新田氏

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索


新田氏
Japanese Crest Nitta hitotu Hiki.svg
大中黑·新田一引两[1][2]
本姓 清和源氏河内源氏義国
家祖 新田義重
出身地 上野国新田郡新田荘
代表人物 新田義貞
脇屋義助
支系 山名氏[3]武家華族
里見氏(武家)
世良田氏(武家)
岩松氏(武家 → 華族) 大馆氏(武家)
堀口氏(武家)
脇屋氏(武家)
岩松氏(武家)
堀江氏(武家)等
日語寫法
日語原文 新田氏
假名 にったし
平文式罗马字 Nitta-shi

新田氏,是日本平安时代末期发源于上野国(今群马县)的豪族(军事贵族)。新田氏始祖是清和源氏支流河内源氏栋梁、鎮守府将軍源義家三子源義国的长子新田義重,故新田氏家系为所谓“上野源氏”[4]。新田氏与義國流足利氏(源姓足利)是同族。後來藤原忠雅到上野国開創新田庄。

概要[编辑]

祖先是源義國,當時義國是下野國足利莊為根據地。義國次男義康創立了足利氏。義國長子義重在渡良賴川對岸開發淺間山的一塊荒地作為根據地。在鎌倉時代最為活躍。

新田氏第八代義貞,消滅了鎌倉幕府後。成為南朝方,與楠木正成湊川之戰足利尊氏大敗,後來在越前國金崎城被斯波高經打敗而戰死。其後由新田義宗繼承,但被上杉憲顯打敗,新田氏宗家遭滅亡。

其後岩松氏堀江氏自稱新田氏的後代。

参考文献[编辑]

  1. ^ 高澤等著『家紋の事典』東京堂出版 2008年
  2. ^ 新人物往来社編『索引で自由に探せる 家紋大図鑑』新人物往来社 1999年
  3. ^ 『尊卑分脈』足利氏の項では山名氏の祖義範矢田義清の長男と記述され、足利一門として扱われている。
  4. ^ 新田氏を上野源氏とする。