高橋哲哉

維基百科,自由的百科全書
跳至導覽 跳至搜尋

高橋 哲哉(1956年3月28日)是一名日本哲學家,東京大學大學院綜合文化研究科・教養學部教授。

出生於福島県,畢業於福島県立福島高等學校日語福島県立福島高等学校1978年,畢業於東京大學教養學部教養學科。1983年,在東京大學大學獲得博士學位。1983年,任教於南山大學1986年,擔任東京大學教養學部専任講師。1987年,擔任総合文化研究科助教授。2003年,升任教授。

著作[編輯]

単著[編輯]

  • 『逆光のロゴス――現代哲學のコンテクスト』、未來社、1992年。
  • 『記憶のエチカ――戦爭・哲學・アウシュビッツ』、岩波書店、1995年、2012年改版。
  • 『アウシュヴィッツと私たち――死者の希望を消さないために』、グリーンピース出版會、1996年。
  • 『デリダ――脫構築』、講談社、1998年、2003年改版。
  • 『戦後責任論』、講談社、1999年、のち講談社學術文庫、2005年。
  • 『歴史/修正主義』、岩波書店、2001年。
  • 『「心」と戦爭』、晶文社、2003年。
  • 『証言のポリティクス』、未來社、2004年。
  • 『「物語」の廃墟から――高橋哲哉対話・時評集:1995-2004』、影書房、2004年。
  • 『反・哲學入門』、白澤社、2004年。
  • 『教育と國家』、講談社現代新書、2004年。
  • 『靖國問題』、ちくま新書、2005年。
[仏訳] Tetsuya Takahashi, Morts pour l』empereur : La question du Yasukuni, traduit par Arnaud Nanta, Paris, Les Belles Lettres, 2012.
  • 『國家と犠牲』、NHKブックス、2005年。
  • 『この國で〈精神の自由〉を求めて――哲學は抵抗たりうるか?』、NPO前夜、2006年。
  • 『狀況への発言――靖國そして教育』、青土社、2007年。
  • 『犠牲のシステム――福島・沖縄』、集英社新書、2012年。
  • 『原発の「犠牲」を誰が決めるのか』、わが子からはじまるクレヨンハウス・ブックレット、2012年。
  • 『デリダ――脫構築と正義』、講談社、2015年。
  • 『沖縄の米軍基地――「県外移設」を考える』、集英社新書、2015年。

外部連結[編輯]