竹內治虫

维基百科,自由的百科全书
跳到导航 跳到搜索
日語寫法
日語原文 竹內 オサム
假名 たけうち おさむ
平文式罗马字 Takeuchi Osamu

竹內治虫(1951年),本名竹内長武,是日本的漫畫研究者、漫畫家、同志社大學社會學院媒體學系教授。

經歷[编辑]

竹內治虫為大阪府出身,大阪教育大學碩士。曾為大阪國際女子大學教授、同志社大學文學系教授。他的專業領域為兒童文化與日本漫畫史,曾獲得日本兒童文學學會獎勵賞,並為日本漫畫、動畫、兒童文化研究的同人誌《蠅子草》主筆。[1]

大學時目標為漫畫家而進行投稿活動,最後兩度成為集英社主導的手塚賞的候補。在畢業論文《「原子小金剛」中小金剛頭像的變遷》撰寫的期間,有從手塚治虫那取材,並借用手塚治虫的名字而命名為治‧武(おさ・たけし)來發表漫畫作品。[2]

評論[编辑]

  • マンガと児童文学の<あいだ> 大日本図書 1989.11
  • 手塚治虫論 平凡社 1992.2
  • 戦後マンガ50年史 筑摩書房 1995.3 (ちくまライブラリー)
  • 子どもマンガの巨人たち 楽天から手塚まで 三一書房 1995.9
  • 児童文化と子ども学 久山社 1997.9 (日本児童文化史叢書)
  • 漫画・まんが・マンガ 青弓社 1998.3 (PCCブックス)
  • 絵本の表現 久山社 2002.1 (日本児童文化史叢書)
  • マンガ表現学入門 筑摩書房 2005.6
  • 手塚治虫 アーチストになるな ミネルヴァ書房 2008.9 (ミネルヴァ日本評伝選)
  • 本流!マンガ学 マンガ研究ハンドブック 晃洋書房 2009.4

合編[编辑]

  • マンガ批評大系 全4巻 村上知彦共編 平凡社 1989
  • アニメへの変容 原作とアニメとの微妙な関係 小山昌宏共編 現代書館 2006.4
  • マンガ学入門 夏目房之介共編 ミネルヴァ書房 2009.4


參考連結[编辑]

  1. ^ 該蠅子草屬撫子科,為日本特有種。以此命名有稀有、特別、獨具創見之意。
  2. ^ 「わが交遊 竹内オサムの巻2」『読書人』2000年2月11日

外部連結[编辑]