小林永濯

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
天瓊を以て滄海を探るの図(以天瓊矛探滄海圖)波士頓美術館收藏的肉筆畫,1880年繪

小林永濯日語こばやしえいたく天保14年三月廿三(1843年4月22日) - 明治23年(1890年)5月27日)江戸時代末至明治時代初的浮世繪畫師、膠彩畫家。

經歷[编辑]

狩野永悳的弟子。名徳直又名徳宣,俗称秀次郎,號“鮮斎永濯”,又號永躍、永瑞、霞堂、永洲、夢魚、梅花堂。日本橋魚市場新場的魚批發商三浦屋吉三郎之子。據說生來因體弱多病而有不觸碰魚的潔癖,只喜歡畫筆。安政2年(1855年)他13歳時,師從中橋狩野家的狩野永悳學習狩野派繪畫,認名徳宣,得號永濯又號永瑞。

參考文獻[编辑]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年、278頁(近代デジタルライブラリー)
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』第2巻 大修館書店、1982年
  • 吉田漱  『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 日本美術院百年史編集室編 『日本美術院百年史 第一巻 上』 日本美術院、1989年
  • 松浦あき子 「小林永濯の人と作品」『MUSEUM 東京国立博物館美術誌』534号、1995年
  • 悳俊彦 美術誌『Bien(美庵)』Vol.34(藝術出版社、2005年) 特集「忘れられた明治の画家を再評価せよ!!」(柴田是真・小林永濯・渡辺省亭・尾形月耕・山本昇雲) ISBN 4-434-06595-5
  • 小林忠監修 『浮世絵師列伝』 平凡社<別冊太陽>、2006年1月 ISBN 978-4-5829-4493-8
  • 国際浮世絵学会編 『浮世絵大事典』 東京堂出版、2008年6月、ISBN 978-4-4901-0720-3
  • 堀川浩之 「仙台の浮世絵師・熊耳耕年の“月岡芳年塾入門記”」 国際浮世絵学会 『浮世絵芸術』 171号所収、2016年1月
  • 図録「国芳イズムー歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」(練馬区立美術館)、2016年2月25日