菊池幽芳

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索
菊池 幽芳
日文假名 きくち ゆうほう
出生

菊池 清 きくち きよし
1870年12月18日
明治3年10月27日
 日本 常陸国水戸藩長者町

茨城県水戸市
逝世

1870年12月18日(1870-12-18)(-77歲)
 日本 兵庫県武庫郡本山村

神戸市東灘区
墓地 光台寺(茨城県水戸市)
職業 小説家新聞記者実業家
國籍  日本
創作時期 1891年 - 1947年
體裁 家庭小説
代表作 己が罪
乳姉妹

菊池幽芳 (きくちゆうほう、明治三年 10月27日 (1870年 12月18)- 1947年 7月21日 [1])日本小说家 。本名是 菊池清(きくちきよし) .大坂每日新闻董事长 .

人物生平[编辑]

生于常陆国水户长者町(现在的茨城县水户市)。弟弟是英国语言文学方面的研究者戸沢正保

在1888(明治21年)、毕业于茨城县寻常中学(现在的茨城县立水门第一次高学校)[2]。完成学业后在茨城县北相马郡的取手高等小学任教。

1891年,21岁的他从任教的小学辞职,进入大阪每日新闻社工作。童年,同年,和宇田川文海、丸岡九華等人创立了大阪文艺会,并创办文艺杂志《大阪文艺》。1892年(明治25年),在该杂志上初次发表了小说《鴬宿梅》。

1897年(明治30年),就任大阪新闻社文艺部主任。在他工作的《大阪每日新闻》上,于1899年至1900年连载了小说《己が罪》,从此出名。1903年(明治36年),又连载了《乳姉妹》。他是第一个创立了“家庭小说”这一题材的人。

此外,他历任报社的社会部长、学艺部长和副主任。于1924年(大正13年)就任报社董事长。1926年辞职,就任报社顾问。

1947年(昭和22年)7月21日,因脑溢血在位于兵库县武库郡本山村(现在的兵库县神户市东滩区)的家中去世。生年76岁。

著作目录[编辑]

国会图书馆 藏书 [3].

  • 『明治富豪譚』、大阪毎日新聞社、1892年9月
  • 『春日野若子』、駸々堂、1893年7月
  • 『無言の誓』、駸々堂、1894年6月
  • 『大探険』、手記亜蘭、駸々堂、1897年2月
  • 『新聞売子』、駸々堂、1900年9月
  • 『己が罪』、春陽堂、1900年 - 1901年
  • 『澪標』、駸々堂、1901年2月
  • 『白百合』、駸々堂、1901年 - 1902年
  • 『若き妻』、春陽堂、1902年
  • 『日本海周遊記』、春陽堂、1903年7月
  • 『二人女王』、ハツガード(ヘンリー・ライダー・ハガード)、春陽堂、1903年5月
  • 『乳姉妹』、春陽堂、1904年1月
  • 『二人娘』、駸々堂、1904年1月
  • 『夏子』、春陽堂、1905年 - 1906年
  • 『売花娘』、隆文館、1906年2月
  • 『妙な男』、金尾文淵堂、1905年 - 1906年
  • 『筆子』、隆文館、1906年 - 1907年
  • 『月魄』、金尾文淵堂、1908年
  • 『琉球と為朝』、文録堂、1908年5月
  • 『家なき児』、エクトル・マロー(エクトール・アンリ・マロ)、春陽堂、1912年
  • 『百合子』、金尾文淵堂、1913年
  • 『春日野若子』、大正文庫第16編、駸々堂書店、1913年
  • 『秘中の秘』前・後編、金尾文淵堂、1913年
  • 『二人娘』、大正文庫第19編、駸々堂書店、1914年
  • 『無言の誓』、大正文庫第20編、駸々堂、1914年
  • 『誘惑』、春陽堂、1914年
  • 『百合子画集』、共著鏑木清方、金尾文淵堂、1914年
  • 『小ゆき』前・中・後・続編、金尾文淵堂、1915年
  • 『幽芳集』、大正名著文庫第18編、至誠堂書店、1915年
  • 『お夏文代』中・後編、春陽堂、1916年 - 1917年
  • 『毒草 - お品の巻・疑獄の巻・お仙の巻』、至誠堂書店、1916年 - 1917年
  • 『朝鮮金剛山探勝記』、洛陽堂、1918年
  • 『女の生命』前・後編、玄文社、1919年
  • 『須磨子』、東京社、1919年
  • 『己が罪』、春陽堂、1920年
  • 『白蓮紅蓮』上・下、大阪毎日新聞社、1922年
  • 『彼女の運命』、大阪毎日新聞社、1923年
  • 『幽芳全集』第1巻 - 第15巻、国民図書、1924年 - 1925年
  • 『小夜子』前・後編、大阪毎日新聞社、1926年
  • 『妖美人物語』、大日本雄弁会講談社、1928年
  • 『世界大衆文学全集』第2巻、改造社、1928年
  • 『現代長篇小説全集』第5巻、新潮社、1929年
  • 『現代日本文學全集』第54篇、改造社、1931年9月
  • 『明治大正文学全集』第18・27・36・45-46・54・56・59巻、1927年 - 1932年
  • 『菊池幽芳全集』第1-4巻、改造社、1933年
  • 『大悲劇名作全集』第3巻、中央公論社、1934年
  • 『古稀記念幽芳歌集』、創元社、1939年
  • 『秘中の秘』6版、大洋社出版部、1939年
  • 『月魄』、大洋社出版部、1939年
  • 『家なき児』、マロー(エクトール・アンリ・マロ)、改造社、1939年
  • 『幽芳歌集』、創元社、1939年6月
  • 『己が罪』、名作小説文庫 2、昌平社、1948年

根据其原著改编的电影[编辑]

以下列表是根据其原著改编的电影目录。除了特殊标明的作品,全部都是原作。

  • 『己が罪』 : 撮影千葉吉蔵、主演中野信近、吉沢商店、1908年
  • 『己が罪 続編』 : 撮影千葉吉蔵、主演中野信近、吉沢商店、1908年
  • 『己が罪 続』 : 撮影千葉吉蔵、主演中野信近、吉沢商店、1909年
  • 『乳姉妹』 : 撮影千葉吉蔵、主演中野信近、吉沢商店、1909年
  • 『乳姉妹』 : 監督不明、M・パテー商会、1910年
  • 『己が罪』 : 主演木下吉之助、吉沢商店、1910年
  • 『月魄』 : 監督不明、福宝堂、1912年
  • 『己が罪』 : 監督不明、吉沢商店、1912年
  • 『月魄』 : 監督不明、横田商会、1912年
  • 『乳姉妹』 : 監督不明、吉沢商店、1912年
  • 『己が罪』 : 監督不明、小松商会、1913年
  • 『百合子』 : 主演久保田清、敷島商会、1913年
  • 『悲劇百合子』 : 主演五味国太郎、日活向島撮影所、1913年
  • 『己が罪』 : 監督不明、M・カシー商会、1915年
  • 『己が罪』 : 主演木下八百子・中野信近、天活、1916年
  • 『お夏文代』 : 主演土方勝三郎・立花貞二郎、日活向島撮影所、1916年
  • 『毒草』 : 監督・主演井上正夫、小林商会、1917年
  • 『毒草』 : 監督川口吉太郎、主演村田正雄、天活大阪、1917年
  • 『毒草』 : 監督小口忠、主演立花貞二郎、日活向島撮影所、1917年
  • 『己が罪』 : 主演大村正雄・立花貞二郎、日活向島撮影所、1917年
  • 『乳姉妹』 : 監督田中栄三、主演藤川三之助・五月操、日活向島撮影所、1918年
  • 『女の生命』 : 監督田中栄三、日活向島撮影所、1919年 - 脚本
  • 『新聞売子』 : 監督小口忠、主演山本嘉一・衣笠貞之助、日活向島撮影所、1919年
  • 『己が罪』 : 監督田中栄三、主演藤野秀夫・東猛夫、日活向島撮影所、1919年
  • 『須磨子』 : 監督不明、国活、1921年
  • 『己ヶ罪』 : 監督賀古残夢、主演岡本五郎、松竹蒲田撮影所、1921年
  • 『己が罪』 : 主演三浦清、小松商会、1921年
  • 『己が罪』 : 主演大井新太郎、帝国キネマ演芸、1921年
  • 『乳姉妹』 : 監督田中栄三、主演中山歌子・新井淳、日活向島撮影所、1922年
  • 『乳姉妹』 : 監督池田義臣、主演栗島すみ子・関根達発、松竹蒲田撮影所、1922年
  • 『白蓮赤蓮』 : 監督賀古残夢、主演諸口十九・川田芳子、松竹蒲田撮影所、1922年
  • 『月魄』 : 監督賀古残夢、主演武田春郎・川田芳子、松竹蒲田撮影所、1922年
  • 『己が罪』 : 監督大洞元吾、主演三保松子・横山運平、日活向島撮影所、1923年
  • 『幽芳集 月魄』 : 監督池田義信、主演諸口十九・川田芳子、松竹下加茂撮影所、1923年
  • 『幽芳集 己が罪』 : 監督野村芳亭、主演諸口十九・岩田祐吉、松竹下加茂撮影所、1923年
  • 『幽芳集 乳姉妹』 : 監督野村芳亭、主演岩田祐吉・五月信子、松竹下加茂撮影所、1923年
  • 『妻の秘密』 : 監督衣笠貞之助、主演島田嘉七・鳥羽恵美子、マキノ映画製作所等持院撮影所、1924年
  • 『彼女の運命』前篇 : 監督衣笠貞之助、主演島田嘉七・環歌子、マキノ映画製作所等持院撮影所、1924年
  • 『彼女の運命』 : 監督鈴木謙作、主演葛木香一・酒井米子、日活京都撮影所第二部、1924年
  • 『彼女の運命』前後篇 : 監督野村芳亭・池田義信、松竹下加茂撮影所、1924年
  • 『彼女の運命』後篇 : 監督衣笠貞之助、主演藤川三之助、マキノ映画製作所等持院撮影所、1924年
  • 『彼女の運命』 : 監督若山治、帝国キネマ演芸芦屋撮影所、1924年
  • 『己が罪』 : 監督松本英一、帝国キネマ演芸芦屋撮影所、1924年
  • 『小夜子』 : 監督池田義信、松竹蒲田撮影所、1926年
  • 『新説己が罪』 : 監督溝口健二、日活大将軍撮影所、1926年
  • 『乳姉妹』 : 監督松本英一、帝国キネマ演芸芦屋撮影所、1927年
  • 『乳姉妹』 : 監督阪田重則、マキノ・プロダクション御室撮影所、1929年
  • 『新編・己が罪作兵衛』 : 監督佐々木恒次郎、松竹蒲田撮影所、1930年
  • 『毒草』 : 監督曽根純三、新興キネマ、1931年
  • 『乳姉妹』 : 監督野村芳亭、松竹蒲田撮影所、1932年
  • 『月魄』 : 監督渡辺新太郎、新興キネマ、1932年
  • 『彼女の運命』 : 監督高見貞衛、新興キネマ、1932年
  • 『己が罪 環』 : 監督畑本秋一、主演山路ふみ子、日活太秦撮影所、1933年
  • 『己が罪』 : 監督西鉄平、新興キネマ東京撮影所、1936年
  • 『乳姉妹』 : 監督吉村操、大都映画、1936年
  • 『毒草』 : 監督吉村操、大都映画、1937年
  • 『月魄』 : 監督吉村操、大都映画、1938年
  • 『母の罪』 : 監督伊賀山正徳、東映東京撮影所、1952年
  • 『新己が罪』 : 監督毛利正樹、新東宝、1956年

脚注[编辑]

  1. ^ 菊池幽芳、『講談社 日本人名大辞典』、講談社 / 『百科事典マイペディア』、日立システムアンドサービスコトバンク、2009年11月25日閲覧。
  2. ^ 菊池幽芳 互联网档案馆存檔,存档日期2005-01-23.、兵庫文学館、2009年11月26日閲覧。
  3. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年11月25日閲覧。

外链[编辑]