赤江瀑

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
赤江瀑
出生 長谷川敬
(1933-04-22)1933年4月22日
日本山口縣下關市
逝世 2012年6月8日(2012-06-08)(79歲)
日本
職業 小説家
語言 日本語
國籍  日本
教育程度 日本大学藝術学部
創作時期 1972年 -
體裁 幻想小說推理小說
獎項 小說現代新人獎(1970年)
角川小說獎(1974年)
泉鏡花文学獎(1983年)
日語寫法
日語原文 赤江 瀑
假名 あかえ ばく
平文式罗马字 Akae Baku

赤江瀑(あかえ ばく,1933年4月22日 - 2012年6月8日[1]),本名為長谷川 敬〈はせがわ たかし〉,日本小說家,出生於山口縣下關市

経歴[编辑]

1933年,赤江瀑出生於山口縣下關市,雙親是老師。第二次世界大戰時期曾疏散至豐浦郡豐東村。

  • 1952年,赤江瀑進入日本大学藝術学部演劇科就讀,曾參加同人誌「詩世紀」。之後對「個人的芸術作業」[2]興趣增加,在1955年退學。

1972年,赤江瀑獲得山口縣藝術文化振興獎勵賞

1973年,赤江瀑以『罪喰い』入圍直木賞

1974年,赤江瀑以『伊底帕斯王之刃』獲得角川小説獎

1975年,赤江瀑以『金環食の影飾り』入圍直木賞。

1983年,赤江瀑以『海峡』『八雲が殺した』獲得泉鏡花文学獎[3]

2012年6月8日、赤江瀑因心不全去世[1]

作品[编辑]

  • 1971年 獣林寺妖変
  • 1974年 ニジンスキーの手、伊底帕斯王之刃
  • 1975年 美神たちの黄泉、ポセイドン変幻、金環食の影飾り
  • 1976年 鬼恋童、熱帯雨林の客、正倉院の矢
  • 1977年 蝶の骨、青帝の鉾、上空の城、野ざらし百鬼行、マルゴォの杯
  • 1978年 春喪祭、アポロン達の午餐、殺し蜜狂い蜜、アニマルの謝肉祭
  • 1979年 絃歌恐れ野、芙蓉の睡り、禽獣の門
  • 1980年 原生花の森の司、海贄考、アンダルシア幻花祭
  • 1981年 妖精たちの回廊、舞え舞え断崖、巨門星 天の部
  • 1982年 鬼会、風葬歌の調べ
  • 1983年 海峡 この水の無明の真秀ろば、春泥歌社
  • 1984年 八雲が殺した、十二宮の夜
  • 1986年 遠臣たちの翼、花酔い
  • 1987年 荊冠の耀き、オルフェの水鏡 赤江瀑エッセイ鈔
  • 1989年 舞え舞え断崖、ガラ鬼会
  • 1990年 アルマンの奴隷、香草の船
  • 1991年 光堂
  • 1992年 京都小説集 其の壱 風幻、京都小説集 其の弐 夢跡
  • 1993年 月迷宮
  • 1994年 ポセイドン変幻
  • 1995年 山陰山陽小説集 飛花
  • 1996年 戯場国の森の眺め
  • 1997年 霧ホテル、弄月記
  • 2000年 星踊る綺羅の鳴く川
  • 2001年 虚空のランチ
  • 2003年 日ぐらし御霊門

參見條目[编辑]

参考文献[编辑]

參考資料[编辑]

  1. ^ 1.0 1.1 作家の赤江瀑さんが死去 「オイディプスの刃」など 共同通信 2012年6月18日閲覧
  2. ^ 「蜃気楼の国への道」(文藝春秋社編『無名時代の私』文藝春秋 1995年)
  3. ^ 直木獎 (日文)

外部連結[编辑]