高橋伸夫 (政治學家)

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

高橋伸夫(1960年)是一名日本政治學家,専門研究現代中國政治史。出身於北海道出身,目前擔任慶應義塾大学法學部教授。

簡歴[编辑]

  • 1982年 筑波大學第二学群比較文化学類畢業
  • 1984年 同大学院地域研究研究科修士課程修了
  • 1987年 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学
  • 1994年 博士号(法学)慶應義塾大学取得
  • 1995年 京都外国語大学外国語学部専任講師
  • 1996年 慶應義塾大学法学部専任講師
  • 1998年 同助教授
  • 2005年 同教授

著書[编辑]

單著[编辑]

  • 『中国革命と国際環境――中国共産党の国際情勢認識とソ連、1937年~1960年』(慶應義塾大学出版会, 1996年)
  • 『党と農民――中国農民革命の再検討』(研文出版, 2006年)

共著[编辑]

共編著[编辑]

  • 竹中千春山本信人)『現代アジア研究(2)市民社会』(慶應義塾大学出版会, 2008年)

譯書[编辑]

  • 毛毛『わが父、鄧小平――「文革」歳月(上下)』(中央公論新社, 共訳, 2002年)

論文[编辑]

  • 「中国共産党の国際情勢認識とコミンテルン――1937年~1941年」『アジア研究』34巻4号(1987年)
  • 「冷戦と中国共産党――陣営の論理と民族主義、1946年~1949年」『法学政治学論究』1号(1989年)
  • 「中国共産党と中間地帯論――1950年代を中心に」『国際政治』95号(1990年)
  • 「中国共産党とアジアの中立主義 1949年~1955年」『京都外国語大学論叢』37号(1991年)
  • 「武装闘争路線から平和共存路線へ――中国共産党の国際情勢認識、1949年~1955年」『法学研究』64巻8号(1992年)
  • 「百花斉放・百家争鳴と反冒進――1956年の中国政治に関するノート」『PROBLEMATA MUNDI』2号(1993年)
  • 「中国と社会主義陣営――1960年代を中心に」『国際政治』107号(1994年)
  • 「毛沢東と官僚主義」『現代中国』67号(1994年)
  • 「中国と『社会主義市場経済』の概念」『PROBLEMATA MUNDI』4号(1995年)
  • 「中国共産党の組織的側面――1921年~1927年」『PROBLEMATA MUNDI』5号(1996年)
  • 「中国共産党の組織と中国社会――河南省、1927年~1930年」『法学研究』70巻5号(1997年)
  • "Making a Bolshevik Party: Zhou Enlai and the Party Organization, 1927-1930", 『教養論叢(慶應義塾大学)』108号(1998年)
  • 「中国共産党組織の内部構造――湖北省、1927年~1930年」『法学研究』71巻5号(1998年)
  • 「根拠地における党と農民――鄂豫皖根拠地、1930年~1934年(1・2)」『法学研究』73巻3-4号(2000年)
  • 「中国共産党と農民革命――研究状況と課題」『法学研究』75巻1号(2002年)
  • 「党、紅軍、農民――閩西根拠地、1929年~1934年(1・2)」『法学研究』77巻10-11号(2004年)
  • 「四つの可能な中国共産党史――党史研究上の諸戦略」『法学研究』78巻11号(2005年)
  • 「党、農村革命、両性関係――中国革命と伝統社会の変容に関する一考察」『現代中国研究』23号(2008年)