.C.ジョンソン・S.J.ヤンカ(著)山辺朗子・岩間伸之(共訳)(2004)『 ジェネラリスト・ソーシャルワーク』ミネルヴァ書房

参考[编辑]

  1. ^ 謹んでお知らせします。 日本社会福祉学会 2017年3月6日