樱花 (民谣)

维基百科,自由的百科全书
跳转至: 导航搜索

樱花》(日语さくらさくら)是一首描写春天美景的日本传统民谣,创作於江户时代幕末,是为儿童学习日本筝而作。春天是樱花盛开的季节。


播放此檔案時有問題?請參見媒體幫助

歌词[编辑]

標準[编辑]

桜 桜
野山も里も
見渡す限り
霞か雲か
朝日に匂ふ
桜 桜
花ざかり
桜 桜
弥生の空は
見渡す限り
霞か雲か
匂いぞ いずる
いざや いざや
見に行かん

假名[编辑]

さくら さくら
のやま も さと も
みわたす かぎり
かすみ か くも か
あさひ に におふ
さくら さくら
はな ざかり
さくら さくら
やよい の そら は
みわたす かぎり
かすみ か くも か
におい ぞ いずる
いざや いざや
みに ゆかん

中譯[编辑]

櫻花呀 櫻花呀
深山與鄉里間
就我所能看到的範圍內
那是霞,還是雲?
朝日下瀰漫香氣
櫻花呀 櫻花呀
正盛開著
櫻花呀 櫻花呀
春日的天空下
就我所能看到的範圍內
那是霞,還是雲?
空氣中瀰漫香氣
走吧 走吧
去看看她

外部连接[编辑]