深田久彌

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索

深田久彌(ふかだ きゅうや、1903年3月11日-1971年3月21日),日本小說家(随筆家)及登山家、石川縣大聖寺町(現在加賀市)出生。

生平[编辑]

  • 1959年(昭和34年) - *1963年(昭和38年)、山岳雑誌「山と高原」(朋文堂)連載50回、*1964年『日本百名山』出版。
  • 1965年(昭和39年) - 『日本百名山』、第16回讀賣文學獎(評論・伝記賞)受賞。
  • 1966年(昭和41年) - 旅行亞洲中部、之後創作紀行探検記。
  • 1968年(昭和43年) - 擔任日本山岳会副会長。
  • 1969年(昭和44年) - 山渓賞(山と渓谷社)受賞。
  • 1971年(昭和46年)3月21日 - 攀登茅岳(1,704m)時猝逝、遺作『中央アジア探検史』(白水社)[1]
  • 1974年(昭和49年)4月 - 加賀市大聖寺町江沼神社境内建立深田久弥文学碑。
  • 1975年(昭和50年) - 獲選加賀市名誉市民。
  • 1981年(昭和56年)4月21日 - 韮崎市観光協会於茅岳登山口開設深田久弥記念公園[2]
  • 1982年開始,毎年4月第3星期日舉行「深田祭」[3]

參考[编辑]

  1. ^ 深田久弥について 互联网档案馆存檔,存档日期2012-05-10. 深田久弥の文化館、2011年2月7日閲覧。
  2. ^ 茅ヶ岳・深田久弥終焉の地 互联网档案馆存檔,存档日期2014-04-26. 北杜市観光協会、2011年2月8日。
  3. ^ 第29回深田祭 韮崎市観光協会、2011年2月8日閲覧。

外部連結[编辑]