和辻哲郎

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
Tetsuro Watsuji 01.jpg
日語寫法
日語原文 和辻哲郎
假名 わつじ てつろう
平文式罗马字 Watsuji Tetsurō

和辻哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日-1960年12月26日)是日本哲學家、倫理學家、文化史家、日本思想史家,以『古寺巡禮』『風土』等著作知名。其倫理學體系被稱作和辻倫理學

經歷[编辑]

著作一覽[编辑]

  • 『古寺巡禮』 岩波書店 1919
  • 『日本古代文化』 岩波書店、1920
  • 日本精神史研究』 岩波書店、1926
  • 『原始基督教の文化史的意義』 岩波書店、1926
  • 『原始仏教の実践哲學』 岩波書店、1927
  • 『続 日本精神史研究』 岩波書店、1935
  • 『風土 人間學的考察』 岩波書店、1935
  • 『康德 実践理性批判』 「大思想文庫18」岩波書店、1935
  • 倫理學』 岩波書店(上中下)、1937-49
  • 『鎖國 日本の悲劇』 筑摩書房、1950
  • 『日本倫理思想史』 岩波書店(上下)、1952
  • 桂離宮 製作過程の考察』 中央公論社、1955
  • 『仏教倫理思想史』 岩波書店「全集 第19巻」、1963

關連項目[编辑]

外部連結[编辑]